人気レストラン〈ĂN CơM〉で、ハナコラボが日本酒×エスニックのマリアージュを体験!
【PR】2021.12.28 — Page 3/3

岡山県備前地域の酒米「雄町」の地酒の魅力とは!? 人気レストラン〈Ăn Cơm〉で、ハナコラボが日本酒×エスニックのマリアージュを体験!

「こんなに色々な料理に合うとは思わなかった!雄町の日本酒にはまりそうです」(児島さん)

人気レストラン〈ĂN CơM〉で、ハナコラボが日本酒×エスニックのマリアージュを体験!

「温度によって合わせる料理を変えるのは新鮮でした。仕事柄よく飲むカクテルは材料を混ぜ合わせて旨みと酸味を作るけど、日本酒はそのままで表現できる。今回体験した3種類すべて味わいが違って、どれもおいしかったです。大越さんのおっしゃる通り“旨み”は共通していて、軽やかで華やかな旨みもあれば、温めると深い旨みに変わるものもある。雄町のお酒は造られる方によって味が変化しておもしろいです。大変育てづらいだけでなく、やわらかく水に溶けやすいため酒造りもむずかしい酒米だと聞いて、農家や蔵元の方たちは志が高いんだろうな、そういう方々の造るお酒はぜひ飲みたいなと心から思いました。雄町の地酒っていうだけで間違いないですし、通ぶれそう(笑)。ぜひいつか、岡山にも足を運んでみたいです」(児島さん)。

岡山県備前地域「雄町」の地酒に注目!

ずらりと並んだ岡山県備前地域の地酒。
ずらりと並んだ岡山県備前地域の地酒。

日本最古の混じりけのない原生品種の酒米・雄町。岡山県は生産量が全国の90%以上を占めており、そのほとんどが備前地域で栽培されています。今回紹介した3つのほか、備前には雄町の地酒を作る蔵元がたくさん。各酒造の公式ホームページにはオンラインショップもあるため、気になる人はぜひチェックしてみて。個性豊かな雄町の地酒、あなたもお気に入りの1本を見つけてみては?

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る