三重、伊勢・鳥羽・志摩のおすすめお土産
2019.01.24

〈伊勢神宮〉で有名! 三重、伊勢・鳥羽・志摩のおすすめお土産3選。地元ならではのおいしさが詰まったスイーツ・乾物を。

この時期は、〈伊勢神宮〉参拝など三重を訪れる人も多いのでは?伊勢・志摩・鳥羽それぞれの街で手に入れたい、地元ならではの味が楽しめるおやつと乾物をご紹介します。

【伊勢】〈中谷武司協会〉神宮の神饌、塩・米・酒をアレンジしたクッキー。

塩3枚、米3枚、酒3枚の9枚入りサトナカ645円。サトナカ(=里中)はかつて使われていた地名。中という字を10のサで囲んだパッケージの意匠も印象的。
塩3枚、米3枚、酒3枚の9枚入りサトナカ645円。サトナカ(=里中)はかつて使われていた地名。中という字を10のサで囲んだパッケージの意匠も印象的。

誕生以来、すっかり新たな定番になった伊勢みやげ。

塩

三重県産小麦あやひかりを使ったクッキー生地をベースに、塩には二見浦の神前海岸で汲んだ海水から作られる岩戸の塩、酒には大台町〈元坂酒造〉の純米吟醸の酒粕を使用。

米
酒

上品な素材使いを感じさせる味わいが魅力。

〈中谷武司協会〉
■三重県伊勢市河崎2-4-4
■0596-22-7600
■11:00~17:00 火休

【志摩】〈丸義商店〉料理人も愛用する鮮魚店で志摩の味を届ける海藻を。

志摩 〈丸義商店〉

老舗ホテルのシェフたちからも信頼される、近鉄鵜方駅すぐの鮮魚店。今季は豊漁で手頃だという伊勢海老や、豪快なボリュームの刺身などのなまものは、いくら魅力的でもおみやげには難しいものの、乾物なら安心。

煮物などに向く「あらめ」550円
煮物などに向く「あらめ」550円
水で戻して刻めばネバネバになる「あかもく」480円
水で戻して刻めばネバネバになる「あかもく」480円
そのまま味噌汁に入れるなど手軽な「あおさ」400円(各税込)
そのまま味噌汁に入れるなど手軽な「あおさ」400円(各税込)

志摩の名産・あおさほか豊富なラインナップも魅力。

〈丸義商店〉
■三重県志摩市阿児町鵜方1678-2
■0599-43-2860
■8:00~18:00 水休

【鳥羽】〈みえづくし 伊勢志摩かりんとー〉三重フレーバーが際立つ軽やかなかりんとう。

三重県産小麦あやひかりと、湯葉づくりでできるおからをブレンドし、ザクッという食感を持たせたかりんとう。

爽やかな「鳥羽 やまとたちばな」
爽やかな「鳥羽 やまとたちばな」
甘じょっぱさがあとを引く「伊勢志摩 あおさひじき 伊勢醤油味」
甘じょっぱさがあとを引く「伊勢志摩 あおさひじき 伊勢醤油味」
香ばしくコクのある「四日市 九鬼のごま 黒糖味」各400円
香ばしくコクのある「四日市 九鬼のごま 黒糖味」各400円

定番に季節のものも合わせれば15種類ほどになるフレーバーは柑橘類や茶葉、日本酒などすべて三重県産のものを使用。まさに“みえづくし”の味がそろっている。

三重 〈みえづくし 伊勢志摩かりんとー〉

〈みえづくし 伊勢志摩かりんとー〉
■三重県鳥羽市鳥羽1-6-19
■0599-25-9666
■10:00~16:00 水休

(Hanako1168号掲載/photo : Noriko Yoshimura illustration : Maori Sakai text : Mako Yamato)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る