T’sレストラン 自由が丘
2020.03.03

子育てワークショップ開催のヴィーガンレストランも。 子連れにおすすめ!【自由が丘】ママ友・家族ごはんに使えるレストラン&カフェ4軒

人気居住エリア・自由が丘の、家族やママ友ごはんでおさえたい子連れにおすすめのお店とは?今回は、ランチやディナー、お茶まで、子供も喜ぶ自由が丘のレストラン・カフェ4軒をご紹介します。

1.〈T’s レストラン〉子供から大人まで、野菜を楽しもう。

季節によって野菜が変わる、彩り野菜のT’sサラダ レギュラー 1,250円、スモール 980円(ディナータイムのみ)。自家製ドレッシングで。
季節によって野菜が変わる、彩り野菜のT’sサラダ レギュラー 1,250円、スモール 980円(ディナータイムのみ)。自家製ドレッシングで。

肉や魚介類、卵や乳製品などを使用せず、野菜や大豆ミートなどで料理を提供。肉や魚が好きな人でも、その野菜料理のおいしさからつい店に足が向くそう。それぞれの野菜や豆のもつ風味やコク、食感を知り尽くして、そのおいしさを引き出している。料理だけでなく折り紙アートで子供を楽しませるなど、ホスピタリティにも定評が。子育てワークショップも開催しているので、ぜひ参加を。

〈T’s レストラン〉
■東京都目黒区自由が丘2-9-6 Luz自由が丘B1
■03-3717-0831
■11:00~22:00(21:00LO) 年末年始休
■40席/禁煙

2.〈MAGIE DU CHOCOLAT〉カカオ豆を味わい尽くす、シェフのアイデアが光る。

「マジドゥショコラ ガーナ63」417円はスイートな味わい。ミルキーなパプア35はお子さんにもオススメ。
「マジドゥショコラ ガーナ63」417円はスイートな味わい。ミルキーなパプア35はお子さんにもオススメ。

日本のビーントゥバー界で先駆けのショコラトリー〈バニラビーンズ〉にて研鑽を積んだ松室和海さんが独立。店頭には、シグネチャーである生チョコスフレ「マジドゥショコラ」や、カカオ豆とコーヒー豆から抽出したコーヒーなど、趣向を凝らしたオリジナルメニューがずらり。現在は約30地域からカカオ豆を仕入れ、産地や生産年ごとにレシピを調整。素材の特徴を生かした製法で、丁寧な仕事をしている。

〈MAGIE DU CHOCOLAT〉
■東京都世田谷区奥沢6-33-1 4 1 F
■03-6809-8366
■10:00~19:00(カフェ17:30LO) 火休
■6席/禁煙

3.〈鼎’s by JIN DIN ROU 自由が丘店〉小籠包なのにパリパリ!?名店が提案するNEO点心。

羽根つき焼小籠包 4個入り490円
羽根つき焼小籠包 4個入り490円

小籠包の名店〈京鼎樓〉の流れを汲む、小籠包ダイニングは広々とした店内で、子供連れも安心。羽根つき焼き餃子に着想を得た羽根つき焼小籠包と、小皿料理を楽しめる。このメニューのキモはつけダレ。陳章雄台湾総料理長が神戸で出会った酢味噌をアレンジしたタレに、香港ラー油がベストマッチ。香ばしい羽根とあふれ出す肉汁に、タレが絡んでたまらないおいしさ。好みの味にタレを調節しながら焼き上がりを待とう。

〈鼎’s by JIN DIN ROU 自由が丘店〉
■東京都目黒区自由が丘2-10-4 2F
■03-6421-3825
■11:30~15:30(15:00LO)、17:30~23:00(フード22:00、ドリンク22:30LO)、土日祝は15:30~17:30も営業 無休(ディナー火休)
■70席/禁煙

4.〈THE BANFF 自由が丘店〉仲間や家族と食べて、語って、くつろぐ穏やかな場所。

焼くのに最も適した最上級部位、国産牛のリブロースステーキ250g 3,980円。
焼くのに最も適した最上級部位、国産牛のリブロースステーキ250g 3,980円。

まるで大自然の中のログハウスにいるような、静かで落ち着いた雰囲気。特注の薪専用グリラーを設置したオープンキッチンでは、薪のはぜる音や揺らめく炎が非日常空間を作り出す。お子さんにも楽しんでもらえること間違いなし。自慢の料理は、遠赤外線効果の高い調理法で食材の旨味を引き出した薪火グリル。中でも一番人気は、国産牛のリブロースステーキだ。ジューシーで柔らかく、脂の濃厚な旨味が堪能できる。

〈THE BANFF 自由が丘店〉
■東京都目黒区自由が丘1-8-1 南ビル2F
■03-6421-2998
■11:30~15:00(14:30LO)、17:30~24:00(23:30LO) 火休
■24席/禁煙

(Hanako CITYGUIDE『自由が丘 百科事典』掲載/text: Satoko Nakano)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る