tDMA-DSC_7177
2018.10.30

大人気食パンもチェック! パン好きハシゴ必須!パン激戦区・三軒茶屋でおさえるべき人気ベーカリーとは?

パン好きならハシゴ必須の三軒茶屋。そんなパン激戦区でおさえるべきベーカリーとは?予約が数カ月待ちという大人気食パンの名店をはじめ、人気店2軒をご紹介します。

1.〈Boulangerie Koshuka〉

DMA-DSC_7251

秋元英樹シェフに電話をすると「いやー、人が辞めちゃって大変で」と忙しそう。取材に行き、パンが出てくる様をじっと見ていたら、大変さが身に染みてわかった。小さい店にパンがぎっしり。

DMA-DSC_7249
鴨肉がボリューミーな「カスクルート合鴨」490円(各税込)
鴨肉がボリューミーな「カスクルート合鴨」490円(各税込)
正統派なグローブ型が愛らしいクリームパン150円
正統派なグローブ型が愛らしいクリームパン150円
美しく層をなした、しっとり甘いスイートロール「ぐるぐる」150円
美しく層をなした、しっとり甘いスイートロール「ぐるぐる」150円

あんなに上手にバゲットが焼けるのに、下町のような惣菜のパンにまであふれんばかりの情熱を傾ける。

カレーパンのカレーは自家製、クロックムッシュは熱々の状態を保つため、2、3個ずつ出しては、冷めたものが下げられる。「あったかいほうが、うれしいでしょ」と温度にまで心を砕く。

みそかつサンドを食べて思う。もう名古屋まで行く必要はないと。

揚げたてのカツをはさむ、みそかつ290円(税込)。ふわふわのパンにタレがじわり。
揚げたてのカツをはさむ、みそかつ290円(税込)。ふわふわのパンにタレがじわり。

みそだれが豚の脂と混ざりあい、別次元へ。そして食パンがうまい。パンも豚も実にやわらかく、きっと歯がなくても食べられるほどに。

2.〈ブーランジェリー スドウ〉

DMA-DSC_7177

目を見張るばかりの、パンの美しさ。こうして写真を見ていても、まるでCGか、と思うほど乱れも焼きムラもなく、一列に整列している。美意識と完璧主義。

DMA-DSC_0101

完璧なパンは須藤秀男さん、枝里子さん夫妻の手から生まれる。

厨房は粉ひと粒すら落ちていないほどにきれい。当然、パンの見た目は味にも影響する。完全な形は完全なプロセス、完全な発酵状態を意味しているからだ。

世田山食パン。予約が数カ月待ちなのも不思議はない。食感、香り、味わい、口溶け。どれも日本人の好きな食パンのど真ん中を実現しているのだから。

世田山食パン620円
世田山食パン620円

深呼吸したくなる発酵のいい香り、がしっとした皮、しっとりふわっとした中身。3日後、4日後でさえ、香ばしさを失わない。

そんなこと言われても、買えないんじゃ仕方がないと思った方へ。あん発酵バターは同じ食パン生地を使用。

あん発酵バター340円
あん発酵バター340円

美しい発酵の香り、ミルクの香りが、いかにあんこをおいしくすることか。たっぷりの発酵バターが官能を加速させる。

DMA-DSC_7367

ポムドテール380円。オリーブオイル使用の自家製マッシュポテトがてんこ盛りで、かじりつくと上の歯がその中に埋まる。その快感たるや。

(Hanakoto特別編集『おいしいパンのこと、すべて。』/photo:Akiko Mizuno,Youichiro Kikuchi)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る