s_6_DSC_0136
2018.07.24

自然の酸味と甘みにきゅんっ。 夏はトマトでさっぱりランチ!女性にオススメのトマトを使った美味しい一皿があるお店。

夏野菜の代表・トマト!この季節食べたい、自然の酸味と甘みが美味しいトマトを使った一皿があるお店を3店ご紹介します。夏のランチはトマトでさっぱりビタミン補給!

1.注文後に手打ちするウイグルのソウルフード「ラグメン」に注目。〈レイハン ウイグルレストラン〉/駒込

DSC_4997_atari

東京でもまだ珍しいウイグル料理店。人気の「ラグメン」とは、ウイグル地方の「うどん」的存在。

「ラグメン」1,200円
「ラグメン」1,200円

手打ちで麺をのばしていく、その手さばきはパフォーマンスのように鮮やか。野菜やラム肉の入ったトマトベースの具をかけていただく。ハラル料理店だが、ムスリム以外のお客用にバースペースも併設。が、ここでは本場流のお茶を楽しむのが正解だ。

(Hanako1146号掲載/photo : Chihiro Oshima text : Kahoko Nishimura edit : Noriko Maniwa)

2.管理栄養士監修の“ギルトフリー”な健康美容食カレーランチ〈Heaven's Recipe〉/表参道

Heaven's Recipe

原宿のキャットストリート沿い、GYRE(ジャイル)の4階にニューオープンした〈Heaven's Recipe〉。表参道ヒルズも近く、周囲は高感度な人や店舗が集うエリアです。

「丸ごとトマトカレーの“デトックスセット”」
「丸ごとトマトカレーの“デトックスセット”」

ランチで提供されるカレーセットは、「まずはサラダから」といった食べる順番や、それぞれのカレーに合わせた厳選オイル、雑穀と白米との配合に考慮した健康米、セットでつくグリーンルイボスティーなど、組み合わせにも気を配ることで、食べ物の持つ栄養素が体にしっかり吸収されるよう、管理栄養士によって特別に考案されたメニューです。

「海老のビスクカレーの“ビタミンセット”」
「海老のビスクカレーの“ビタミンセット”」

こちらのカレーは、海老に含まれるエイジングケア成分アスタキサンチンで、抗酸化作用と血液サラサラ効果に期待できるとか。濃厚な海老の旨味たっぷりのまろやかな味わいです。

アンチエイジングの強い味方であるビタミンA・C・Eが豊富な、かぼちゃやパプリカなどを使ったグリル野菜のビタミンサラダがセット。

〈Heaven's Recipe〉
◼︎東京都渋谷区神宮前5-10-1 ジャイル4階
◼明治神宮前駅より徒歩4分、表参道駅・原宿駅より徒歩6分
◼︎TEL03-6433-5795
◼︎ランチ&カフェ 11:30〜17:00
ディナー17:00〜23:00(L.O.22:00)

(text:西尾 悠希)

3.無農薬・自家焙煎コーヒーと、植物性素材で仕上げる料理〈自家焙煎Café ちゃんと〉/駒込

chanto-028

駒込富士神社前に構える喫茶店は、ちゃんとおいしくがモットー。

chanto-035

「無農薬栽培のコーヒー豆全てに目を通し、ハンドピックで欠点豆を取り除いてから自家焙煎しています」と、マスターの田所さん。フード担当の恵津子さんは、オーガニックレストランで学んだ経験を生かし、植物性素材で作るベジタブルカレーや、卵・乳製品・砂糖を使わないおやつを提供。

無農薬野菜を使った「有機トマトカレー」は、ハンドドリップのアイスコーヒーとセットで1,320円
無農薬野菜を使った「有機トマトカレー」は、ハンドドリップのアイスコーヒーとセットで1,320円

カレーは火~土曜11:30~15:00限定。

「おからとじゃが芋のドーナッツ」320円
「おからとじゃが芋のドーナッツ」320円

心尽くしのメニューが幅広い世代を虜に。子供が退屈しないよう、おもちゃの準備も。まさにネオ喫茶!

(Hanako1150号掲載/photo : Kayoko Aoki text : Emi Suzuki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る