焼き菓子なら日持ちも安心。【自由が丘】ほっこり癒し手土産ベイクスイーツ4選
2018.11.19

パーティーにお呼ばれしても大丈夫! 焼き菓子なら日持ちも安心。【自由が丘】ほっこり癒し手土産ベイクスイーツ4選

スイーツの街・自由が丘でハズせないのは、味も見た目も優しい焼き菓子の店!ベイクスイーツなら日持ちも安心で、空いた時間にサクッと買いに行けるから◎今回は、手土産にぴったりのほっこりベイクスイーツを厳選!

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.しっとりした口どけのパウンドケーキにハマる人が続出!?〈焼き菓子の店 Filica〉/緑が丘

4月にオープンするや、しっとりとろけるパウンドケーキが評判に。厳選食材をふんだんに使うから素材の味がくっきり。

写真右・「フルーツケーキ」1500円。左・「カットケーキ(ラズベリー、オレンジシトロン、濃厚抹茶、バナナブレッドチョコチップ、ダブルチョコレート)」各280円(各税込)。

(Hanako11120号掲載/photo: Nagahide Takano, text: chico)

焼き菓子の店 Filica

焼き菓子の店 Filica

  • パティスリー
  • 緑が丘駅

2.片手でつまめる、サクサクの幸せ。〈パイ菓子専門店 オリオリ〉/自由が丘

バター香るパイ生地をとことん味わえるパイ専門店。

キャラメリゼしたクリスピーな表面とハラハラ崩れる層のコントラストはやみつきに。プレーン170円、アーモンド、アップル各190円、シナモン、アールグレイ各180円。秋冬はチョコのパイも。

(Hanko1120号P29掲載/photo:Taro Hirano text:Asuka Ochi)

パイ菓子専門店 オリオリ

パイ菓子専門店 オリオリ

  • 洋菓子・焼き菓子
  • 自由が丘駅

3.チャンスは週1回!心ときめくベイクたち。〈FINE CAKES〉/自由が丘

自由が丘から奥沢駅を越え住宅街を進むと、小さな看板が見えてくる。ここは週1回・土曜日だけのベイクショップ。三富晃子さんが焼くお菓子にはハンドメイドのマーケットなどからファンがつき、開業前から人気がある。納得した食材だけを用い、食感や風味が工夫された優しいベイクが、所狭しと並ぶ。

スパイスの効いた生地に、クリームチーズのフロスティングを塗った「キャロットケーキ」350円(税込)。

ねこの型がキュートなサクサクとしたクッキー。手描きの表情がチャーミング。270円(5枚入り、税込)。約15種を週替わりでラインナップ。営業日、営業時間は変更の予定あり。

(Hanako1143号掲載/photo: Kayoko Aoki, text: Kahoko Nishimura)

FINE CAKES

FINE CAKES

  • 洋菓子・焼き菓子
  • 自由が丘駅

4.甘い口どけに心ほどける柔らかなクッキー。〈Ben’s Cookies 自由が丘店〉/自由が丘

イギリス・オックスフォードに1号店を構えるクッキー専門店の日本初上陸店。ベルギーチョコレートの塊がゴロリと入った「ミルクチョコレート」をはじめ、「ココナッツ」や「ジンジャー&ダークチョコレート」など個性豊かなソフトクッキーが16種類もそろう。
1枚から買えるが、思わずまとめ買いしてしまう。

店内のオーブンでその日に焼いたものだけを提供。大ぶりの生地にチョコやナッツがゴロゴロ。各270円。自由が丘駅南口すぐだから、おみやげにしたり、お持たせにしたりと、出番が増えそう。5枚買うと箱詰めにして、2枚サービスしてくれる。

(Hanako1143号掲載/photo: Kayoko Aoki, text: Kahoko Nishimura)

Ben’s Cookies 自由が丘店

Ben’s Cookies 自由が丘店

  • 洋菓子・焼き菓子
  • 自由が丘駅
編集部

ほっこりお菓子なら小さい子へのギフトにも!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
日比谷のまちを、おいしく生きる。
TOPに戻る