tDMA-kougean-050
2018.12.20

寺巡りの合間にスイーツブレイク! 和スイーツ好きにおすすめ!鎌倉・北鎌倉の人気甘味処・和菓子店3軒

倉五山のうち3つが存在するなど、鎌倉の中でも特に格式の高い寺院が集まるのが北鎌倉。しっとりと落ち着いた緑豊かな谷戸で、静かに澄んだ味わいの心づくしの一品を味わってみては?

1.庭を通って、名物のみたらし団子を満喫。〈花鈴〉

名物のみたらしだんごは3本セットで550円。ゆずシャーベット付き650円
名物のみたらしだんごは3本セットで550円。ゆずシャーベット付き650円

前栽を設えた和の店舗ながら、洋風インテリアのテーブル席もあり、休憩に最適の穴場。名物はみたらしだんご。国産の上新粉から手作りした団子は羅臼昆布と喜界島産の黒蜜で作ったタレを絡めていただく。信州産寒天を使ったあんみつなど素材にこだわった品も。 

合鴨と炊き込みご飯の花鈴弁当1,000円
合鴨と炊き込みご飯の花鈴弁当1,000円

〈花鈴〉
■神奈川県鎌倉市山ノ内395
■0467-24-9737
■10:30~17:00 不定休 
■26席/禁煙

2.茶室ならではの風情の茶店。〈香下庵茶屋〉

緋毛氈が敷かれた庭席。春は桜、初夏はアジサイ、秋は紅葉と四季の楽しみが味わえる。
緋毛氈が敷かれた庭席。春は桜、初夏はアジサイ、秋は紅葉と四季の楽しみが味わえる。

円覚寺の敷地内にあった〈弁天堂茶屋〉が名前も新たに移転リニューアル。茶道の師範でもあるオーナー邸にあった茶室「香下庵」を改装した店内は、茶室と小間の名残を感じさせる品格のある空間に。

カフェボウルパフェ700円
カフェボウルパフェ700円

名物だったあべ川などに加え、けんちん汁の昼食膳やパフェなども。

〈香下庵茶屋〉
■神奈川県鎌倉市山ノ内492
■0467-25-0411 
■10:30~16:30(土日祝~17:00) 無休 
■24席/禁煙

3.和歌山の老舗和菓子店。〈北鎌倉 儀平〉

コーヒーと和菓子セット750円(税込)~。甘さ控えめの餡をくるんだうすかわ饅頭と北条もなか。
コーヒーと和菓子セット750円(税込)~。甘さ控えめの餡をくるんだうすかわ饅頭と北条もなか。

1893(明治26)年創業、和歌山県串本の和菓子店が県外初出店。創業時から人気のうすかわ饅頭150円(税込)をはじめ、鎌倉に縁のある北条氏の家紋を彫り込んだ北条もなか、かりんとう饅頭など、上品で小ぶりな和菓子がそろう。カフェスペースは、寺巡りの合間の休憩にうってつけ。

3代目の堀本京子さん。
3代目の堀本京子さん。

〈北鎌倉 儀平〉
■神奈川県鎌倉市山ノ内495-9
■0467-81-5157
■9:00~17:00 無休 
■8席/禁煙

(Hanako特別編集『最新鎌倉 おいしいものと、花の寺めぐり。』掲載/photo:Kanako Nakamura, Shin-ichi Yokoyama, Yoko Tajiri, Yumi Saito, Michi Murakami, Misa Nakagaki, Yoichi Nagano, Kayoko Aoki, Kaoru Yamada, Mariko Tosa, Shinji Serizawa(ROOSTER), Yusei Fukuyama text:Mutsumi Hidaka, Riko Saito, Hiroko Yabuki, Mao Adama, Yumiko Ikeda, Yoko Fujimori, Emi Tomoi, Mick Nomura(photopic))

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る