外苑前 ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー
2020.03.02

デート、女子会使いできる。 人気店プロデュースの新業態店が増加中!【東京】知っておきたい注目レストラン。

いつもの王道人気レストランもいいけれど、ちょこっとお店選びにひねりを効かせたい。そんなあなたに、有名ステーキハウスの新ブランドをはじめ、人気店のエスプリ感じる東京都内の注目レストラン3軒をご紹介します。

〈TWO ROOMS GRILL|BAR〉チームが手掛ける〈SEPTIÈME Brasserie & Bar〉/日本橋

日本橋 SEPTIÈME Brasserie & Bar
日本橋 SEPTIÈME Brasserie & Bar

表参道〈TWO ROOMS〉が手がける最新店。

「オニオングラタンスープ」(1,300円)
「オニオングラタンスープ」(1,300円)

フランスの伝統的なブラッスリー料理をシェフ、マシュー・クラブ氏ならではのエッジが利いたスタイルで提供。エスカルゴやステーキなど定番の味のほか、アフタヌーンティーやハッピーアワーも好評。

(Hanako『ふだんづかいの大銀座』掲載/photo : Michi Murakami, Megumi Uchiyama, Kayoko Aoki, MEGUMI (DOUBLE ONE), Natsumi Kakuto text : Asami Kumasaka, Kimiko Yamada, Kahoko Nishimura, Aya Shigenobu)

世界初!〈ウルフギャング・ステーキハウス〉の新ブランド〈ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー〉/外苑前

外苑前 ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー

東京・青山にオープンした〈ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー〉は、これまで以上にラグジュアリーさを追求した新ブランド。外観や内装、そして提供されるメニューに至るまで“特別感”が溢れています。

広報の方にブランド展開の背景を伺ったところ、「新しいチャレンジとして、よりラグジュアリーな新ブランド展開をすることになりました。ステーキ肉やシーフードの質・食器・店舗内のバーコーナーなど、細部までこだわった店舗になっています。バーに併設された『ウィスキーラウンジ』には280種類のウィスキーが並んでいるので、そちらもあわせてお楽しみいただきたいですね」と、笑顔でお話ししてくれました。

外苑前 ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー
外苑前 ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー
外苑前 ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー
外苑前 ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー

〈ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー〉がオープンしたのは、東京メトロ銀座線の外苑前駅のすぐそば。オフィスビルの敷地内にあるのを感じさせない、一戸建てレストランです。
約150坪、天井高4mという圧巻の広さ!落ち着いて食事を楽しめるように、ダイニング席の他にも、個室(8席、10席)が2部屋用意されています。

外苑前 ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー
外苑前 ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー
外苑前 ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー
外苑前 ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー

バーエリアでもっとも目を引くのが、壁一面のウイスキー。スコッチを中心に、生産地ごとに味の違いを楽しめるモルトウイスキーが280種類並んでいます。

一杯をじっくり楽しむのも良いですが、「少しずついろいろなウイスキーを飲み比べたい」という方にはウイスキーフライトもおすすめ!産地・メーカー・熟成年数など、さまざまな観点からセレクトされた3種類をテイスティングできます。

もちろんウイスキーだけでなく、ワインをはじめとする各種アルコールの品ぞろえも豊富!食事だけでなく、美味しいお酒も楽しみたい方にもぴったりです。

外苑前 ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー

〈ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー〉で提供されるのは、同ブランドの代名詞ともいえる極上ステーキをメインに、シーフード・サイドメニュー・デザートなどの幅広いラインナップ。また、創業以来初めてとなる”和牛”熟成ステーキ「熊本あか牛」もメニューに加わっています。

外苑前 ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー

こんがり焼かれたジューシーな和牛ステーキは、まさに至福の味…!〈ウルフギャング・ステーキハウス〉で提供されるステーキは肉の品質のみでなく、焼き加減や熟成具合にもこだわり抜かれているのだそう。

「シグニチャー”シーフードタワー”」上段。
「シグニチャー”シーフードタワー”」上段。

前菜の「シグニチャー”シーフードタワー”」は、アワビ・タラバガニ・ロブスターなどの新鮮なシーフードが6種類盛り付けられた豪華メニュー。

シーフードタワーはシャンパンや白ワインとも相性が抜群なのだとか。乾杯はシャンパン、シーフードは白ワイン、ステーキはワインやウイスキーと、いろいろなペアリングを楽しめます。

ぜひ、絶品メニューに合う、自分だけのとっておきの“一杯”を探してみてくださいね!

〈ウルフギャング・ステーキハウス シグニチャー〉
■東京都港区北青山2-5-8 青山OM-SQUARE 1F
■03-5843-0822
■11:30~22:30LO(ドリンク23:00LO) 無休

(『世界初出店!〈ウルフギャング〉新ブランドが、青山にオープン!』掲載)

3.エグゼクティブシェフは〈bills〉のシェフ&クリエイティブディレクター。〈Longrain〉/恵比寿

恵比寿 Longrain

本場さながらの辛味・甘み・酸味・塩気の効かせ方に工夫を凝らしているモダン・タイ・レストラン。料理のペアには、スパイスやハーブの香りと相性のいいロゼワインを合わせるのがおすすめ。

「ヤムウンセン」2,800円
「ヤムウンセン」2,800円

グリルサーモンを合わせた「ヤムウンセン」は、〈ロングレイン〉の“隠れた名品”だ。

(Hanako1146号掲載/photo : Chihiro Oshima text : Kahoko Nishimura edit : Noriko Maniwa)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る