週3日のみ営業のお店も。福岡・糸島旅行で巡りたい人気ベーカリーとは?
2019.10.19

ハード系パン・ベーグル好き必見。 週3日のみ営業のお店も。福岡・糸島旅行で巡りたい人気ベーカリーとは?

空は高く、目に入るのは海と山。自然の中に、東京にあってもおかしくないほど洒落た店が点在する糸島。中でもパン屋さんはなかなかの個性派ぞろいです。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

〈Spoonful THE BAGEL〉パンの激戦区にあって、ここは我が道を行くベーグル専門店。

DMA-DSC_3864
DMA-DSC_3773
一般家屋の一角、8畳間を店舗用にすっきりと改装。白いタイルのキッチンは清潔感いっぱい。櫻井神社への標識を頼りに進むと、店が見えてくる。

福田眞純さんと千里さん夫婦は、東京に26年住んだ後、宮古島へ移り、かねてから自宅で作っていたベーグルの店を開いた。その後、糸島に移住。

DMA-DSC_3798
国産有機ごま 170円、和ベーグル 220円、棒状のチョコクルミ 220円(各税込)。

「卵もバターも使わないのに味が出て噛みごたえもあるのがベーグルの魅力。アレルギーの人にも」と千里さん。開店から1時間ほどで売り切れることもあるのでお早めに。

〈Spoonful THE BAGEL〉
臨時休業あり。
■福岡県糸島市志摩桜井4179 
■092-327-2372
■11:00~売り切れ次第終了 月火水休 

〈自家製酵母パン のたり〉ハード系ファンならマスト。週3日間だけしか買えません!

DMA-DSC_3878
DMA-DSC_4011
古民家のたたずまいもファンには大好評!

店主・永田英士さんは、糸島でパン屋を始めて9年。

DMA-DSC_3947
左端・ごまフォカッチャ 180円、右下・木の実とたね(くるみ、カボチャやヒマワリの種入り)190円(各税込)。

焼き上げるパンはどれも骨太。有機レーズンからおこした酵母が、選び抜いた粉、ドライフルーツやナッツの旨みを押し上げる。「自分の子供にも食べさせたいものを作っています」と、はにかむように語った。売り切れが早いので開店時がねらい目。

〈自家製酵母パン のたり〉
臨時休業あり。事前に確認を。
■福岡県糸島市志摩桜井2445
■092-327-0554
■12:00~18:00 月~木休

東京からのアクセス

福岡市経由が便利。羽田空港~福岡空港間は1 日100便以上。約2時間。空港から都心部に向かう地下鉄はJRに直結。糸島の筑前前原駅まで約45分。車なら高速経由で約30分。

案内してくれた人・広沢京子さん

料理家。東京から福岡を経て糸島へ移住。

(Hanako特別編集『おいしいパンのこと、すべて。』掲載/photo:Shuzo Arakawa, Hideko Kamada text:Mitsuko Tanaka)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

今月のスペシャル

宮崎で叶える“デトックス&パワー”旅特集。【保存版】名物グルメ、パワースポットを巡る!宮崎で叶える“デトックス&パワー”旅特集。【保存版】名物グルメ、パワースポットを巡る!
TOPに戻る