FotoJet-9
2019.03.17

すっかり定番のフレーバー。 ティースタンドからパフェまで。【都内】「ほうじ茶」を楽しめるカフェ3軒

芳ばしい香りと、さっぱりとした味が魅力的な「ほうじ茶」は男女ともに人気の日本茶。今回は、ミルクや洋風アレンジとも相性抜群な「ほうじ茶」を、さまざまなバリエーションで味わえるお店をご紹介します。

【お茶】本格的なほうじ茶を気軽なティースタンドで。〈加賀棒茶 丸八製茶場〉/品川

c759c0dcfae43ea7a5817e2dcb8298c6-768x584

創業154年の〈丸八製茶場〉が手がける、香り高いほうじ茶「加賀棒茶」を扱うこちら。店の一角にあるティースタンド〈ティーサロ!〉では4種の日本茶を提供。

b868265e0519592764f357dd209d65a6-768x584

新茶である一番茶の茎の旨味を損なうことなく浅く焙じ、芳しい香りとすっきりとした飲み口の「献上加賀棒茶」は、1日に100杯近く出る日もあるほど人気。新幹線に乗る前にもサクッとテイクアウトできるので、ぜひ。昭和天皇に献上した「献上加賀棒茶」HOT350円(税込)

(Hanako1145号掲載:photo : MEGUMI (DOUBLE ONE), Yoichiro Kikuchi (uni stand, artless craft tea & coffee,hayashiyashinbee, ocharaka), Tomo Ishiwatari (ohashi))

【パフェ】お茶の魅力をスイーツで味わう。〈中村藤𠮷本店 銀座店〉/銀座

cbdc0489170b118d026c3365b4c70b0d-768x512-768x512

京都・宇治で1854年に創業した老舗銘茶店が手がける〈中村藤本店〉の関東1号店が、昨年〈GINZA SIX〉内にオープン。老舗ならではの和のしつらえとモダンな雰囲気が融合した空間で、日本茶の魅力を活かしたスイーツが楽しめると話題だ。クリームの上にパウダーで屋号を描いた「まるとパフェ」は、抹茶とほうじ茶の2種類があり、暑い季節は甘さ控えめのほうじ茶が人気だそう。

「まるとパフェ ほうじ茶」1,400円
「まるとパフェ ほうじ茶」1,400円

香り豊かなほうじ茶を使用したソフトクリームとアイスクリーム、大納言小豆や白玉、あられなど、和の要素がたっぷり入っている。モチッとした食感の「ほうじ茶ゼリイ」がアクセントに。

それぞれの席にサーブされている季節ごとのお茶とも相性ばっちり。

【焙じ茶ミルク】お花見のお供にはティーとコーヒーを〈artless craft tea & coffee〉/中目黒

オーダーごとに目の前で一煎一煎淹れてくれる。
オーダーごとに目の前で一煎一煎淹れてくれる。

茶室がコンセプトの空間は、日本の伝統美を現代的に再構築。内装は洗練されており、人間国宝の高橋敬典氏が手がけた茶釜を設えたカウンターや、アート作品のような美しい茶器が並ぶ。

オーガニックミルクでまろやかな香ばしさに。「焙じ茶ミルク」600円。サクサクの「トロウマッド クッキー」300円(各税込)
オーガニックミルクでまろやかな香ばしさに。「焙じ茶ミルク」600円。サクサクの「トロウマッド クッキー」300円(各税込)

提供される日本茶は、川上さんが選りすぐった無農薬栽培のほうじ茶や玄米茶、京都ではなじみ深い手炒りの刈番茶など、いずれも少数しか生産されていない貴重なものばかり。

DSC3382-768x5111-768x511

店内にはアポイント制のギャラリーも併設されている。

(Hanako1145号掲載/photo : MEGUMI (DOUBLE ONE), Yoichiro Kikuchi)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る