DSC35242

可愛い・おいしい・欲しいが詰まってる! ハナコラボメンバーが、華やかで眩しすぎる〈貝印〉のお花見パーティーに行ってきました! Learn 2017.04.20

世界的な刃物メーカー「貝印」が昨年よりひそかに開催している、招待制のシークレットパーティー。噂では、おしゃれな人がたくさん集まって、いろいろ“おいしい”ことがあるとか。その様子をこの目で確かめるべく、ハナコラボメンバー2人がパーティーに参加してきました!

満開の桜の花びら、それをほんのりと桃色に照らすライト。
春まっさかりの4月4日の夜、六本木の国際文化会館にて、「KAI BEAUTY PARTY」は始まりました。

unnamed2

「貝印」が主催するパーティー、今回はお花見ということでドレスコードは「サムシング・ピンク(ピンクのものを身に付けて)」。

IMG_4220_resize

ハナコラボ会員の柵木あゆみ(右)と、私・保城早耶香(左)も、それぞれピンクのアクセサリーを身に着けて、いざ、パーティー会場へ!

IMG_4193

パーティーが始まったばかりにも関わらず、会場には、メイクや小物にピンクを取り入れてロゼで乾杯する女子達や、イケメンすぎる男性陣が……!

MG_05651

室内も春爛漫。「KAI」のロゴオーナメントを飾られた桜が、甘い香りを漂わせています。

MG_08721

DJが会場をさらに盛り上げて、とっても華やかな雰囲気です!

IMG_4216

さっそく写真撮影用のブースでぱちり。
手に持っているのは、メイクブラシと、ピーラー!どちらも貝印さんが作っている商品です。

大賑わいの会場の中、ひときわ人だかりができていたのは……

DSC35241

ビュッフェスペース!!

DSC35311

どの料理も、テーマカラーのピンク色が使われていて、乙女心をくすぐります!

DSC35291

「KAI」のロゴがあしらわれたピックも素敵です。

IMG_41821

腹が減っては戦はできぬ、とよそいきの顔でパクリ。
一口サイズのキュートな見た目とは裏腹に、本格派な味付けのパスタやケーキ。これは何皿もイケるとその場を離れない女2人。

IMG_4180

腹ペコのお腹が満ちてきたころ……

IMG_4210

ヘア&メイクアップアーティスト・小田切 ヒロさんの実演が始まりました!

DSC36891

ポイントメイクで、みるみるきれいになっていくスミス楓さん。
みんな真剣に聴いています。
美への欲求が高まってきたところで、このパーティーの神髄である、こちらのブースへ。

MG_05862
DSC35261

ジャジャーン!
ビューティーケア用品から調理道具まで、1万種類以上もの商品を取り扱っている貝印さんの、人気商品が大集結!!
なんと、参加者はこの中から好きなものをひとつ、選んで持って帰っていいのです。
貝印さん、爪切りひとつとってもたくさんの種類を作ってます。キャベツ専用のピーラーや、猫のキャラクターをあしらった可愛いスライサーなど、かゆいところに手が届く商品ばかり。どれも欲しくて迷います。

IMG_4169

ここで広告担当の大塩さん(左)が登場。
ひとつ選ぶとあって、商品説明を聞く私たちも真剣です。

c55bf57bdcf7d84c1f91dc02555f313b1

贅沢な目移りを楽しんだ後、私が選んだのはキャベツの千切りが簡単に叶う「キャベツピーラー」(右)でした。
柵木さんは、「ケース付き ねこのキッチンハサミ」(左)をチョイス。マグネット付きのケースに入れると、猫が座っているようなフォルムになるかわいいヤツ。
ほかにも、参加のおみやげとして音波振動カミソリ「bi-hada ompa」(左から2番目)や、「ホットアイラッシュカーラー」(右から2番目)をいただき、大満足。

女心の「ほしい!」と胸キュンが詰まったパーティー。
そうだ、女は可愛いものとおいしいもので満たされるのだと実感しました!

パーティーは終わってしまいましたが、貝印が贈るビューティーサイト「KAI BEAUTY PRESS(http://kaibeauty.jp/)」では、美容化やモデルなどへのインタビューをはじめ、メイクのお悩み解決テクやツールを使った”キレイのヒント”など、今日から使える情報を配信中です!

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR