肩肘張らずにハレの日をお祝い!テーラーの面影を残す、懐石料理〈和食 島田洋服店〉でとっておきの時間を。
2018.08.10

デートやハレの日に懐石料理はいかが? 肩肘張らずにハレの日をお祝い!テーラーの面影を残す、懐石料理〈和食 島田洋服店〉でとっておきの時間を。

大切な人のお祝いにはうってつけの懐石料理。なんだか敷居が高いような気がするけれど、〈和食 島田洋服店〉なら肩肘張らずにとっておきの懐石料理が楽しめます。元テーラー面影を残し、どこか懐かしくあたたかさを感じる店内と、目にも美しいコース料理をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

〈和食 島田洋服店〉老舗テーラーが和食店になって復活。

昭和8年からこの街で愛され、惜しまれつつ店を閉じたテーラー〈島田洋服店〉が、和食の店として復活。

娘婿で日本料理職人の島田歩さんが、家族の思い出が詰まった店を引き継ぐ形で独立、開業したのだ。

かつての作業台をテーブルとして再生。
「店じまいから2年ほど。店を誰にも貸さずに保存しておいた両親の思いを汲み、テーラー時代の面影をなるべく残して改装しました」と島田さん。

テーラー時代の仕事道具。

店内にはアイロンなど、仕立てる工程の90%以上を手縫いしていた先代の手仕事の道具が並ぶ。木組みの床やキャビネットもそのままだ。

子持ちアユとカブの炊き合わせ。

料理は5000円の会席コース。

目にも華やかな八寸(2人前)。

コースのご飯は、追加料金で季節のご飯に変更可。この日は+2,500円で松茸ご飯!(写真は2人前)

奥様お手製(!)の漆のお椀。底の小さな「ありがとう」の文字が素敵。

毎朝築地に通って仕入れる旬の素材を生かした、季節感豊かな料理。凝りすぎず、遊び心を感じさせる品々に島田さんの人柄が覗く。
「テーラー時代を知る地元の人も来てくださいます。ご家族など、大切な人との食事に来てもらえたら」。歴史ある空間と温かな味を楽しみに、とっておきの日に訪れたい。

(Hanako1143号掲載/photo : Shin-ichi Yokoyama text : Chiho Ohsawa)

和食 島田洋服店

和食 島田洋服店

  • 和食/懐石料理
  • 三軒茶屋駅
編集部

女性同士でも入りやすい!

TOPに戻る