【福岡旅行】自然派ワインが自慢のレストラン・居酒屋3軒へ。ワインペアリングの広がる楽しみ方に注目!
2019.08.15

ナチュラルワイン×世界一の絶品ラーメンも。 【福岡旅行】自然派ワインが自慢のレストラン・居酒屋3軒へ。ワインペアリングの広がる楽しみ方に注目!

いまやワインに合わせるのは、イタリアンやフレンチに留まらず、和食やエスニック料理、ラーメンまで。選りすぐりの自然派ワインと多彩な料理が楽しめる、福岡のレストラン・居酒屋3軒をご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈Le Rubis〉食材マニアの二人ならではのレアなメニューラインナップ。/赤坂

HNKACR190419002-768x512

ソムリエの有資格者でもある、清末タイチさん・加恵さん夫妻が営む。

HNKACR190419020-768x512
彩り鮮やかな豆料理に、金柑とパセリオイルで香りを加えた「えんどう豆のババロア タイラギ貝入り」900円。
HNKACR190419003-768x512
みずみずしいアスパラガスに、平飼い鴨の卵をのせた滋味深い一品。卵を割るときれいなレモン色が現れる。「ホワイトアスパラのミラノ風」1,800円(各税込)。

自然派ワインに合うものにとことんこだわり、野菜は嘉穂郡桂川町の〈合鴨家族 古野農場〉を中心に、安心安全な栽培方法の農場から仕入れている。また、全国の名シェフたちを魅了し続けている肉の名店・滋賀県〈サカエヤ〉の熟成和牛も扱うため、肉好き必見の店でもある。

(Hanako1173号掲載/photo : Yoshikazu Shiraki text & edit : Mayo Goto)

2.〈大重食堂〉創作料理と自然派ワイン、世界一の絶品ラーメンに舌鼓。/警固

大重食堂
ラーメンだし用のサイフォンが並ぶ店内。

世界一に輝いた「純らーめん七節」と、気の利いた一品ものの小皿料理がそろうラーメン居酒屋。

大重食堂
エビを練り込んだシフォンケーキに濃厚アメリケーヌソースを添えた「エビシフォン」(390円)、芳醇な「オレンジワイン」(900円)
大重食堂
皮目パリッ、身はふっくら「塩サバ串」(290円)、「つぼ鯛みそ串」(350円)(各税込)

季節替わりの10種の自然派ワインや、和食、エスニック、フレンチなどで経験を積んだ店主の大重洋平さんによる多彩な料理も女ゴコロをくすぐる。

大重食堂
「純らーめん七節」(850円)(税込)

看板メニューのラーメンは無化調で、スープは牛節、鶏節、ふぐ節、真鯖節などの7種の節と、あご、羅臼昆布をコーヒー用のサイフォンで抽出しただしをブレンド。

(Hanako1173号掲載/photo : Shintaro Yamanaka (Qsyum!) text : Eto Katagiri edit : Mayo Goto)

3.〈凛丹一碗居〉気軽に楽しく本格中華。ナチュラルワインが気分です。/平尾

DSC4021-768x512
2回転目を狙うのも一つの策。

福岡で人気の凛丹グループの中でも居酒屋的に使えるカジュアルなテイストが受け、連日予約でいっぱい。

DSC4014-768x512
シンプルな店舗デザイン。
DSC4073-768x512
注文したのは、右から「佐賀産もち豚やわらか角煮黒酢スブタ」1,200円、「海老と豆腐の上海蟹味噌餡かけ土鍋御飯」 1,200円、「蒸し鶏の山椒唐辛子辣油ソース よだれ鶏」800円。ナチュラルワイン(ボトル)2,600円~。

四川、広東など中華料理を網羅したシェフが作る創作料理とナチュラルワインを軽やかに味わえる。「約90種類もあるというメニューはどれも魅力的で目移りしてしまいます。大勢で行って、たくさん頼んで、ワイワイ楽しむのがお約束」(武田さん)。

武田伊央/博多生まれ博多育ちの福岡放送局「RKB毎日放送」アナウンサー。現在、「今日感テレビ」に出演している。

(Hanako1173号掲載/photo : Maki Ogasawara text : Kahoko Nishimura)

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る