top_20221205_HANAKO_DSF2876

“気”を鎮める、風に触れて。伊藤美誠、新潟・諏訪神社へ。 Learn 2023.01.19

聖地に向き合ったとき、人は何を想うのか。2024年のパリ五輪を目指して国内外を転戦している卓球選手の伊藤美誠さん。「技術だけではなく、心身のコンディションを常に整えること、人間的に成長することを目指しています」という彼女が今回訪れたのは、新潟は新発田の諏訪神社。聖地に赴き、その土地のパワーや“気”を存分に浴びて、生まれてきたものとは。12月26日発売 1217号「開運聖地」特集からお届け。

「神社に流れる、ゆったりとした温かい時間が好きなんです」

20221205_HANAKO_DSF2754

2021年の東京2020オリンピックで日本卓球界初の金メダル(混合ダブルス)を獲得した伊藤美誠さん。
「海外遠征が続くと実感するのですが、『日本は空気がきれい』なんです、ホントに!(笑) 帰国したら、ゆったりと大きく息を吸える、海や神社に行きたくなりますね。ちなみに実家の前が神社なので、帰省したときや大きな大会が終わると、よく家族でお参りします。久しぶりに祖父母とゆっくり話せますし、それが自分にとって温かい時間になっていますね。心と体がリセットされて、さあ頑張るぞという気持ちになれる。神様が見えるとかそういうことはないですけど、やっぱり神社って特別な場所だと思います。独特のオーラがあるというか、ああ、“風”かな、神社に吹いている“風”が好きです。気持ちよくてパワーをもらえる場所ですね」(伊藤さん)

20221205_HANAKO_DSF2921

新発田市でのプロリーグの試合が終わった彼女に地元の新発田諏訪神社を訪れてもらった。「やっぱり一歩踏み入れるだけで、どこか空気が違うんですよね。ああ、紅葉もいいな。見ていると心がすとんと落ち着くというか。こういう時間って一見卓球に関係なさそうですが、“気”を入れ替えて心身のコンディションが整うことで卓球のパフォーマンスも上がると思うんです。なので試合と試合の合間は意識的に卓球以外のことをして充電するようにしています。あ、できる限り、神経や気を使わないこともポイントです(笑)」
そう、勝つことに貪欲で圧倒的な集中力を見せる試合中とは違い、オフの伊藤選手はとにかくずっと楽しそうに、そして笑っている。神社を奥に進み、お参りをする。
「あ、2022年は1月の初詣以外ではじめて神社に来ました。一年を無事に過ごせたことにお礼ですね。あ、おみくじも引いてみたいです」

20221205_HANAKO_DSF2876

開いてみると、大吉!
「うわ! ほんとにうれしい! わたし、大吉のおみくじは財布に入れておく派なんです。これは大切に持って帰ります」
月並みだが、やはり、「持って生まれた」人と言ってしまいたくなる何かがある。「運、という人智を超えたものはやはりあるような気はします。当然コントロールできるものではないけど、少しでも味方になってもらうようなことはできるのかも、と思っていて。それにはもう日々の準備や努力の積み重ねに尽きると思うんですね。さらに普段の生活や周囲の人への言葉遣いや態度みたいなことも実は大切だと思っています。卓球界の上の世代を見ていても、国内外問わず、トップ選手だった方こそきちんと人生を送られています。尊敬される人間性を持った選手に最後の最後、勝利の女神が微笑んでいるような印象や記憶があるんです。だから卓球で上を目指すのはもちろん、人間的にも成長し続けたいと思っているんです」
束の間の休息を楽しんで、彼女は再び、勝負の世界へ旅立ったのだった。

新発田 諏訪神社

20221205_HANAKO_DSF2641
20221205_HANAKO_DSF2673
20221205_HANAKO_DSF2692
20221205_HANAKO_DSF2607

諏訪大社の御柱も鎮座する、新潟を代表する聖地。始まりは648(大化4)年。約1,400年間、人々に恵みを与えてきた歴史が宿り、地元の人には親しみを込めて「おすわさま」と呼ばれている。毎年初詣には約3万人(!)の参拝者が訪れる。無病息災・学業成就・厄除け・縁結び・安産の御利益が。
住所:新潟県新発田市諏訪町1-8-9 │ 地図
電話番号:0254-22-2339
参拝時間:自由(社務所は9:00〜17:00)

photo:Hiroyuki Takenouchi styling:Midori Sato hair&make:Yuko Iitsuka衣装はすべてスタイリスト私物

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR