tDSC03613
2018.10.22

晴れた日はテイクアウトランチ! 好きなものを好きな量だけ。【自由が丘】人気テイクアウトグルメ専門店3軒

自由が丘の晴れの日ランチは、九品仏川緑道のベンチでおいしいテイクアウトグルメを楽しんでは?デリ・おにぎり・コッペパンといった自由が丘のバラエティ豊かな人気専門店を3軒ご紹介します。

1.毎日でも通いたくなる、街のお惣菜屋さん〈DELI BREEZE 本店〉

DSC03605

自由が丘に店舗を構えて20年超。毎日店内のキッチンで作られる定番と日替わりのお惣菜は合わせて40種類以上!毎日通っても食べたいものが見つかること間違いなし。リピーターのお客さんが多いのも納得。

おかずのみ3種 520円(税込)
おかずのみ3種 520円(税込)

お惣菜は量り売りのほかに、お好みの3種類もしくは4種類とご飯をセットにしたお弁当も大人気。和洋中を取り入れた豊富なメニューでバランスよく食べられるのがうれしい。お昼のお弁当から夕飯のおかずまで、営業中はひっきりなしに訪れるお客さんでにぎわう。

〈DELI BREEZE 本店〉
本店に加え、自由が丘駅南口すぐそばにもう1店舗構えている。
■東京都目黒区自由が丘2-15- 7
■03-3718-3420
■10:00~ 19:00 無休

2.懐かしいコッペパンの新しい形が楽しめる〈パンの田島 自由が丘店〉

DSC03581

お店の看板からなんだか懐かしさを感じる、コッペパンを使用したサンドイッチ専門店。定番の「つぶあんマーガリン」や「黒豆きなこクリーム」といった甘いコッペパンのメニューと「厚切りハムカツ」や「ダブルホットドッグ」といったお惣菜メニューの2つのメニューからなる。

左から、厚切りハムカツ 350円、黒豆きなこクリーム 220円、ダブルホットドッグ 350円(すべて税込)
左から、厚切りハムカツ 350円、黒豆きなこクリーム 220円、ダブルホットドッグ 350円(すべて税込)

30種類弱ある定番メニューのほかにも季節ごとに作られるメニューも4種類ほど用意。パンは店内で作られた焼きたてを使用。コッペパン専用に合わせてブレンドされた〈ドトール〉のコーヒーと共にどうぞ。

〈パンの田島 自由が丘店〉
扉を開ければ昔の学校を思わせるレトロな雰囲気の店内。
■東京都目黒区自由が丘2-11-11 1F
■03-6421-2015
■8:00~20:00( 19:30イートインLO) 無休
■19席/禁煙

3.〈玉川屋〉お米屋さんが作る手作りおむすび。

DSC03453

昭和初期から営業している精米店が販売するおにぎり。おにぎりを販売す
るようになって40年。お米は店内でも販売している新潟産のコシヒカリを使用。毎朝炊きたてのご飯を使って店主自らがにぎるおむすびは、定番の「おかかむすび」から人気の「美人むすび」まで、こだわりの具材と海苔を使用した21種類!しかも値段はすべて130円とリーズナブル。

左から、しそおにぎり、おかかむすび、美人むすび 各130円(税込)
左から、しそおにぎり、おかかむすび、美人むすび 各130円(税込)

地元の人たちや買い物で自由が丘を訪れた人たちにも人気なおにぎり。なくなり次第販売終了になるため、早い時間がおすすめ。

〈玉川屋〉
店頭にはおすすめのお米もズラリ。おいしいお米が食べたくなったらここへ。
■東京都目黒区自由が丘1-29-18
■03-3718-5361
■6:00~19:00 日休

(Hanakoシティガイド『気になる、自由が丘。』掲載/photo: Mina Soma text: Taku Takemura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る