〈お宮横丁〉
2021.12.12

やっぱり、麺が好き。 【全国】旅行に行ったら必ず押さえたい「ご当地麺」8選。鉄板B級グルメを食べに行こう!

旅の楽しみといえば“グルメ”。各地域で食べられる麵グルメは美味しいうえに、価格帯もリーズナブルなため大人気です。旅先でもお気に入り麺グルメをチェックしてみて!

1.〈自家製うどん うどきち〉の「肉そば」/埼玉

〈自家製うどん うどきち〉の「肉そば」/埼玉

我が道を突き進むとして、うどん界ではちょっと有名な店主の倉田將昭さん曰く、「ラーメンではないけれど、うどんでもない(=当然そばでもない)」といっても禅問答ではない。使う小麦粉は、ふっくらとした弾力が特徴の国産のうどん用粉。さらに、香り高い全粒粉と中華麺特有の風味を生むかんすいも加わる。その芳香は、濃厚な煮干しスープにたっぷりくぐらせてこそ花開く。まず鼻腔に広がるのは、親しんだ中華麺のテイスト。続いて、うどんらしいリッチな弾力に迎えられる。2つの魅力が同時に味わえる、うれしい驚きがそこにあった。

(Hanako1161号掲載/photo : Shinichiro Oroku text : Kon Inoue)

2.〈割烹楓〉の「ふかやカレーやきそば」/埼玉

〈割烹楓〉の「ふかやカレーやきそば」/埼玉

普段のランチから宴会まで地元に幅広く親しまれ、メニューも選びきれないほど多種多様。漬物やドレッシングまで手作りなのは、地産野菜を余すところなく使いたいという愛情から。

「ふかやカレーやきそば」600円のアクセントは、ネギを漬けた「ネギラッキョ」。ジャガイモもごろっと入っている。

〈割烹楓〉
■埼玉県深谷市大塚334
■048-587-3260
■40席(ほか宴会場あり)/喫煙

(Hanako1161号掲載/photo : Maruo Kono text : Kahoko Nishimura)

3.〈手打ち蕎麦うどん 玉川〉の「くるみだれ蕎麦」/長野

〈手打ち蕎麦うどん 玉川〉/渋温泉

創業82年、三代目が腕を振るう。

くるみだれそば(写真、1,100円)のほか、ブラックペッパー×和風だしの信州産ぶなしめじきのこそばや鴨南ばんそばも。

〈手打ち蕎麦うどん 玉川〉
■長野県下高井郡山ノ内町渋温泉2178
■0269-33-2252

(Hanako1168号掲載/photo : Kazuharu Igarashi text :Hiroko Yabuki)

4.〈お宮横丁〉の富士宮やきそば/静岡

〈お宮横丁〉

富士宮に来たのなら、浅間大社の目と鼻の先にある“お宮横丁”で、ご当地グルメといきましょう。通りにひしめき合う10軒ほどの小さな名店は、名物富士宮やきそばに富士山餃子、静岡おでんにあんみつ…と、ニクい看板ばかり。どれにするか迷っちゃう。

〈お宮横丁〉
浅間大社から徒歩3分!スイーツもあります。
■静岡県富士宮市宮町4-23
■0544-25-2061
■10:00〜17:30(夏季は18:00まで)

(Hanako特別編集 合本・完全保存版『幸せをよぶ、神社とお寺。』掲載/photo:Masako Nakagawa text:Shiho Nakamura)

5.〈サンメンバーズカントリークラブ〉のほうとう/山梨

さきさえ連載 第44回

山梨といえば「ほうとう」が有名。冬になるとほうとうメニューが充実しています。今回ご紹介するのは、定番の「かぼちゃほうとう」ではなく、イタリアンな「トマトチーズほうとう」。興味本位で頼みましたが、とてもおいしかったです。

(text&photo:Sae Nishino)

6.〈和食 香穂〉のにゅう麺/京都

DSC2957-768x768

「例えばうどんは細くて柔らかいのが特徴やけど、これがおいしいだしをよく吸ってくれるんです。うどんに次ぐ定番になりそうなにゅうめん(温かい素麺)も同じように、主張しすぎず、だしを引き立てるのがいい。九条ねぎに限らず、ねぎとの食感の対比も面白い!」。

素麺に隠れた陰の主役は利尻昆布と花かつおでひいただし。たっぷりの九条ねぎも特徴。「上等なだしを味わう一杯」

(Hanako特別編集『Hanako TRIP ひみつの京都 完全版』掲載/photo : Noriko Yoshimura (P.92), Hiroshi Matsui (P.93), Board of Boys’ Day off (P.94))

7.〈ふくすけ〉の「伊勢うどん」/三重

DMA-_O0A6410

長旅で疲れた胃腸にも負担のないようにと太麺を柔らかく茹でたという伊勢うどん。

甘口醤油でいただくこちらの伊勢うどん500円(税込)は土日は1日1,200杯を超えて売れるという。

(Hanako1148号掲載/photo : Satoshi Nagare text : Yuto Takahashi)

8.〈あやうた製麺〉のオリーブ牛肉ぶっかけ/香川

オリーブ牛を使ったうどんも!
オリーブ牛を使ったうどんも!

今回訪問した〈あやうた製麺〉は、田園風景が広がる抜群のロケーション、納屋を改装した風光明媚な環境でおいしいうどんが食べられると評判の名店です。

野菜や米は産直品や近所の農家から仕入れた品を使用するなど、地元とのつながりも大切にしています。
軒先でうどんを受け取って、席でトッピングをして食べる「セルフ」タイプのお店で、本場香川スタイルのうどんを味わってみては?

〈あやうた製麺〉
■香川県丸亀市綾歌町岡田西 1785
■0877-86-3993
■11:00〜14:00
■金休

(photo&text:Riho Nakamori)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る