朝4時まで営業する喫茶店も。【浅草】夜遅くまで営業しているカフェ&喫茶店3軒
2019.10.18

平日22時以降も営業中! 朝4時まで営業する喫茶店も。【浅草】夜遅くまで営業しているカフェ&喫茶店3軒

レトロな喫茶店や甘味処の充実した街・浅草。個人営業のお店も多いエリアですが、夜遅くまで営業しているカフェや喫茶店もあるんです。仕事帰りに、女子会帰りに、または浅草観光の後に、店主こだわりのメニューが揃ったお店で浅草の夜を楽しんでみませんか?

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

【23時まで】天然酵母の焼き立てパンが彩りを添える〈SUKE6 DINER〉/浅草

観光客が多い浅草で、いつ誰が訪れてもきちんと食事ができる店に。スタッフの海外での経験を生かし、メニュー作りに取り組んだ。休日の朝食はここでスタートしたり、夕方立ち寄り軽く小腹を満たしたり。しっかりと夕食をとるにも、幅広くそろうカクテルと自家製シャルキュトリーでまったり過ごすにも。

モーニングセット800円にオムレツをプラスしたプレート1,350円。
キュウリと海苔のサンド 雑穀パン 胡麻ソース800円。

ジャンバラヤ1,600円は鍋ごと運ばれてくる。自家製シャルキュトリーの盛り合わせ1,800円。四万十豚のサラミ、チキンジャーキーなど。グラスワインは600円~。(各税込)

ハンドドリップコーヒー500円、日替わりマフィン270円など。

キッチンがある1階がメインフロア。カウンター席もある。2階は大テーブルとゆったりくつろげるソファ席。3階のベーカリー(10:00~18:00)で焼きたてのパンを1階でも購入できる。食事後に、コーヒーとスイーツ目当てで寄るのもOK。

(Hanako1132号掲載/photo:Kayoko Aoki(SUKE6 DINER), Michi Murakami(15℃) text:Yumiko Ikeda)

SUKE6 DINER

SUKE6 DINER

  • カフェバー/サンドイッチ
  • 浅草駅

【24時まで】浅草散歩の締めに、手軽な料理を小洒落たお皿で。〈pétanque〉/浅草

2017年4月にできたワインビストロ。店主私物のガラス皿は、DURALEXのアンティーク。それにあわせるイタリア・MOTTAのクラシックな小皿は、手軽に食卓に彩りを添えられる(webサイト「ザッカワークス」で購入も可)。

メニューは昼夜同じ。ウフマヨ300円にオリーブやアーモンド各400円、有機野菜とタコのサラダ1,000円(各税込)など、平日の2軒目や週末の昼飲みに◎オーストラリアのナチュラルワインと。

(Hanako1152号掲載/photo:Akiko Mizuno,Shin-ichi Yokoyama,Tomoko Kurokawa text:Wako Kanashiro)

pétanque

pétanque

  • ビストロ
  • 浅草駅

【朝4時まで】朝から明け方まで食べられる駆け込み寺〈ロッジ赤石〉/浅草

先代の故郷である長野県の赤石岳をモチーフに、ランプシェードやレンガの壁など店内のインテリアも山小屋風。

壁には店主が自宅の納屋から見つけてきた古時計が並び、1つだけが今も時を刻んでいる。

ホテル料理人を経験した店主が腕をふるうナポリタン800円やカツ重1,050円(各税込)などを、朝から明け方まで食べられる駆け込み寺だ。ナポリタンの味の決め手は、信州産トマトを使った〈ナガノトマト〉の濃厚なケチャップで、ピリッとスパイシー。

注文後に揚げ始めるカツはかつおだしで仕上げて丼に。優しい味わいが通に人気のメニューだ。ショーウィンドウには「パリジェンヌ風ヌイユ」など気になるメニューも。

(Hanako1144号掲載/photo : Tomo Ishiwatari text : Kahoko Nishimura)

ロッジ赤石

ロッジ赤石

  • 喫茶店/洋食
  • 浅草駅
編集部

〈ロッジ赤石〉は浅草一営業時間が長いとか…!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る