ぶらり東京散歩のお供に。つい立ち寄りたくなる、東京で人気の点心専門店。
2018.09.02

手土産にもオススメ! ぶらり東京散歩のお供に。つい立ち寄りたくなる、東京で人気の点心専門店。

東京への観光や休日のお散歩は、点心片手に美味しくぶらり、しましょう。冬なら行列間違いなしの肉まんも、今なら並ばずにゲットできちゃうかも。東京都内にある点心専門店をご紹介。一人立ち寄るのにも、手土産にもハズさない2軒です!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.ミシュランの星付き香港点心専門店。〈添好運(ティム・ホー・ワン)〉/日比谷

e65b4bde32816f00f0da63dfcad9050c

〈フォーシーズンズホテル香港〉の点心師だったシェフが、「カジュアルに本物の味を食べてほしい」と開いた点心専門店。

a1

「ベイクドチャーシューバオ」はチャーシュー餡を甘めの生地で包み焼き上げた看板メニューで食べ応えアリ。3個入り660円。メロンパンのようなサクッと甘い生地が絶品。
お店の詳しいレポートはこちら

(1157号P70掲載/photo : Youko Tajiri text : Mikiko Okai)

2.蒸籠から立ち上る幸福な白い湯気。心も体も温める、手作り肉まん。〈鹿港〉/上町

DMA-A26A1415

世田谷通りに面した〈鹿港〉は、冬ともなれば地元の人で行列ができる人気店。店の奥で次々と肉まんが蒸されている様子が目に飛び込んでくる。

DMA-A26A1425

台湾の老舗〈振味珍(ゼンウェイゼン)〉で修業した店主・小林貞郎さんが、門外不出のレシピで作った皮とジューシーな具が詰まった肉まん120円。一口頬張れば、この街で〈鹿港〉が愛されている理由がわかるはず。優しい甘味のあるふわふわの蒸しパン・饅頭も、思わず頰がほころぶ幸せな味だ。餡饅130円、饅頭80円、自家製豆乳180円。

(Hanako1143号P99掲載/photo : Ikuko Yamada, Yutaro Tagawa, Jiro Fujita illustration : Taku Bannai text : Kayo Yabushita, Makoto Tozuka, Rio Hirai)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る