DSC03133
2019.05.28

思わず立ち寄りたくなる。 各駅停車でパン巡りの旅へ!大井町線沿いの素材にこだわるパン屋さん3軒

二子玉川、自由が丘などおしゃれな街を繋ぐ大井町線。今回は大井町線沿いでこだわりの素材を使ったパン屋さんをご紹介します。

1.〈baguette rabbit〉自由が丘店名古屋の人気店が東京初上陸。自由が丘に早くも行列が!/自由が丘

H5A5050-768x512

パンの香りでいっぱいの店内。種類豊富で目移り必至。

「自由が丘ワンローフ」420円
「自由が丘ワンローフ」420円

天然酵母を使用した自由が丘限定商品。ふすまの香ばしさとはちみつの甘さが絶妙。

「ブール」420円
「ブール」420円

ぽわんぽわん弾み、ちゅるーんと溶ける衝撃。たっぷり水を入れる職人技が冴える。

「キャラメルバナナ」290円
「キャラメルバナナ」290円

焼き込んだばりばりデニッシュから香る麦と、キャラメルバナナのたまらない相性。

H5A5022-768x512

(Hanako1167号掲載/photo : Naoki Matsuda, Ryoma Yagi, Chihiro Ohshima, Hideto Ukita text : Hiroaki Ikeda edit : Yoshie Chokki)

2.ブルターニュ地方で主流のそば粉を使ったパンが数多く並ぶ。〈VENT DE LUDO 尾山台店〉/尾山台

VENT DE LUDO 尾山台店

フランス国家最優秀職人章を受章したリュドヴィック・リシャール氏監修の日本1号店。ブルターニュブルーを基調とした店舗では、そば粉のクロワッサン(190円 / 写真右)、りんごのそば粉パン(380円)など、ブルターニュ地方で主流のそば粉を使ったパンが数多く並ぶ。

DSC03160-768x512

リシャール氏が来日した際は、一緒に商品を開発することも。

〈VENT DE LUDO 尾山台店〉
■東京都世田谷区等々力2-19-15
■03-6809-7405
■10:00~20:00 不定休
■12席/禁煙

(Hanakoシティガイド『気になる、自由が丘。』掲載/photo : Mina Soma, Junsuke Obi text : Satoko Kanai)

3.飽きのこない優しい味が魅力。〈La pagnotta〉/上野毛

160909_111046-768x513

この町に住んでもう10年近く経つので、オススメ のお店といったら、家族でふだんから通える、地 元の人々に愛されるところが多いです。〈La pagn otta〉のパンは国産小麦を使い、塩分も控えめな ので、飽きのこない優しい味が魅力。

160909_1132041-768x512

一番のオススメは何といっても「ゴルゴンゾーラ」。ゴルゴ ンゾーラチーズ独特の塩気とクルミの風味がマッチして、いくらでも食べたくなるおいしさです。

〈La pagnotta〉
■世田谷区瀬田2-19-26成美マンション1F
■03-5716-3140
■10:30〜18:00

(Hanako1120号掲載:photo:Hiro Nagoya text:Chihiro Yamamoto)日月休

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る