パリ時代から愛用。イヴァン・ペリコリとブノワ・アスティエ・ド・ヴィラットがデザインする白の陶器などが人気の〈アスティエ・ド・ヴィラット〉。こちらの小皿はパリのショップで購入したもの。
2022.07.29

第46回 散歩のレシピ 表参道〈Dgs Phytreat〉の店主・梅屋香織さんへ会いに。

料理家・なかしましほさんが、気になるお店とその方に会いに行く本誌連載「散歩のレシピ」。今回は今年3月に東京・原宿にオープンしたハーブがメインのコンセプトドラッグストア〈Dgs Phytreat〉へ訪れました。
日ごろの悩みを聞きながら問診。
日ごろの悩みを聞きながら問診。

「なんとなく調子が悪いな」というときは、まず食事を見直し、それでも改善しないときの私の味方といえば漢方やハーブ。今回は店主であり同郷の新潟出身である、梅屋香織さんのお話です。

梅屋さんは新潟の薬科大学を卒業したあと、10年間薬剤師とし働き渡仏します。そして、2016年から2020年までフランスの伝統的な薬草店〈エルボリストリ・デュ・パレロワイヤル〉で、フランス植物療法士として働いていました。「フランスでは病院の予約がとりにくい事情があり、大人も子供も、ちょっとした不調なら薬草店でハーブを調合してもらいます」と梅屋さん。いつも薬草店は、体の悩みを訴える人でいっぱいだったそうです。

梅屋さんいわく、新鮮なハーブほどパワーがあるそうだ。
梅屋さんいわく、新鮮なハーブほどパワーがあるそうだ。

ハーブの調合は日本ではめずらしいのですが、梅屋さんが明るく対応してくださるので、全く心配いりません。からだの不調、肌の調子など、その人のオーダーに合ったハーブを調合してくれます。お店の奥には各種のハーブが入ったお茶箱が並び、ふたを開けるだけで、ふんわりと香りが漂います。私は少し頭痛や目の疲れがあるので、フィーバーフューやロティエ、ヤロウ…といった10種のハーブを調合していただくことに。

なかしまさん用に調合されたハーブ。なかしまさんを問診してブレンドしたもの。ブレンド技術は経験のなせる業。どのハーブでも共通で、100g 4,860円。
なかしまさん用に調合されたハーブ。なかしまさんを問診してブレンドしたもの。ブレンド技術は経験のなせる業。どのハーブでも共通で、100g 4,860円。

現在、家では毎朝スプーン1杯、じっくり煮出していただいてます。漢方でも煮出す(煎じる)飲み方と粉末タイプがありますが、違いはコーヒーのハンドドリップとインスタントのような違いだとか。ハーブのよい香りがキッチン中に広がって、今では煮出すのが日々の楽しみとなっています。
そして、気になる効き目といえば、即効性よりはゆっくりと心身を整えてくれる印象です。

ハーブの薬局という新たな分野で、日本での活躍を始めた梅屋さん。同郷の方がこんなすてきなお仕事をされてるなんて、目下、みんなに自慢したい出来事の一つなのです。

梅屋さんが薬局で活用しているもの。

体にいいおやつ。デーツ、カシューナッツなどが入った〈AMBESSA&CO〉のトロピカル・ボンボン1,080円。自然の甘みが軽やかなおやつ。体にいいものが詰まってます。
体にいいおやつ。デーツ、カシューナッツなどが入った〈AMBESSA&CO〉のトロピカル・ボンボン1,080円。自然の甘みが軽やかなおやつ。体にいいものが詰まってます。
梅屋さんの著書とおすすめの本。右・梅屋さんの『ハーブではじめる植物療法の手引き』(グラフィック社)は未病対策に。左・おすすめの『フランスの日々の暮らしごと365日の小さな幸せ』(祥伝社)。
梅屋さんの著書とおすすめの本。右・梅屋さんの『ハーブではじめる植物療法の手引き』(グラフィック社)は未病対策に。左・おすすめの『フランスの日々の暮らしごと365日の小さな幸せ』(祥伝社)。
キッチンでも活躍。薬局で使っている道具、スコップやホーローのボウルなど、家庭でも活躍しそうな日用品ばかり。ハーブが映えるように白いボウルを用意。写真を撮る人が多いそうだ。
キッチンでも活躍。薬局で使っている道具、スコップやホーローのボウルなど、家庭でも活躍しそうな日用品ばかり。ハーブが映えるように白いボウルを用意。写真を撮る人が多いそうだ。
遠方でなかなか薬局に足を運べなくても、梅屋さんのブレンドした植物茶をオンライン(https://dgsphytreat.square.site/)で購入することができる。
遠方でなかなか薬局に足を運べなくても、梅屋さんのブレンドした植物茶をオンライン(https://dgsphytreat.square.site/)で購入することができる。
見た目も美しい道具。ハーブの粉末や花が舞ったときにテーブルを掃除するハケとスコップは日本のインテリア雑貨メーカー、ダルトン社製のもの。https://www.dulton.jp/onlineshop/
見た目も美しい道具。ハーブの粉末や花が舞ったときにテーブルを掃除するハケとスコップは日本のインテリア雑貨メーカー、ダルトン社製のもの。https://www.dulton.jp/onlineshop/
パリ時代から愛用。イヴァン・ペリコリとブノワ・アスティエ・ド・ヴィラットがデザインする白の陶器などが人気の〈アスティエ・ド・ヴィラット〉。こちらの小皿はパリのショップで購入したもの。
パリ時代から愛用。イヴァン・ペリコリとブノワ・アスティエ・ド・ヴィラットがデザインする白の陶器などが人気の〈アスティエ・ド・ヴィラット〉。こちらの小皿はパリのショップで購入したもの。
体にいいおやつ。デーツ、カシューナッツなどが入った〈AMBESSA&CO〉のトロピカル・ボンボン1,080円。自然の甘みが軽やかなおやつ。体にいいものが詰まってます。
梅屋さんの著書とおすすめの本。右・梅屋さんの『ハーブではじめる植物療法の手引き』(グラフィック社)は未病対策に。左・おすすめの『フランスの日々の暮らしごと365日の小さな幸せ』(祥伝社)。
キッチンでも活躍。薬局で使っている道具、スコップやホーローのボウルなど、家庭でも活躍しそうな日用品ばかり。ハーブが映えるように白いボウルを用意。写真を撮る人が多いそうだ。
遠方でなかなか薬局に足を運べなくても、梅屋さんのブレンドした植物茶をオンライン(https://dgsphytreat.square.site/)で購入することができる。
見た目も美しい道具。ハーブの粉末や花が舞ったときにテーブルを掃除するハケとスコップは日本のインテリア雑貨メーカー、ダルトン社製のもの。https://www.dulton.jp/onlineshop/
パリ時代から愛用。イヴァン・ペリコリとブノワ・アスティエ・ド・ヴィラットがデザインする白の陶器などが人気の〈アスティエ・ド・ヴィラット〉。こちらの小皿はパリのショップで購入したもの。

今回訪れたのは、表参道〈Dgs Phytreat〉(ドラッグストアフィトリート)

DMA-_2AB0963

ハーブのブレンド、ティザンヌプレンドオーダー100g 4,860円、200g 8,750円。ハーブティーも揃う。
■東京都渋谷区神宮前4-26-27 ルシード神宮前1F
■03-6679-2216
■10:00~19:00 日月火休

Text なかしましほ

出版社勤務の後、ベトナム料 理店などを経て料理家に。2006年に〈foodmood〉をオープン。体によい素材のお菓子が評判に。著書に『たのしいあんこの本』(主婦と生活社)が。

Photo 長野陽一

ながの・よういち/日本の島を撮り続ける写真家。書籍、広告、CMでも活躍。独特の世界観の料理写真にはファンが多い。食べ物をまとめた本として『長野陽一の美味しいポートレイト』がある。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る