DSC_0164_main

自家製にこだわる多国籍メニューが、カジュアルに楽しめる! 〈渋谷ブリッジ〉の〈Megan – bar & patisserie〉で、夏のグランドメニューがスタート! Learn 2019.07.20

渋谷再開発プロジェクトで昨年オープンした、〈渋谷ブリッジ〉1Fにあるカフェ&バー&パティスリーの複合ショップ〈Megan – bar & patisserie(ミーガン バー&パティスリー)〉。7月から新登場した、よりカジュアルに楽しめる夏メニューをご紹介します!

ニューアメリカンスタイルの料理が味わえる、〈Megan – bar & patisserie〉。

002274270026_2

パティスリー・カフェ・バーの複合ショップ〈Megan – bar & patisserie〉は、同じく〈渋谷ブリッジ〉内にある〈MUSTARD HOTEL〉のホテルラウンジとしての機能も。そのため、多国籍な宿泊ゲストに向けたメニューが揃います。もちろん、宿泊客以外も利用可能です。

DSC_0181_2

〈渋谷ストリーム〉から続く、渋谷川沿いの遊歩道の先に現れる〈渋谷ブリッジ〉。〈Megan – bar & patisserie〉は、こちらの建物の1階部分にあります。

mustard hotel82_2

縦に長い店内には、客席やバーカウンターのほか、奥にはパティスリーのショーケースもあり、朝8時から夜24時までオープンしていたりと色々な楽しみ方ができそうなお店です。

DSC_0133_2

店内で流す音楽にもこだわっていて、代々木上原にある〈ELLARECORDS〉選曲のレコードを流しています。たまに、音楽イベントも開催されているのだとか。

DSC_0156_2

インテリアは海外のストリートっぽい雰囲気にこだわっていて、こんなアート作品の展示も。壁に描かれたサインは、以前ホテルに滞在していた世界的なバリスタが描き残していったものなんだそう。

DSC_0140_2

店の奥にある、ショーケースが並ぶパティスリーエリア。

DSC_0142_2

〈Megan – bar & patisserie〉では提供する料理もスイーツもハンドメイドにこだわっているのが特徴で、店内にはパティスリー工房も併設。フランスやヨーロッパの伝統的な製菓技術をベースに、生菓子からスコーン、クッキーなどの焼き菓子まで揃います。

DSC_0143_2

こちらのパティスリー、代々木八幡の人気レストラン〈PATH〉を運営する後藤さんが立ち上げたユニット〈Tangentes〉が監修。素朴でありながら、おしゃれで美味しいスイーツばかり。テイクアウトもできるので、ギフトにもぴったりです。

DSC_0144_2

〈Megan – bar & patisserie〉は、提供する料理もスイーツもハンドメイドにこだわっているのが特徴で、パティスリー工房も併設。こちらで販売するスイーツのほか、系列店や近隣のカフェなどにスイーツの卸もしているそう。

7月に登場した夏の新メニューより、3品を試食!

2019夏新メニュー_2

夏の新メニューでは、海外で人気の黒毛和牛のカツサンドやフレンチ出身のシェフが作る自家製シャトルキュトリー盛り合わせ、オリジナル冷麺など、ジャンルにととらわれない幅広いメニューを提供。日本らしい梅酒を使ったカクテルや、バナナなど旬のフルーツを使ったデザートも味わえます。

今回は、夏メニューのうち3品を試食しました。

「アボカドトースト」1,000円(ランチ)。
「アボカドトースト」1,000円(ランチ)。

もともと朝食で提供され人気だったアボカドトースト。ランチでも食べたいという要望を受けて、今回ランチメニューで登場することに。

DSC_0177_2

姉妹店〈GARDEN HOUSE CRAFTS〉のパン工房で焼き上げたカンパーニュに、クミンやコリアンダーなどのスパイスを合わせ、スプラウトとカッテージチーズを載せたアボカドペーストがたっぷり。サイドのポーチドエッグを潰して付ければ、味の変化も楽しめます。

「“megan”バーガー」1,300円(ランチ)、1,500円(ディナー)。
「“megan”バーガー」1,300円(ランチ)、1,500円(ディナー)。

こちらも姉妹店〈GARDEN HOUSE CRAFTS〉で毎朝焼き上げるバンズに、国産牛100%のパテと国産豚肉を燻製にした自家製ベーコンをサンドした、自家製にこだわったmeganのシグネクチャーバーガーといえる存在です。

DSC_0179_2

ミディアムレアに焼き上げられたジューシーなパテと肉厚なベーコンが、トマトやレタスなどたっぷりの野菜とともにバンズに挟み込まれ、ボリューム満点!

「“megan”シーザーサラダ」1,250円(ディナー)。
「“megan”シーザーサラダ」1,250円(ディナー)。

アメリカのバーでも人気の、現地のシーザーサラダをイメージした一品。ロメインレタスやケールなどの苦味が、バターミルクで仕上げたオリジナルドレッシングの甘みを引き立たせています。

DSC_0174_2

ごろっと大きいサイズのアボカドやベーコン、ポーチドエッグが載った、食べ応えのあるサラダ。野菜の苦味と燻製ベーコンの香り、ナッツの食感、チーズと卵黄の濃厚な風味が組み合わさり、絶妙な味わいに。

渋谷川沿いの散策で訪れたい、海外の雰囲気漂うカフェ。

DSC_0172_2

カフェだけでなく、パティスリーやバーも併設している〈Megan – bar & patisserie〉。休日に渋谷川沿い散策スタートのブランチに、ショッピングで渋谷から代官山に向かう前のティーブレイクに、渋谷周辺の繁華街から少し離れて飲み直したいバーに、と様々な使い方ができるお店です。ぜひこの近辺を訪れた時は、お店に立ち寄ってみてください。

〈Megan – bar & patisserie〉
■東京都渋谷区東1-29-3 SHIBUYA BRIDGE B棟1F
■03-5962-7648
■8:00〜23:30(フード22:00LO、ドリンク23:00LO)、日月〜17:00(フード16:00LO、ドリンク16:30LO)
■不定休
■各線「渋谷駅」新南口より徒歩約5分
公式サイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR