横浜・野毛エリアでちょっとレトロなグルメ旅を。ランチから呑みまで1日楽しめるオススメ3軒とは?
2018.09.21

ハイカラ気分で、 昭和ロマンを追う。 横浜・野毛エリアでちょっとレトロなグルメ旅を。ランチから呑みまで1日楽しめるオススメ3軒とは?

戦後、闇市や屋台が密集したエリア。現在は約500の飲食店が軒を連ね、横浜随一の飲み屋街としてにぎわう。親子三代続く焼鳥店や中華料理店など、昭和の雰囲気を飲んで食べて体感しよう!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.ランチは、蔦がからまる木造建築が目印の定食店で。〈村田家〉

180725hn_0471atari

フグ料理を出す料亭がルーツ。界隈でも数少ない木造建築の風情ある雰囲気に、心もほぐれる。居酒屋が立ち並ぶ中にあって、約30種の定食を用意している。

180725hn_0503atari

まず定食を食べて、そのあとにお酒を飲んでゆっくり過ごす人が多いそう。おすすめは、鮮度抜群の鰯を使った「いわし刺身定食」900円(税込)

2.ジャズの聖地として知られる、名喫茶でブレイクタイムを。〈ジャズ喫茶ちぐさ〉

180725hn_0296atari1

2007年に74年の歴史に幕を下ろし、6年前に復活した、現存する最古のジャズ喫茶。特大スピーカーやテーブルは創業当時のままで、棚に3,000枚ものレコードが並ぶ

180725hn_0313atari

月に数回、ライブを開催するほか、過去には「ジャズ女子」、「ジャズと小説」など、初心者向けの企画も。18時以降はバータイム。カクテル1杯700円(税込)

3.刺身と日本酒モードならココ!佐島産の魚は、焼きも煮付けも◎〈ウミネコ〉

180724hn_0206atari

大半のお客がまず注文する「刺盛」1,200円は石鯛、地ダコなど、佐島港で水揚げされた旬の魚を中心に、9種類がひと皿に。刺身でイキのよさを味わい、焼き魚、煮付けへと食べ進めるのがおすすめ。

180724hn_0021atari

夏酒に代わってそろそろ並ぶ、ひやおろしも酒好きの心をくすぐる。日本酒は「亀齢」1合680円(各税込)など。平日も予約を。

(Hanako1163号掲載:photo:Akiko Mizuno text:Yumiko Ikeda)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る