tDSC5243-768x512
2019.06.19

梅雨や暑い夏を乗り切るなら。 2019年夏、定番店から注目の一皿まで!必食のスパイスカレー3選

空前のスパイスカレーブームですが、ジメジメとした梅雨の季節や暑い夏こそ、スパイスの力で乗り切るべし!定番店から注目の一皿まで、スパイスカレー好き必食の一皿をご紹介します。

1.〈カレー★スーパースター〉/自由が丘

店主の渡邉英之さん。シンプルでゆとりある店内で大好きなカレー作りに没頭。
店主の渡邉英之さん。シンプルでゆとりある店内で大好きなカレー作りに没頭。

海外の飲食店に12年ほど勤めていた店主の渡邉英之さん。サンフランシスコの日本食レストラン勤務時、世界から集まる良質のスパイスで独自のカレー作りをスタート。「自分で作るうちにハマって。それからは、ずっと作り続けてました」と話す。8年かけて完成させた理想の味を引っさげて、自由が丘に凱旋帰国!

カレーに重要なのは具材よりもスパイスとの考えから、スパイスを邪魔しないメニューを考案。種類ごとに挽き方や火の入れ方を調整している。
カレーに重要なのは具材よりもスパイスとの考えから、スパイスを邪魔しないメニューを考案。種類ごとに挽き方や火の入れ方を調整している。

小麦粉は使わず、とろみは野菜やフルーツで。1人前で1個入る玉ねぎは、キーマなら3時間、チキンなら2時間、炒め続ける。手間暇かけた油少なめのカレーは、スパイスの効能とあいまって“もたれないカレー”に。女性客が多いのも納得。

「ダブルのせカレー」(1,400円)
「ダブルのせカレー」(1,400円)

白いライスを真ん中に、左にチキン、右にキーマを配した「ダブルのせカレー」は、コリアンダーやレッドペッパーといったスパイス18種類をブレンド。口にすると食道がほてり、次第に汗ばんでくるほど刺激的だが次第にやみつきに。ぺろりと平らげられてしまう。

(Hanako1120号掲載/photo : Yoichi Nagano text : Junya Hirokawa)

2.〈檸檬〉/鎌倉

_DSC5229

〈RENDEZ-VOUS DES AMIS〉のお昼に現れるのが〈檸檬〉というカレー専門店。

「スパイスチキンカレー」、「しらすと花山椒のカレー」2種のあいがけ(1,200円)
「スパイスチキンカレー」、「しらすと花山椒のカレー」2種のあいがけ(1,200円)

料理家・副島モウさんが手掛けたカレーは、15種のスパイスやハーブを使ったヘルシーな品。豆類やアチャールなど具も沢山。

レモンコンフィを漬け込んだ「モロッコ風ヤリイカのサラダ」(700円)
レモンコンフィを漬け込んだ「モロッコ風ヤリイカのサラダ」(700円)
インドのスパイス、メティを使った「ポルケッタ」(800円)ほか
インドのスパイス、メティを使った「ポルケッタ」(800円)ほか

(Hanako1172号掲載/photo : Michi Murakami text : Kimiko Yamada)

3.〈curry草枕〉/新宿御苑

170413_151821atari-768x512
(880円)(税込)
(880円)(税込)

1杯のカレーにタマネギを丸々1個すりおろし、とろみを出したルゥがベース。クローブやカルダモンなど10種前後のスパイスは注文を受けてから加え、香りが広がるよう工夫している。店主・馬屋原亨史(うまやはらりょうじ)さんが北海道大学時代に食べ歩いて見つけた理想のカレーだ。

〈curry草枕〉
■東京都新宿区新宿2-4-9 中江ビル2F
■03-5379-0790
■11:30~15:00、18:00~21:00 無休

(Hanako1133号掲載/photo : Hiro Nagoya text : Kahoko Nishimura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る