牡蠣食べ放題プランが期間限定で登場!日比谷のおしゃれなオイスターバー2軒に注目。
2018.08.31

オイスターバー激戦区の日比谷。 牡蠣食べ放題プランが期間限定で登場!日比谷のおしゃれなオイスターバー2軒に注目。

オイスターバー激戦区の日比谷。1年を通しておいしく食べられるようになった牡蠣だからこそ、個性の光るお店へ行きたいもの。注目の牡蠣専門店を2軒ご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

太っ腹すぎる♡牡蠣食べ放題プランが期間限定で登場!

デートにも女子会にもぴったりのカジュアルな雰囲気。

牡蠣ラバーから熱狂的な支持をされている〈オイスターテーブル 銀座コリドー店〉。こちらでは、安心安全な生牡蠣を提供するために、富山県にある自社の牡蠣浄化センターで行政の基準よりも厳しい基準で牡蠣を徹底管理。生牡蠣を、豊富なミネラルを含んだ清浄性の高い美しい海洋深層水で60時間浄化することで、1年中安定しておいしい牡蠣を用意してくれます。

4種類のメニューが満喫できる「牡蠣の食べ放題」3,980円(90分制、60分ラストオーダー)。

お財布を気にせず牡蠣を食べられる夢のようなプランが、9月1日(土)~16日(日)に開催予定の「牡蠣食べ放題」。
「生牡蠣(真牡蠣)」「カキフライ」「素焼き」「香草ガーリック焼き」に加えて、9月の期間中のみ特別に「ウニと牡蠣醤油」「3種類のチーズと黒胡椒」の6種類が全て、好きなだけ食べられます!
レモンのほか、ポン酢、タルタルソース、中濃ソース、トマトのカクテルソース付きなので、いろんな味で飽きることなく食べられます。

牡蠣に合うオリジナルの白ワイン、「CACCCI」グラス590円。

牡蠣は日本各地の40産地から、その季節に最もおいしいものを厳選して提供してくれます。写真は、大ぶりでぷっくりした身にクリーミーさが際立つ「岩手県釜石産」、引き締まった身でプリプリとした食感の「岩手県大船渡産」の2種類。ちゅるんっと一口でいくらでも食べられちゃいそうな生牡蠣は、さっぱりしたポン酢やトマトのカクテルソースとも好相性です。

食べ放題は、2日前までに電話予約が必須なので、必ずお忘れなく!

〈オイスターテーブル 銀座コリドー店〉
■東京都中央区銀座7-2 銀座コリドー108
■03-3573-3332
■11:30~14:30LO、17:00~23:00(22:00LO)、土日祝11:30~23:00(22:00LO)
■年末年始

国内外から厳選した旬の牡蠣の魅力に開眼!

カウンター席もあるので、おひとり様でサクッと立ち寄れる。

東京ミッドタウン日比谷 HIBIYA FOOD HALL内にオープンした〈BOSTON OYSTER&CRAB〉。国内外の新鮮な牡蠣を常時8種類以上提供しており、生のままはもちろん、香ばしいグリルで、スチームで蒸して、はたまたパスタでと、多彩な調理法で楽しめます。

一番人気の「牡蠣6種盛り合わせ」2,200円。

さまざまな産地で育った牡蠣のストレートなおいしさを堪能するなら、生牡蠣の盛り合わせがおすすめ。産地は季節や入荷状況により異なりますが、写真は、宮城県のモン・サン・リック、北海道の仙鳳趾、北海道の知内、北海道のマルえもん、岩手県の広田湾、北海道の根室の全6種類。大きさや身の食感、クリーミーさなどを食べ比べしながら、味わいの違いを楽しんでみて。

「グリルオイスター3種」850円、「白ワイン」グラス500円~。

ふっくらした牡蠣の身と濃厚なうまみを堪能するなら、香ばしいグリル料理もマスト!
ベーコン&トマト、バジルペースト、アンチョビバターと風味豊かな洋風ソースと組み合わせることで、何倍にも膨らむ牡蠣のおいしさの虜になりそう。
週末は満席になる可能性が高いので、予約がベターです。

〈BOSTON OYSTER&CRAB〉
■東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 B1F(HIBIYA FOOD HALL内)
■03-3519-7870
■11:00~23:00(22:00LO)
■施設に準ずる
■オフィシャルHP(ご予約はこちらから)
http://boston-oystercrab.com/

編集部

プリップリの牡蠣を心ゆくまで味わいましょ。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
seibu_sidebar
TOPに戻る