「古典菓子の雰囲気を残しながら凛とした姿でしゃんとしている」( 嶋田祥子 )
2022.02.03

ときめく!スイーツ大賞【ケーキ部門】 今年食べるべき『ミルフィーユ』4選。片手で食べられる新形のナポレオンも登場!

昨年1月にスタートした「ときめく!スイーツ大賞」も数えること3回目!今回も、Hanakoが信頼する20名のスイーツエキスパートを審査員に迎えて、この1年を代表し、これからのスイーツ業界を牽引するであろう極上の逸品を16ジャンルから選出しました。その数、全部で100品!どれも粒ぞろいです。さて、今回はどのような甘美なスイーツが並ぶのか。受賞作の発表です!今回ご紹介するのは、【ケーキ部門】よりミルフィーユ。サクサクとしたパイ生地にクリームを挟んだフランス伝統の素朴な菓子がリバイバル。ホテルのペストリーや人気の新店がエントリー。

1.〈GARIGUETTE〉のナポレオン/表参道

「ザクザクでフルーティ大きくても軽くいけます」(chico)
「ザクザクでフルーティ大きくても軽くいけます」(chico)

「ミルフィーユを上手に食べられない」という悩みを払拭する、片手で頬張れる形が新しい。特注のプレスマシンでの生地の焼き上げ、オーブンでのキャラメリゼ、クリームやフルーツのトッピングまでオープンキッチンで行う。スペシャリテのナポレオン1,200円のみアーモンド生地を使用。

〈GARIGUETTE〉
■東京都港区北青山3-7-2 FPGlinks OMOTESANDO2 1F
■03-6805-0430
■11:00~19:00(イートインの最終入店は~18:30)不定休
■24席

2.〈ラ・パティスリー by アマン東京〉のミルフィーユフランボワーズ/大手町

「古典菓子の雰囲気を残しながら凛とした姿でしゃんとしている」( 嶋田祥子 )
「古典菓子の雰囲気を残しながら凛とした姿でしゃんとしている」( 嶋田祥子 )

「カスタードとパイ生地の味わいに、フワンボワーズのジャムが王道ながらおいしい」(嶋田さん)。昨年10月にオープンした〈アマン東京〉のペストリーショップは、〈ザ・ラウンジbyアマン〉のアフタヌーンティーも監修する宮川佳久さんが、伝統のフランス菓子をてらいなく作っている。800円。

〈ラ・パティスリー by アマン東京〉
■東京都千代田区大手町1-5-6大手町タワーOOTEMORI B2
■03-5224-3339
■7:00~20:00(土日祝10:00~19:00)無休
■12席

3.〈フォーシーズンズホテル丸の内 東京〉のレモンカードミルフィーユ/丸の内

〈フォーシーズンズホテル丸の内 東京〉のレモンカードミルフィーユ/丸の内
「交互に絞ったレモンカードとカスタード、パイ生地の対比が楽しい」( 平岩理緒 )
「交互に絞ったレモンカードとカスタード、パイ生地の対比が楽しい」( 平岩理緒 )
〈フォーシーズンズホテル丸の内 東京〉のレモンカードミルフィーユ/丸の内
「交互に絞ったレモンカードとカスタード、パイ生地の対比が楽しい」( 平岩理緒 )

昨年6月にオープンしたレストラン〈MAISONMARUNOUCHI〉の名品がテイクアウトボックス(3つ入り)6,480円に。「イギリス出身の総料理長、ダニエル・カルバートさんらしく、イギリス菓子でおなじみのレモンカードを使っているのがポイント」(平岩さん)。

〈フォーシーズンズホテル丸の内 東京〉
■東京都千代田区丸の内1-11-1パシフィックセンチュリープレイス丸の内 フォーシーズンズホテル丸の内東京7F
■03-5222-5880
■6:30~22:15 無休
■38席

3.〈ホルン〉のミルフィーユ/代々木八幡

「シンプルでいて記憶に残る ミルフィーユの理想型」( chico )
「シンプルでいて記憶に残る ミルフィーユの理想型」( chico )

フィユタージュ(パイ生地)は香ばしく、「しっかりしつつ繊細で軽く砕ける」(chicoさん)。550円。ここは昨年4月に開店した、渋谷周辺で人気の〈アルル〉、〈ヨヨナム〉などの姉妹店。いずれもフレンチをベースにする店で、そこで人気のケーキやパンも購入できる。14時から販売するクレープも人気。

〈ホルン〉
■東京都渋谷区上原1-2-1
■03-6804-8265
■9:00~19:00(売り切れ次第終了、イートイン~17:00)月休
■16席

4.〈パティスリーカメリア銀座〉のミルフィーユショコラ/銀座

「まるでショコラのようなチョコレート感のあるケーキ」( 嶋田祥子 )
「まるでショコラのようなチョコレート感のあるケーキ」( 嶋田祥子 )

昨年4月に伊勢丹新宿店もオープン。2020年のサロン・デュ・ショコラにて限定販売したミルフィーユショコラ(現在は終了)は、「クリームだけショコラなのではなく、パイ生地にもたっぷりのショコラが練り込まれている」(嶋田さん)。食べ応えMAXというミルフィーユは、バニラ風味の品が定番として販売されている。

〈パティスリーカメリア銀座〉
■東京都中央区銀座7-5-12ニューギンザビル8号館1F
■03-6263-8868
■12:00~21:00(土日祝~20:00)日休

CONTRIBUTORS/“スイーツエキスパート”な20人の審査員。

※ 50音順、敬称略
※ 50音順、敬称略
※ 50音順、敬称略
※ 50音順、敬称略
※ 50音順、敬称略
※ 50音順、敬称略

(Hanako1205号掲載/photo : Shu Yamamoto, Noriko Yoshimura text : Kahoko Nishimura, Atsuko Suzuki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る