MG_0037_atari-768x512e
2019.03.25

新生活を充実させたい。 カフェのような部屋作りに憧れる人必見!暮らしのヒントを見つけるおしゃれカフェ3軒

雑貨やインテリア、食器など、シンプルかつ洗練されたデザインにとことんこだわった居心地の良いお店で暮らしのヒントを見つけませんか。今回は、新生活を始める前に参考にしたい、おしゃれ空間カフェをご紹介します。

1.家庭からプロの厨房まで活躍の幅広さを実感〈UNDER BLUFF COFFEE〉/山手

元町の人気ベーカリー〈BLUFF BAKERY 〉が焼き菓子の厨房を独立させ、カフェを開いた。

MG_0115_atari-768x512

店舗デザインは大阪〈graf〉出身のデザイナーが手がけた。

左から、ニューヨークチーズパイ547円、キャロットケーキ2円/g、ドリップコーヒー343円。コーヒーは中目黒〈カフェ・ファソン〉監修。
左から、ニューヨークチーズパイ547円、キャロットケーキ2円/g、ドリップコーヒー343円。コーヒーは中目黒〈カフェ・ファソン〉監修。

店主の栄徳友紀さんが選んだのは、家庭で愛用するボウルやカトラリー。

スプーンやナイフなどが柳プロダクト。
スプーンやナイフなどが柳プロダクト。

使ってみると「ボウルは、縁の巻き込みが少なくて衛生的」と、プロにも使い勝手がいいことを発見した。

MG_0102_atari-768x512

(Hanako1152号掲載/photo:Kenya Abe text:Kahoko Nishimura)

2.〈Cafe de LENTO〉自家製のお菓子に加えて人気の雑貨もそろう。/元町中華街

定番人気のチーズタルトと濃厚なのに後味すっきりのミルクティー。セットで1,200円~
定番人気のチーズタルトと濃厚なのに後味すっきりのミルクティー。セットで1,200円~

惜しまれつつも閉店した下北沢の〈チクテカフェ〉出身の堀川学さんが2014年にオープンしたカフェ。アンティークの家具が並ぶ店内で、タルトやサラダなどを楽しむことができる。

DSC2037

物販の棚には自家製のビスコッティやグラノーラをはじめ、吉祥寺の雑貨店〈CINQ(サンク)〉がセレクトする日用品や革職人・華順さんによる雑貨などが並ぶ。

DSC2400-768x768
店主と親交のあるパン職人が焼き上げたライ麦マフィン460円とライ麦食パン470円
店主と親交のあるパン職人が焼き上げたライ麦マフィン460円とライ麦食パン470円
DSC2433-768x768
可愛らしい包装もうれしいチーズタルト2,900円
可愛らしい包装もうれしいチーズタルト2,900円
〈CINQ〉の人気アイテム、長財布18,500円
〈CINQ〉の人気アイテム、長財布18,500円
国立を拠点とする革作家・華順さんのキー&パスケース9,000円
国立を拠点とする革作家・華順さんのキー&パスケース9,000円

今後は商品を増やしていくそうなので、ますます見逃せない。

(Hanako1152号掲載/photo : Tomo Ishiwatari text : Momoka Oba)

3.王室御用達の美シルエットで料理が引き立つ〈雑貨とカフェ ロバギター〉/御殿場

atari-9578

古道具でまとめた店内は、元美容室を設計士である夫がリノベーションしたもの。「なぜか残念な感じがかわいい」と集めたロバのモチーフが、店のあちこちで和ませてくれる。

写真は苺と練乳のサンドケーキ500円(税込)
写真は苺と練乳のサンドケーキ500円(税込)

店主・森谷雅美さんが愛用するのはデンマークの名品「カイ・ボイスン」のカトラリー。一目惚れした当時のデザインを好んで使い続けている。カトラリーのシンプルな造形美が、ケーキの可憐さを引き立てるようだ。

(Hanako1152号P78掲載:photo : Chihiro Oshima, Yoko Tajiri text : Noriko Maniwa, Wako Kanashiro, Kahoko Nishimura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る