テイクアウトできる絶品カツサンド8選!【銀座】「東京とんかつ会議」のマッキー牧元さんが厳選。
2020.04.26

歴史を刻むカツサンドは大銀座にありました。 テイクアウトできる絶品カツサンド8選!【銀座】「東京とんかつ会議」のマッキー牧元さんが厳選。

誰もが思わず頬ゆるむおいしさ。 柔らかな肉の旨みに、サクッとした軽い衣の食感、店独自のソース、それらを抱擁するかのように優しく包み込むこだわりのパン。いくつもの〝おいしい〞要素がマッチングしたカツサンドは、まさに総合芸術。銀座には多彩なジャンルの店が豊富で、その店の多くがメニューにカツサンドをラインナップしています。今回、選者をお願いしたタベアルキストのマッキー牧元さんは「東京とんかつ会議」の評議員を務めるほど、とんかつラヴァーな人物。名店・実力店がひしめきあう銀座のなかで、マッキー牧元さんが絞りに絞って推薦してくれたテイクアウト可能なカツサンドを一挙公開。本物の味わいを一度、ご体験あれ!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.ビフカツ文化圏大阪の誇り。長年育ててきた黄金比!〈新世界グリル梵 銀座店〉の「極上ビーフヘレカツサンド」

新世界グリル梵 銀座店
「極上ビーフヘレカツサンド」1,100円(4切れ、税込)

鶏ガラをベースにウスターソースや数種類の野菜と果物を加えて約1週間寝かせたソースは、まろやかな味わい。厳選した牛フィレ肉をレアに揚げたカツとの黄金比が味の決め手。「大阪のヘレカツ文化が銀座でも味わえる」。

〈新世界グリル梵 銀座店〉
■東京都中央区銀座7-14-1
■03-5565-3386
■11:00〜21:00 日祝休

2.上質な甘みとエレガントなルックスが大人の証。〈Bar THE HAMILTON〉の「プレミアムロースカツサンド」

Bar THE HAMILTON 銀座
「プレミアムロースカツサンド」2,240円(税込)。※事前に要予約

サクッと軽く噛みしめるとサシの入った十勝産のかみこみ豚の甘みが広がる。肉厚のカツとしっとりパンの相性も絶妙。「断面の表情も美しく最もエレガントなカツサンド」。

〈Bar THE HAMILTON〉
■東京都中央区銀座7-8-14 銀座108ビル 5F
■03-5537-1860
■17:30〜4:00(土〜24:00)日祝休

3.東銀座の実力派とんかつ店。輝くロゼ色の断面に食欲増幅。〈にし邑〉の「ヒレかつサンド」

にし邑 銀座
「ヒレかつサンド」900円(税込)。※前日14時までの要予約

特注のパンで挟んだカツはサラダ油で揚げるため、ヘルシーで軽やかな味わいだ。柔らかで脂身の少ないフィレ肉を使用。スパイシーな自家製とんかつソースが味を一層引き立てる「。ロゼ色に輝くカツが幸せを運ぶ」。

〈にし邑〉
■東京都中央区銀座3-12-6
■03-5565-2941
■11:00〜14:30、17:30〜21:00 土日祝休

4.コーヒーと一緒に優雅につまみたいカツサンド。〈イノダコーヒ 東京大丸支店〉の「ビーフカツサンド」

イノダコーヒ 東京大丸支店
「ビーフカツサンド」2,061円(税込)

焼き目がついたトーストに、厚みのあるビーフカツ。ベーコン付きのちょっと豪華なカツサンド。「薫香漂うベーコンと豊かな肉の甘み、ソースが渾然一体となって初体験の味わいに」。

〈イノダコーヒ 東京大丸支店〉
■東京都千代田区丸の内1-9-1〈大丸東京店〉8F
■03-3211-0033
■10:00〜19:30LO(木金〜20:30LO)休みは施設に準ずる

5.行列必至のおいしい食パンととんかつの共演にうっとり。〈CENTRE THE BAKERY〉の「とんかつサンドイッチ」

CENTRE THE BAKERY 銀座
「とんかつサンドイッチ」1,800円

行列ができるベーカリーで、とんかつサンドイッチに使う食パンは、もっちりとした食感のプルマン。揚げたカツは甘くて柔らかで、キャベツの食感がアクセント。「おいしいパンとカツの共演にうっとりする」。

〈CENTRE THE BAKERY〉
■東京都中央区銀座1-2-1 東京高速道路紺屋ビル 1F
■03-3567-3106
■10:00〜19:00LO 月休(月が祝の場合は営業、火休)

6.銀座のとんかつ文化を牽引した老舗の品性香るカツサンド。〈とんかつ銀座 梅林本店〉の「元祖ヒレカツサンド」

とんかつ銀座 梅林本店
「元祖ヒレカツサンド」860円(4切れ)※事前予約がおすすめ

銀座初のとんかつ専門店として知られる同店のヒレカツサンドは、ほどよい厚みのルックスで銀座らしく上品。さっぱりと柔らかなカツとしっとりしたパンに特選とんかつソースが染み込む。「ひと口ごとにすっとなじむ味わい」。

〈とんかつ銀座 梅林本店〉
■東京都中央区銀座7-7-10
■03 -3571-0350
■11:00〜20:45LO 元日休

7.昭和2年創業の老舗惣菜店。懐かしさあふれる庶民の味。〈チョウシ屋〉の「カツパン」

チョウシ屋 銀座
「カツパン」450円(税込)

こちらの魅力は、そのボリューム。1枚のカツを二段重ねにし、耳付きの食パンで挟んだカツパンの厚さは約5.6cm!甘めのオリジナルソースが染み込み、どこか懐かしい味わい。「良心価格がうれしい庶民の味方」。

〈チョウシ屋〉
■東京都中央区銀座3-11-6
■03-3541-2982
■11:00〜14:00、16:00〜18:00(売り切れ終了)土日月祝休

8.豚肉に敬意を払ったカツサンド界の貴公子。〈銀座イマカツ〉の「特選ヒレカツサンド」

銀座イマカツ
「特選ヒレカツサンド」2,200円(税込)。※要事前予約

どーんと厚みが目を引くロゼ色に揚がったヒレカツ。「ふんわりしたパンにサンドされた姿は品のある貴公子のよう」。素材を生かしたジューシーで食べ応えのあるとんかつ専門店のカツサンド。

〈銀座イマカツ〉
■東京都中央区銀座4-13-18
■03-3543-1029
■11:00〜15:30LO、18:00〜21:30LO(祝11:30〜20:30LO)日休

Navigator…マッキー牧元

まっきー・まきもと/『味の手帖』編集顧問のほか、数々のグルメ誌に執筆、テレビの出演も多数。全国津々浦々、立ち食いそばからフレンチ、居酒屋までジャンルにこだわらず、おいしいものを探し求めるタベアルキストにとって大銀座は「“おいしい”を満たしてくれる、楽しい街!」。

(Hanako1183号掲載/photo : Yoichiro Kikuchi styling : Shikiko Ishida text : Ryutaro Koizumi)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る