人形町 芳味亭
2020.11.24

熱々のたい焼きを持って街ブラ。 【人形町】「甘酒横丁」で一度は食べたい名物グルメ3選!東京観光や散歩にはずせないおすすめスポット。

風情溢れる街並みが楽しい人形町は都内で人気のエリア。そんな人形町でも特に人気なスポットが「甘酒横丁」。美味しそうなお店が沢山軒を連ねています。今回はそんな甘酒横丁でも一度は食べたい名物グルメをご紹介!

1.〈鳥忠〉の「親子焼」

親子焼(右)1,112円。新鮮な卵と秘伝のだしで焼くプレーンの玉子焼に、鶏ひき肉と刻んだ三つ葉を入れた、1日限定30本のスペシャルな玉子焼。

鴨レバーペースト(左)510円。鶏よりもややクセのある鴨レバーを、食べやすく仕上げたペースト。
親子焼(右)1,112円。新鮮な卵と秘伝のだしで焼くプレーンの玉子焼に、鶏ひき肉と刻んだ三つ葉を入れた、1日限定30本のスペシャルな玉子焼。 鴨レバーペースト(左)510円。鶏よりもややクセのある鴨レバーを、食べやすく仕上げたペースト。

江戸時代は歌舞伎小屋やお茶屋などでにぎわっていた、日本橋人形町。鶏肉専門店〈鳥忠〉が創業したのは、日本橋川に架かる現在の〝日本橋〟が完成した年。関東の玉子焼は甘みが強く、関西はだしがきいてしょっぱいのが主流といえるが、〈鳥忠〉の玉子焼は甘じょっぱくて、だしもたっぷりな、いいとこ取り。焼きたてのふわふわとした食感は格別だけれども、一晩おいてしっとりと落ち着いた味わいも捨てがたい。この玉子焼から派生したのが、昔から変わらない秘伝だしを使った、鶏ひき肉入りの「親子焼」だ。

〈鳥忠〉
■東京都中央区日本橋人形町2-10-12 
■03-3666-0025 
■9:00~19:00(土~18:30) 日祝休

(Hanako1177号掲載/photo : Nao Shimizu text :Akane Watanuki edit : Seika Yajima)

2.〈柳屋〉の「高級鯛焼き」

「高級鯛焼き」1個 160円(各税込)
「高級鯛焼き」1個 160円(各税込)

3代目のご主人が営む、創業100年を超える老舗。看板の鯛焼きには当日炊きの餡だけを使う。北海道・十勝産の小豆を、昼からの営業に向け早朝から4時間かけてじっくりと炊く。焼きたてはパリッと、時間が経つとふわっとする皮は、卵を使わず小麦粉と砂糖だけ。ほんの少しの膨張剤を加えることが美味の秘訣とか。

シンプルで飽きない味だけに毎日並ぶ常連客も多い。

(Hanako『ふだんづかいの大銀座』掲載/photo : Kayoko Aoki text : Kimiko Yamada)

3.〈芳味亭〉の「ビーフスチュー」

「ビーフスチュー」は創業者がホテルでの呼び方をそのまま使ったことに由来。〈人形町今半〉の黒毛和牛スネ肉を使用。2,592円。ランチ1,944円~、ディナーコース5,400円~(2名より・各税込)。
「ビーフスチュー」は創業者がホテルでの呼び方をそのまま使ったことに由来。〈人形町今半〉の黒毛和牛スネ肉を使用。2,592円。ランチ1,944円~、ディナーコース5,400円~(2名より・各税込)。

昭和8年、横浜ニューグランドホテルで洋食を学んだ創業者・近藤重晴シェフが開店。ホテル仕込みの丁寧な仕事を受け継ぎ、現在は5代目の社長が店を担う。

2018年12月に移転リニューアルし、洋風の一棟建てになった店内では、名物の「ビーフスチュー」をはじめ、カニクリームコロッケやハヤシライスなど、創業当時からのロングセラーがグレードアップして登場。

(Hanako『ふだんづかいの大銀座』掲載/photo : Kayoko Aoki text : Kimiko Yamada)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る