こゝろ 本郷三丁目
2020.02.19

喫茶店で、読書しよう。 連休はSNSデトックス!おひとりさま読書もはかどるゆったり喫茶店。【上野・本郷エリア】

レトロな喫茶店熱が再燃している今日この頃。コーヒーやスイーツを楽しむのもいいけれど、「読書」をするための喫茶店使いをしてみませんか?喫茶店初心者さんでもゆったりのんびりくつろげる、上野・本郷周辺の喫茶店をご紹介。

1.〈こゝろ〉/本郷

本郷三丁目 こゝろ

店名は夏目漱石の小説から。ご夫婦で切り盛りする喫茶店では、東大生のリクエストに応えたボリューミーなものが多々。もちろん、マスターこだわりのコーヒーも美味。

本郷三丁目 こゝろ

焼きそばや「ウインナーライス」などの庶民的なメニューと、昭和の味「クリームソーダ」をはじめ、フロート系などの幅広い飲み物を展開。「クリームソーダ」600円は、アイスの溶け具合が最高!

本郷三丁目 こゝろ

校舎の赤レンガと並木を望む2階の窓際席でのんびり過ごしたい。2階席を利用したい場合は、事前に電話で確認を。

(Hanako1150号掲載/photo : Michi Murakami text : Emi Suzuki)

2.〈名曲・珈琲 麦〉/本郷

甘めの卵焼きを挟んだ、フワフワ食感の「タマゴサンド」500円は、ポテサラとコールスロー付き。生クリームたっぷりの「アイスウィンナティ」450円
甘めの卵焼きを挟んだ、フワフワ食感の「タマゴサンド」500円は、ポテサラとコールスロー付き。生クリームたっぷりの「アイスウィンナティ」450円

階段を下りると店内が2つに分かれ、隠れ家感たっぷり。

ここはかつて“東大オーケストラの第2部室”と呼ばれたことがあるほど、多くの学生が音楽を楽しんできた名曲喫茶。

「自家製プリン」450円。なめらかな口当たりが人気。
「自家製プリン」450円。なめらかな口当たりが人気。

どこか懐かしい「自家製プリン」をはじめ、メニューも100種類以上と多彩で、追加オーダーして思い思いの時間を楽しむ人が多い。

(Hanako1150号掲載/photo : Michi Murakami text : Emi Suzuki)

3.〈コーヒーショップ ギャラン〉/上野

上野 コーヒーショップ ギャラン

ディープな街では、お茶もディープな場所で。外装から煌びやかな〈ギャラン〉は、アメ横のすぐそばにあり、駅からもアクセスが良し。1979年開店の、上野を象徴するような喫茶店。

上野 コーヒーショップ ギャラン

お店は二階にあり、窓際の席からは上野の賑やかな通りを眺めることができる。

メニューもどこかレトロで、可愛らしいものばかり。フルーツパフェ1000円は、煌びやかな店内に負けず劣らずの造形美です。

4.〈珈琲 王城〉/上野

上野 珈琲 王城

〈王城〉を営む玉山家は、漢方の診療所も代々受け継ぎ、過去にはパンダの風邪を治したという上野らしいエピソードも。3代目の珉碩(たみひろ)さんは、新たに「かんぽう×美」シリーズ「薬膳キーマカレー」や「なつめミルク」など生薬を取り入れたヘルシーメニューを展開。ゴブラン織りのソファや豪華なランプ、従来のメニューも健在だが、進化を続けている店なのだ。

上野 珈琲 王城

(Hanako1150号掲載/photo : Yoko Tajiri text : Kahoko Nishimura)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る