丸の内 Looking Good

【丸の内・大手町】Hanakoエディターの取材ノート。 Hanakoのエディターチーム推し!丸の内レストラン&カフェ10軒。飲みに一人ごはん、スイーツまで。 Food 2019.10.02PR

【PR/三菱地所】常日頃、いいお店&おいしいメニューへのアンテナを張り続けているのがHanakoのエディターチーム。今回は私たちの取材ノートを特別にチラ見せ! 個人的に行きたいお店の一押しメニューを紹介します。

1.〈Banksia~World Wine & Australian Bistro~〉本格的なジビエ料理をビストロで。

丸の内 Banksia~World Wine & Australian Bistro~
鶏肉のようなやさしい味わいが女性に人気の、「クロコダイルのシュニッツェル」1,203円。
鶏肉のようなやさしい味わいが女性に人気の、「クロコダイルのシュニッツェル」1,203円。

24種類から選べる世界各国のグラスワインとともに、クロコダイルやカンガルーミートなど、オーストラリアの食文化を楽しめる。

〈Banksia~World Wine & Australian Bistro~〉
■新丸ビル6F
■03-5288-7829
■11:00~ランチ14:30LO 、ディナー22:00LO(日祝~21:00LO)、ティータイム~17:00 無休 
■40席/禁煙

2.〈ドゥバイヨル 丸の内オアゾ店〉熱々のスイーツをイートインで楽しむ。

丸の内 ドゥバイヨル

ベルギーに旗艦店を構える高級パティスリー。

「フィユテ ポム オトンヌ」セット。コーヒーか紅茶(ともにホットorアイス)がついて1,350円。
「フィユテ ポム オトンヌ」セット。コーヒーか紅茶(ともにホットorアイス)がついて1,350円。

パイ生地にカスタードとリンゴを敷いて焼き上げたグラスヴァニーユに秋の味覚の栗とカシスのソースを添えた限定メニューが登場! 

〈ドゥバイヨル 丸の内オアゾ店〉
■丸の内オアゾ1F
■03-5224-3565
■9:00~22:00(21:30LO) 無休 
■20席/禁煙

3.〈Looking Good〉ひと手間加えたサンドウィッチが絶品。

丸の内 Looking Good

トーストしたパンで具材を挟む、“トースティ”の専門店。

スコットランドの郷土料理を挟んだ「ハギストースティ」555円は、レバーペーストのような味わい。
スコットランドの郷土料理を挟んだ「ハギストースティ」555円は、レバーペーストのような味わい。

焼きたてサクサクのパンは、キャラメリゼしたオニオンなどの具材と相性抜群! 

〈Looking Good〉
■大手町フィナンシャルシティ グランキューブ1F
■03-6262-2939
■8:00~21:00LO、土11:00~15:00LO 日祝休 
■18席/禁煙

4.〈HENRY GOOD SEVEN〉ラウンジのような空間で楽しむ本格料理。

丸の内 HENRY GOOD SEVEN
300g超えの骨付モモ肉を豪快に焼き上げた、「グリルチキン ゴルゴンゾーラソース」1,400円。
300g超えの骨付モモ肉を豪快に焼き上げた、「グリルチキン ゴルゴンゾーラソース」1,400円。

東京カフェブームの草分け的存在、山本宇一氏プロデュースの空間も、グリルやパスタ、ステーキなどの本格的な料理も、非の打ち所なし! 

〈HENRY GOOD SEVEN〉
■新丸ビル7F
■03-5220-0267
■11:00~ランチ17:00LO、ディナー1:00LO(日祝ディナー22:00LO) 無休 
■50席/禁煙

5.〈SPICE BISTRO B〉本格的なスパイス料理を、心ゆくまで。

丸の内 SPICE BISTRO B
新鮮な海老にさっと火を入れ、甘みを引き出した「天使のエビとピスタチオのリゾット」1,388円。
新鮮な海老にさっと火を入れ、甘みを引き出した「天使のエビとピスタチオのリゾット」1,388円。

スパイスやハーブを効かせた料理を、リーズナブルに楽しみたいならココ。「考えるな!感じろ!胃袋で!」という店のコンセプトも納得の、刺激的な味わい。

〈SPICE BISTRO B〉
■丸ビル5F
■03-6256-0455
■11:00~14:30LO、17:00~22:00LO(日祝~21:00LO) 無休 
■49席/禁煙

6.〈ショコラティエ パレ ド オール〉マロンと様々な素材とのペアリングがテーマ。

丸の内 ショコラティエ パレ ド オール

ショコラティエがカカオ豆の焙煎から手掛ける専門店。新鮮なショコラをシャンパーニュやウイスキーとともに味わえるマリアージュがおすすめ。写真のパフェは1日の数量限定。

自家製チョコや抹茶とのペアリングを楽しむ、秋限定の「パフェ マロン meets ペアリング」2,200円。
自家製チョコや抹茶とのペアリングを楽しむ、秋限定の「パフェ マロン meets ペアリング」2,200円。

〈ショコラティエ パレ ド オール〉
■新丸ビル1F
■03-5293-8877
■11:00~20:30LO(日祝~19:30LO) 無休 
■25席/禁煙

7.〈パティスリー・サダハル・アオキ・パリ〉アオキの個性が光る逸品を。

丸の内 パティスリー・サダハル・アオキ・パリ
栗の甘さと抹茶の渋みが絶妙なバランスを奏でる「パリブレスト オ マロン マッチャ」640円。
栗の甘さと抹茶の渋みが絶妙なバランスを奏でる「パリブレスト オ マロン マッチャ」640円。

写真は、香ばしいシュー生地に濃厚な味わいのマロンクリームと渋みのある抹茶クリームをたっぷり絞った一品。和素材使いを得意とするアオキならではの味わい。

〈パティスリー・サダハル・アオキ・パリ〉
■新国際ビル1F 
■03-5293-2800
■11:00~20:00、サロン11:00~19:45(19:00LO) 無休 
■約26席/禁煙 

8.〈コム・フォー 丸の内店〉手軽にヘルシー! ひとりごはんの強い味方。

丸の内 コム・フォー

女性に人気のフォーの専門店。

白ゴマと黒ゴマをたっぷり使った「ゴマのフォー」741円は、美容意識の高い女性に人気。
白ゴマと黒ゴマをたっぷり使った「ゴマのフォー」741円は、美容意識の高い女性に人気。

米粉を使った太めのフォーと、たっぷりとのせられた新鮮野菜が人気の秘訣。8割以上が女性客なので、手軽なひとりごはんにも最適。

〈コム・フォー 丸の内店〉
■丸の内オアゾB1
■03-3216-0564
■9:00~22:00(土日祝~21:00 ) 無休 
■16席/禁煙 

9.〈Marunouchi Happ. Stand & Gallery〉コーヒースタンドのトーストは必食!

丸の内 Marunouchi Happ. Stand & Gallery

次々とテーマが入れ変わるギャラリーの奥には、毎日変わらないおいしさを提供するコーヒースタンド。

もちもち食感の食パンにサラダをのせた「サーモンとアボカドのサラダトースト」650円。
もちもち食感の食パンにサラダをのせた「サーモンとアボカドのサラダトースト」650円。

オリジナルの食パンを使ったトーストが人気。

〈Marunouchi Happ. Stand & Gallery〉
■丸の内二丁目ビル1F
■03-6206-3343
■8:00(土日祝・祝前日11:00)~21:00LO(日祝~19:00LO) 無休 
■15席/禁煙

10.〈ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 丸の内店〉食通のあの人に送りたい限定ギフトを。

「ラ デギュスタシオン ~おしまるや~」3,149円
「ラ デギュスタシオン ~おしまるや~」3,149円

フランス料理界の巨匠ジョエル・ロブション氏のエスプリが詰まったパティスリー&ブーランジュリー。丸の内ブリックスクエア店では丸の内ハニーを使ったパウンドケーキ「ケークおしまるや」や丸の内限定の焼き菓子詰め合わせなど多数取り揃えています。大切な人や、グルメな人へのギフトにぜひ!

〈ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 丸の内店〉
■丸の内ブリックスクエア1F 
■03-3217-2877
■11:00~21:00(カフェスペースは、フード20:00LO, ドリンク20:30LO) 無休
■34席(テラス席20席)/禁煙 

★【丸の内・大手町】Hanakoエディターのグルメ取材ノートまとめ。はこちら!

(Hanako1177号掲載/photo : MEGUMI (P.90, 92, 94), Chihiro Oshima (P.96~97, 100) illustration : Mariko Fukuoka text : Kahoko Nishimura, Ami Hanashima, Yuya Uemura)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR