“おやつパン”でゆったりコーヒータイム。わざわざ訪れたい人気ベーカリー3軒
2020.02.22

人気パン屋〈365日〉シェフ監修店も。 “おやつパン”でゆったりコーヒータイム。わざわざ訪れたい人気ベーカリー3軒

パン好きがスイーツブレイクに訪れたいベーカリーとは?アンティークのインテリアなど、空間も魅力のおいしいスイーツパンが楽しめるベーカリーをご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈粉花〉/浅草

浅草 粉花

姉妹が営む自家製酵母のパン屋。心地よい音楽に包まれ、アンティークの木の椅子に座る。姉の真由美さんが作ったパン、妹の恵さんが淹れたコーヒー。「かわいい、かわいいと声をかけて作るとパンはおいしくなります」

浅草 粉花
くるみマロン 300円

確かに、くるみマロンは陶器の皿の上で、はにかんでいるみたいに見える。中身は、しなやかに、けなげに、ぷるぷると弾力を返し、あたたかな小麦の味わいをまっすぐ伝えてくる。フランス・グルノーブル産のくるみの力強い香りとイタリアのマロングラッセの高貴な香りの広がり。添えられたマスカルポーネチーズの酸味がさらにそれらを燃え広がらせる。

浅草 粉花
ショコラアーモンド 280円。フランスのオーガニックチョコ使用。
浅草 粉花
アップルパイ 480円。現在は休止。季節により焼き菓子は変わる。

ふたりのひと言ひと言、動きに、心づかいがこもらないものはひとつもない。笑顔で店を送り出されたあと、実感する。都会の殺伐とした空気とはなんと違う、やさしい時間が流れていたことかと。

〈粉花〉
カフェは不定期営業。パンは午前中で売り切れも多いので、電話で事前確認がベター。
■東京都台東区浅草3-25-6 1F
■03-3874-7302
■10:30~売り切れ次第終了 日月火祝休 
■7席/禁煙

2.〈C’EST UNE BONNE IDÉE!〉/向ケ丘遊園

向ヶ丘遊園 C’EST UNE BONNE IDÉE!
自家製セミドライリンゴを包んだ「林檎のクグロフ」180円。コーヒー 280円。

町で目立つ真っ赤な外壁が目印のガーリーな一軒。バゲットはもちろん、ケークやタルト、フィナンシェなど焼き菓子までとあふれるフランス愛。それを最先端の製法で実現する。

向ヶ丘遊園 C’EST UNE BONNE IDÉE!
「湘南小麦」と「ハルキラリ」を使ったバゲット 200円。

自慢はクロワッサン。温度管理したパイルーム内で溶かさずきっちりと折り込んだバターが抜群の浮きと、次元のちがう風味を実現する。

向ヶ丘遊園 C’EST UNE BONNE IDÉE!
向ヶ丘遊園 C’EST UNE BONNE IDÉE!
生クリームとマスカルポーネチーズを合わせたマスカルポーネクリームが軽やかな「あんクレーム」220円。

杉窪さんの右腕・有形泰輔シェフが、地元・川崎の人たちの味覚に応えた創作パンも。あんクレームは、ふわとろマスカルポーネのミルク感に、北海道産有機小豆から炊いたあんこが包み込まれるまろやかクリーミーがやみつきに。

向ヶ丘遊園 C’EST UNE BONNE IDÉE!
ソンプルサン 220円。もちもちで水分たっぷり、食べやすい。国産小麦の新しい食べ方。

ブリオッシュはバター感も濃厚な生地をかわいいリング型に成形。ドーナツなのにオイリーではなく、しっとりふわふわ、バター感あふれるブリオッシュというサプライズ。

向ヶ丘遊園 C’EST UNE BONNE IDÉE!
パン ドゥミ 310円。ミルクの香り、発酵の香りの心地よさ。

〈C’EST UNE BONNE IDÉE!〉
コーヒーはイートイン、テイクアウト可。食パンは定番のパン ドゥミ、ハードトーストに加え、シリアル、デニッシュの4種を日替わりで。
■神奈川県川崎市多摩区登戸1889 今野ビル1F
■044-931-6910 
■7:30~19:00 火休 
■スタンドで2席ほど/禁煙

(Hanako特別編集『おいしいパンのこと、すべて。』掲載/photo : Keiko Nakajima text : Taeko Terao edit : Kahoko Nishimura)

3.〈boulangerie onni〉/上大岡

上大岡 boulangerie onni
近賀さんと奥様は、同じ修業先で出会ったそう。奥様も厨房で腕を振るっている。

店名の〝オンニ〞は、フィンランド語で「幸せ」という意味。店名の由来を聞くと、「独立するなら、この名前をつけようと妻と話していたんです」とオーナーの近賀健太郎さん。パン職人を目指していた修業先で奥様と出会って結婚。あるとき、松戸の人気店〈ツオップ〉に夫婦で訪れた際、その魅力にはまったという。その魅力を知るため〈ツオップ〉で修業した後、夢だった店名を掲げて2015年7月にオープン。

上大岡 boulangerie onni
美しいデニッシュの数々は、季節によって内容が変わる。地元食材を使ったメニューも登場。
上大岡 boulangerie onni
素材の味を堪能できるバゲットなど、ハード系のパンも豊富。ソフト系も充実し全5種ある食パンも人気。

修業時代に惚れ込んだというアンティークの扉を開けば、パンに囲まれた夢の空間が広がる。近賀さんのこだわりは、すべてがお客さん目線。70種もの種類豊富なパンは、食感のメリハリを大切に。また、必ずひと工夫加えて驚きを与えている。

上大岡 boulangerie onni
右上から時計回りに、こしあんパン 1個86円、季節のフォカッチャ 248円~、季節限定の湘南ゴールドデニッシュ(価格未定)、コンテのチーズパン 216円、玉子サンド 216円(各税込)。

毎日訪れる人のために決められた時間に焼き上げ、地元のおいしい食材に出合えばどんどん取り入れていく。そういった姿勢と確かな味が評判を生み、客足の途絶えない街のパン屋として愛されている。

上大岡 boulangerie onni
自家製のグラノーラ 345円と旬のフルーツを使った自家製ジャム。

〈boulangerie onni〉
駐車場2台あり。
■神奈川県横浜市港南区上大岡西3-10-1
■045-367-8501
■8:00~18:00 日月休 
■6席(店外含む)/禁煙

(Hanako特別編集『おいしいパンのこと、すべて。』掲載/photo : MEGUMI(DOUBLE ONE),Keiko Nakajima text : Kisae Nomura,Taeko Terao edit : Kisae Nomura,Kahoko Nishimura)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

TOPに戻る