祐天寺 Wine & Diner Macchia
2019.01.10

22時集合の華金!? 【ジャンル別】都内人気エリアの深夜も飲める美味しいお店4軒

仕事が長引いちゃっても華金を諦めないで!今回ご紹介するお店は、日付けが変わっても営業しているから、遅い入店だって問題ナシ。料理のジャンル、エリアからその日に合った一軒をチェック!

1.【イタリアン】炉端焼き×イタリアンのコラボ〈binwan 2nd〉/三軒茶屋

三軒茶屋 binwan 2nd

元住吉の人気店が、炉端焼きにフォーカスした三軒茶屋の2号店をオープン。

三軒茶屋 binwan 2nd

ここへ来たらまず、がっつり系のお肉を。イベリコ豚にラムのティーボーンステーキ、“ごきげん鶏”など、どれも厨房でじっくり焼き上げ、出来たてアツアツ。コースは2,500円~。ワインは葛巻(ボトル5,000円)といった国産が推し。

(Hanako1146号掲載/photo:Kenya Abe text :Hiroko Yabuki)

2.【居酒屋】まだ飲み足りない! そんなシメに、 ワイワイ・ガヤガヤ元気が出る店。〈コパンダ〉/吉祥寺

吉祥寺 コパンダ

ビニールで囲われた小さな店内は、いつも機嫌よくお酒を楽しむ人で満員御礼。カウンターから出された飲み物が客同士のバケツリレーで端の席まで届けられるなど、客同士の連携も抜群で、横丁の楽しさを凝縮したような店だ。シメのつもりが盛り上がりすぎてしまうのに要注意。

吉祥寺 コパンダ

おつまみはどれもおいしい! 「燻製卵のポテトサラダ」(400円)が人気。「辛ラーメン」(400円)などシメにぴったりな麺物も充実。

(Hanako11129号P29掲載/photo & text:Rio Hirai)

3.【スペインバル】スペイン風雑炊「カルドソ」で気分はサン・セバスチャン!〈Caldo NAKAMEGURO〉/中目黒

中目黒 Caldo NAKAMEGURO

美食の街、サン・セバスチャンのバルをイメージし、少人数でもあれこれ食べられるタパスも豊富。

「シーフードミックス・カルドソ」1,500円、「ハモンイベリコ」1,000円
「シーフードミックス・カルドソ」1,500円、「ハモンイベリコ」1,000円

パエリアよりも水分が多く、具材の旨味をたっぷり含んだ「カルドソ」が人気。
(Hanako1143号掲載/photo : Daiki Katsumata model : Momoka Ando, MIYAKO text : Mariko Uramoto)

4.【フレンチ】〈Wine & Diner Macchia〉ワインと共に楽しめる、深夜ごはんのおいしさを実感。/祐天寺

“ちゃんと食べられるカウンターの店”がコンセプト。現地で修業し、銀座の高級フレンチでも腕を磨いた布山純志シェフはこの店で、フランスの伝統的な家庭料理を再現。

祐天寺 Wine & Diner Macchia

厨房を担うシェフ。カウンターにはソムリエの寄川一馬オーナーが。

特に肉料理はおすすめで、フレンチメンチカツなどほかにはないメニューも。「おひとりのお客様も多いので」とここではSサイズが豊富なのもありがたい。

前菜+グラタン+卵かけごはん2,500円。前菜4種盛り(S)800円、アンディーブと豚ハムのクリームグラタン900円、トリュフの卵かけごはん800円。グラスワイン900円。
前菜+グラタン+卵かけごはん2,500円。前菜4種盛り(S)800円、アンディーブと豚ハムのクリームグラタン900円、トリュフの卵かけごはん800円。グラスワイン900円。

前菜+グラタン+卵かけごはん2,500円。前菜4種盛り(S)800円、アンディーブと豚ハムのクリームグラタン900円、トリュフの卵かけごはん800円。グラスワイン900円

(Hanako1143号掲載/photo : Kanako Nakamura text : Kimiko Yamada)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る