大人女子のカフェ巡りに。本格ラテに出会える日本茶専門店5軒【東京】
2020.06.20

“茶バリエ”のいるカフェも。 大人女子のカフェ巡りに。本格ラテに出会える日本茶専門店5軒【東京】

濃厚な日本茶とミルクの組み合わせがたまらない、日本茶ラテ。大人女子たちにも大人気のメニューです。今回は、お茶好きモデル・木村ミサさんがおすすめする都内の日本茶専門店をご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.本気のラテや衝撃のパンに出会える!?NEWオープン〈CHAYA 1899 TOKYO〉/新橋

〈CHAYA 1899 TOKYO〉

〈CHAYA 1899 TOKYO〉は、「お茶」がテーマのブティックホテル〈HOTEL 1899 TOKYO〉の1階にオープン。「街の茶屋で、ゆるやかな時間を日常に」をコンセプトとし、和モダンでカジュアルな落ち着きのある日本茶専門店です。入口からふわっと抹茶の良い香りに魅せられ、中央のキッチンではフードメニューの用意やお茶を点てているところが見えるなど視界は良好。既製品を使わず、オリジナルで和傘や縁側をイメージした空間デザインは、ゆったりできそうな予感大。

〈CHAYA 1899 TOKYO〉
「濃茶ラテ」

「濃茶ラテ」という名の通り、たっぷりの抹茶を使って作るのが特徴で、抹茶の量を3g〜6gまで選ぶことができるので自分好みのMy濃茶ラテを作ることができる。抹茶本来の味をしっかり楽しんでもらうため、抹茶とミルクのみで作っているのが抹茶好きにはたまらない、本気の「濃茶ラテ」なのです。私は抹茶4gでいただきます。

〈CHAYA 1899 TOKYO〉
「和紅茶ラテ」 

最近ハマッている和紅茶のメニューがあったので。通常より2倍の茶葉に半分の水の量で抽出時間は2倍と、急須でとっても濃く出した和紅茶とミルクのラテ。和紅茶は海外の紅茶より優しい香りと味が特徴ですが、しっかり抽出することによってやぶきた産の和紅茶の香りをしっかり感じることができる。口当たりはまろやかで優しい中に和紅茶独特の茶葉の香りを感じることができる新感覚でお上品なラテ。ミルクティー好きな方にはぴったりハマること間違いなしの一杯です。

〈CHAYA 1899 TOKYO〉
■東京都港区新橋6-4-1 ホテル1899東京1F
■03-3432-1890
■11:30~21:00(LO20:30)無休

3.様々なスタイルの日本茶を楽しめる日本茶専門店〈八屋〉/千駄ヶ谷

〈八屋〉/千駄ヶ谷

北参道・千駄ヶ谷エリアは、来たる2020年の東京オリンピックに向けて、賑わいを見せているエリア。私も個人的によく通う馴染みのあるエリアで見つけた〈八屋〉という日本茶専門店。不動産屋さんが建物一棟をプロデュースし、初の飲食業界に踏み込んだ第一歩として日本茶スタンドカフェをオープン。日本茶インストラクターや元バリスタさんが毎回厳選した茶葉で考えて作るお茶メニューの魅力に惹きつけられた私は、もっと深く魅力を知りたくなったのです。

千駄ヶ谷 八屋
「ほうじ茶ラテ」

初めてここを訪れた日、ほうじ茶ラテを知り合いへ差し入れに持って行ったところ「美味しすぎる!」との声を聞き、その日のうちに自分用にリピート来店。そして、私のお気に入りになった〈八屋〉のほうじ茶ラテ。こちらのアイスほうじ茶ラテは粉末にしたほうじを抹茶と同じように1杯1杯点てているので、ふわっとほうじ茶の香りを楽しめるのが特徴です。元々バリスタだったスタッフの方もいらっしゃるので、ラテの見た目も美しい…。飲み心地はスッキリながら、ほうじ茶の香りを堪能できるのでスルスルと飲めてしまう。いつも頼んで駅に着くまでのほんの数分で飲み干しちゃうくらい大好きな味。

〈八屋〉
■東京都渋谷区千駄ヶ谷4-1-8
■03-6368-6647
■9:00~19:00(18:45L.O)土日祝休

4.”抹茶”の魅力をカジュアルに伝える。築地の老舗海苔専門店が手がける〈MATCHA STAND MARUNI〉/築地

〈MATCHA STAND MARUNI〉/築地

知れば知るほどお茶は、”ジャパニーズティー”として世界に浸透してきていることを実感している。中でも抹茶は英語表記の”MATCHA”として今ニューヨークなどでは専門店ができるほどブームで、日本にきた観光客も抹茶を求めてくる人が多いのだそう。築地という街は今すれ違う人の多くが観光客で賑わっている町です。築地といえば、お魚!となりがちですが実はお茶屋さんも多かったりするのです。今回は日本人にも外国人にもおすすめしたいおすすめの抹茶がいただけるお店〈MATCHA STAND MARUNI〉を訪れました。

〈MATCHA STAND MARUNI〉/築地
MATCHA STAND MARUNI

実際に目の前で見る事によりさらに抹茶のことが好きになっていく、という最高にボルテージが上がった状態で一口飲んでみる。濃厚な抹茶の味がしっかりと主張してくる。同時にミルクとサトウキビから作られたきび糖シロップの甘みが更に抹茶の良さを教えてくれる。抹茶は、石臼挽き宇治抹茶を使用。濃厚で爽やかな後味に、猛暑の中の取材だった私は思わず撮影を忘れてついつい一気飲み…!(すみません)それくらい飲みやすく夏場にもぴったりなラテなのです。

〈MATCHA STAND MARUNI〉
■東京都中央区築地4丁目14番18号 妙泉寺ビル101
■03-6264-3835
■9:00〜15:00 水・日・祝休

5.奥代官山の日本茶スタンドでいただくこだわりのお茶。〈TEA BUCKS〉/代官山

TEA BUCKS

代官山駅から住宅街へと歩いて行くとヒョンと現れた隠れ家的なお店。ヘアサロンが2階で、その路面に〈TEA BUCKS〉はあります。元々〈TEA BUCKS〉の店主がバックパッカーとして世界を旅している時に、ヘアサロンのオーナーと南米で出会った縁から一緒にお店を始めることになったそう。素敵な巡り合わせってあるんですね。そして私がここを知ったきっかけが、そのオーナーの悠馬さん。私が上京して、初めて一緒に撮影をしてくれた方なのです。巡り合わせのパワー!ありがとうお茶!

TEA BUCKS

今回一番気になったのが、「紅ほうじ茶ラテ」。紅ほうじ茶とは、紅茶・烏龍茶風味を持った高発酵させた茎を焙じて、そこに完全発酵させた紅茶をブレンド。よって、烏龍茶・ほうじ茶のそれぞれの美味しいところを厳選してブレンドさせた、“いいとこ取り”なお茶なのです。茎を焙じているのでカフェインも大きくカットされているのもありがたい。

〈TEA BUCKS〉
■東京都渋谷区恵比寿西2丁目12−14
■日・火〜土曜日 11:00〜23:00

(photo:Kenichi Kurosaki text:Misa Kimura)

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る