丸の内デートで使えるおしゃれレストラン7軒!夜景フレンチから、気軽ワインバルまで。
【PR】2019.09.30

【丸の内・大手町】Hanakoエディターの取材ノート。 丸の内デートで使えるおしゃれレストラン7軒!夜景フレンチから、気軽ワインバルまで。

【PR/三菱地所】デートなら、インテリアや眺めなど、雰囲気がステキな空間で料理を楽しめるお店に行きたい!丸の内なら、そんな気持ちを叶えてくれるムード満点のお店がいっぱい。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈Wattle Tokyo〉遊び心ある料理の仕立てが週末気分をより軽やかに。

190801hnkMR_0079_bDN

厳選したオーストラリア産食材と日本の四季を感じられるエッセンスを加えた、モダンオーストラリア料理の店。

190801hnkMR_0123_bDN
ビクトリア産仔羊のロースト (200g)4,259円(手前)はかぼちゃのスパイスピュレやなめこのソテーなどで秋仕様。有機野菜を使った‘Wattle’サラダ 1,481円(奥)。スパークリングワイン(グラス) 1,481円(各サービス料別)。

グランドメニューの「ビクトリア産仔羊のロースト」に最中を添えたり、いぶりがっこを使ったメニューがあったりと、和の要素が織り交ぜられているのは〈Wattle Tokyo〉ならでは。

190801hnkMR_0087_bDN

皇居方面を見渡せる眺望の良さも相まって、ビジネスでもプライベートでも大事なシーンに重宝される。アラカルトで注文できる気軽さも兼ね備え、デイリーに訪れる人も多数。季節ごとのメニューの変化が、常連客を離さない理由だ。

〈Wattle Tokyo〉
オーストラリアの国花であるゴールデンワトルがモチーフ。
■新丸ビル6F 
■03-5288-7828
■11:00~14:30LO、17:30~22:00LO(日祝~21:00LO) 無休 
■80席/禁煙

2.〈ADRIFT by David Myers〉星付きシェフ考案のスペイン料理。

丸の内 ADRIFT by David Myers

世界の名だたるレストランをプロデュースしてきたミシュランシェフ、デイビッド・マイヤー氏によるブランド。

丸の内 ADRIFT by David Myers
愛媛県の八幡浜湾で早朝に水揚げされた鮮魚が約10時間後に店に到着。鮮度抜群の素材で作る八幡浜シーフードパエリア 3,000円。

スペイン料理をデイビッド流に解釈し、オリジナリティのある料理に。新鮮な魚介類を贅沢に使った料理が楽しめる。

〈ADRIFT by David Myers〉
■二重橋スクエア1F 
■03-6256-0966
■11:00~22:00LO 無休 
■58席(テラス席あり)/禁煙

3.〈SO TIRED〉おしゃれなインテリアデザインも新しい。

丸の内 SO TIRED

〈神楽坂 龍公亭〉の飯田竜一氏監修の中華ダイナー。店舗プロデュースは山本宇一氏。大人の社交場として夜遅くまで使える。

丸の内 SO TIRED
豚トロ肉の黒酢豚 1,500円。豚肉はその時の状態、脂の甘味などをチェックしながら使うほど、手間をかけて作られた料理だ。

〈SO TIRED〉
■新丸ビル7F
■03-5220-1358
■11:00~2:00(ランチ15:00LO・土日祝16:00LO、平日のティータイム16:00LO、フード1:00LO、ドリンク1:30LO)、日祝11:00~23:00 無休 
■108席(テラス席あり)/禁煙

4.〈LE REMOIS〉フランスの空気が流れる和やかな時間。

satari_エディターおすすめ_新丸ビル)LE REMOIS068

仏・シャンパーニュ地方で修業した柳舘功シェフが手がける、素朴な伝統料理を供するビストロ。温かみのある内装には、現地の職人技も光っている。 

atari_エディターおすすめ_新丸ビル)LE REMOIS014
ディナーコース5,000円(サービス料別)から、鶏肉と木のこじゃが芋のグランメール風(左)、カニとアボカドのタルタル仕立て(上)。

〈LE REMOIS〉
■新丸ビル5F
■03-5224-8771
■11:00~14:30LO(日祝~15:
00LO)、ティータイム14:30~15:30LO、17:30~21:30LO(日祝~21:00LO) 無休 
■30席/禁煙

5.〈bar à vin RÔTI marunouchi〉本格フレンチをつまみに一杯。

4bc97c8283b9bca3954266188139ee5c

鉄板焼き×フレンチをバール感覚で楽しめるビストロ。

週末デート_二重橋スクエア)bar a vin ROTI020
スモークサーモン セルベルドカニュ(リヨンの郷土料理のクリーム)添え 1,800円。色鮮やかなハーブのトッピングも美しい。

フランス帰りのシェフが考案するさまざまなソースとともに、カウンター内の鉄板で臨場感たっぷりに仕上げる肉や魚を召し上がれ。

〈bar à vin RÔTI marunouchi〉
■二重橋スクエアB1 
■03-6269-9898
■11:00~15:00、17:00~23:00(土日祝16:00~22:00) 無休 
■48席/禁煙

6.〈MAISON BARSAC〉スペシャルな景色を見ながら、特選の泡を。

MAISON BARSAC 丸の内

ラグジュアリーカジュアルがコンセプトのフレンチダイナー。目の前に広がる東京駅舎を眺めながら、ソムリエ厳選のシャンパーニュに合う料理を気軽に楽しめる。サービス料10%。

MAISON BARSAC 丸の内
リンゴをくり抜き、キャラメリゼしたリンゴなどを詰めて、アイス、パイ生地をのせた丸ごとリンゴのタルト 1,200円。1日5食限定。

〈MAISON BARSAC〉
■新丸ビル5F 
■03-6268-0305
■11:00~14:30LO(土日祝~15:00LO)、17:00~22:00LO(日祝~21:00LO) 無休 
■80席/禁煙

7.〈Cantinetta Buzz〉全国の食材を使った料理と生ワインを。

丸の内 Cantinetta Buzz

イタリア語で小さなワイン蔵を意味する店名の通り、本場さながらのワインの楽しみ方を提案。

丸の内 Cantinetta Buzz
どんな料理にも合わせやすい樽生スパークリングワイン 880円はイタリア直輸入。フレッシュで爽やかな飲み心地が乾杯にぴったり。

現地で樽詰めした“生ワイン”とともに、四季折々の料理をいただける。

〈Cantinetta Buzz〉
■丸ビル5F
■03-6269-9155
■11:00~14:00LO、17:00~22:00LO、土11:00~22:00LO、日祝11:00~21:00LO 無休 
■54席/禁煙

(Hanako1177号掲載/photo : MEGUMI (P.90, 92, 94), Chihiro Oshima (P.96~97, 100) illustration : Mariko Fukuoka text : Kahoko Nishimura, Ami Hanashima, Yuya Uemura)

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る