あなたはパクチー派?ピリッとHOTなスパイス派?【東京】本格派タイ料理店
2018.10.14

追っかけファンがいるお店も! あなたはパクチー派?ピリッとHOTなスパイス派?【東京】本格派タイ料理店

日本人にとって比較的なじみ深いといえるタイ料理。辛味、酸味、甘味が複雑に絡み合い、多彩なハーブ使いが特徴。今回は、東京でおすすめの本格派タイ料理屋さんをピックアップ!卓上の「クルワンプルーン(調味料セット)」で自分好みの味に!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.真の「ガパオライス」が食べられる!〈バンコク食堂ポーモンコン〉/五反田

DMA-_MMM9613

タイ人のモンコン夫妻が荏原で営んでいた店の味に惚れこみ、夫妻が店を辞めるタイミングで店とレシピを引き継いだのが現店長の土谷栄一さん。

DMA-_MMM9628

超粗挽きの鶏肉をフレッシュガパオで香り付けし、甘さは控えて、ピッキーヌ(唐辛子)を際立たせている。「カーオ・パット・バイ・ガパオ」ランチ950円(税込。サラダ、スープ付き)。

(Hanako1140号掲載/photo : Kenya Abe,Yoichiro Kikuchi, Yuko Moriyama, Jiro Fujita text : Kimiko Yamada, Yumiko Ikeda, Mariko Uramoto)

2.確かな腕で振る舞う”パクチスト”垂涎の品々。〈タイ国屋台式料理 スパイスMARKET〉/幡ヶ谷

DSC_9544_atari

タイのコック一家に生まれた姉弟コンビは在日歴が長く、日本人の好みに合わせたアレンジ料理もお得意。

DMA-DSC_9465_17

「パクチーサラダ」(左・780円)や、餡やタレにパクチーを刻み入れた「パクチー餃子」(右・730円、各税込)など、パクチーをふんだんに使った料理にはファンが多い。

(Hanako1140号掲載/photo : Yoichiro Kikuchi text : Kahoko Nishimura)

3.追っかけファン多数!?タムさんが誇る、抜群の料理センス〈バーン・タム〉/新大久保

DMA-IMG_0019

アジアごはんの店がひしめく新大久保に1年前にオープンした流浪の天才料理人・タムさんの待望の自店は、開店後2カ月で全国ランキング2位に。「メニューブックに書き忘れた」料理も多々。壁の張り紙でチェックを!

DMA-IMG_0114
「トムアボカド」(1,280円)

タイ料理店で最近見かけるこのメニューは、じつはタムさん考案。

DMA-IMG_0120_s
「パッチャープラードゥク」(1,500円)

イサーン風ナマズ炒め。丸揚げしたナマズは頭から食べられる。

(Hanako1140号掲載/photo : Shin-ichi Ykoyama text : Mick Nomura(photopicnic))

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る