専門店から人気イタリアンまで。大満足の【本格ピザ】が食べられる東京の名店3軒
2018.04.22

あつあつ、もっちり。 専門店から人気イタリアンまで。大満足の【本格ピザ】が食べられる東京の名店3軒

イタリアンの人気メニューとして、今では専門店がひしめくほど絶大な支持を得ているピザ。東京で美味しいピザが食べたくなったら、ここに行けば間違いなし!の3軒をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.本格的なナポリの味〈PIZZERIA ENZO〉/浅草橋

「カルツォーネ」850円

浅草橋のガード下にあるナポリピッツァのピッツェリア。職人が丁寧にのばした生地は、もっちりしつつ軽い食感。約400度で素早く焼き上げたピザは、耳までおいしいモチモチ食感。カルツォーネを切ると、中から熱々チーズがとろ~り。この本格的な味がワンコインからいただけるというリーズナブルさも魅力のひとつ。

カウンター席もあり、1人でも気軽に入りやすい雰囲気だ。中に入ると、クジラモチーフの石窯がお出迎え。石窯クジラの表情は日によって変わることも!?

(Hanako1123号掲載/photo:Mariko Tosa text:Eri Tomoi)

PIZZERIA ENZO

PIZZERIA ENZO

  • ピッツェリア
  • 浅草橋駅

2.ピザのプロが作り出す本場の味わい〈Lupi32〉/阿佐ヶ谷

国際的なピッツァのコンクールで優勝した経験を持つスゴ腕店主、志賀和馬さんのお店。おすすめは、ナポリピッツァの定番「マルゲリータ」1,300円。グラスワイン600円~。20種ほど抜栓。

ナポリの伝統的なピッツァ作りを継承しつ、日本人の体に合うよう軽やかにアレンジしている。ワインはソムリエが厳選。

(Hanako1121号掲載:photo:Shin-ichi Yokoyama text:Mutsumi Hidaka edit:Kei Sasaki)

Lupi32

Lupi32

  • イタリアン/ピッツェリア/ワインバー
  • 阿佐ヶ谷駅

3.ポップなバスが目印の本格ピザ〈GARAGE50〉/吉祥寺

薄く伸ばしたローマ風スタイルだが、生地にもち粉を加え、1日寝かせてから石窯で焼くため、サクッモチッの独特な食感がクセになる。バジルソースに、イカ、タコ、エビなどの魚介がのった「バジルシーフード」をはじめ、ピッツァは全品500円。

吉祥寺のヨドバシ裏にあるピッツァ専門店は、ガレージに停まったワーゲンバスと「50」と書かれた標識風看板が目印。限定商品を含め、全24種類のピッツァをそろえる。

(Hanako1129号掲載/photo:Hiro Nagoya text:Emi Suzuki)

GARAGE50

GARAGE50

  • ピッツェリア
  • 吉祥寺駅
編集部

ひとりでも、シェアしても美味しいピザをもっと開拓したい!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る