125

4人目出産してから初! わが子たちと丸3日離れて、群馬県富岡市に女ふたり旅へ|モデル asacoの4回目の育児 – fourth time around Learn 2021.11.23

アサコちゃん、ダメ元なんだけど……」

ヘアサロンantiに20代から通い続けて、もはやかぞくのような存在になりつつある美容師かおりちゃんから、ある日突然LINEが届きました。
「ん? なんだろう?」と文面に目を落とすと、なにやら群馬県富岡市の美容のワーケーションツアーがあって、お泊まりなんだけどいっしょに行かない? しかもタダ! とのこと。

え……タダ!? 行くーーーー!!!!

と、鼻息荒くふたつ返事で返信したら、「子どもたち大丈夫?」と逆に心配されて笑っちゃったけど(笑)、夫に相談するとこれまた「いいじゃん、行ってきたら~!?」と快く背中を押してくれて、おそらく4人の母になって初めてわが子たちと丸3日間離れて、かおりちゃんと女ふたり旅に出かけました。

124

さて、わたしたちが参加したのは、観光庁の域内連携促進事業の一環として群馬県富岡市が計画をしたモニターツアー。
これから近畿日本ツーリストで実施する予定の「テレワークしながら心も体もきれいになる」というコンセプトのツアーを”実際に体験してみる”という試みです。
なので、旅行代金は無料、ただしツアー実施後にA4・2枚程度のアンケートに回答することが必須条件ということで、個人的には「なんならA4用紙5枚でも書きます!」と、かなり前のめり気味に参加をさせていただきました。
そして実際本当に、わたしとかおりちゃんはA4用紙2枚じゃぜんぜん足りないくらい、富岡の魅力をめいっぱい体感することになるのです。

世界遺産になった富岡製糸場。お昼は製糸場目の前の「はや味」にて富岡名物の"おっきりこみ"を。
世界遺産になった富岡製糸場。お昼は製糸場目の前の「はや味」にて富岡名物の"おっきりこみ"を。

参加者は都内近郊に住む働く女性が20名ほど。世代も職種もバラバラで、普段ほぼ家族としか旅に出かけない私にとってはかなり新鮮でした。
初日は、世界遺産にもなった富岡製糸場へ。午後はシルクを使った美容のワークショップに参加して、そのあとは各々が気に入ったカフェでテレワーク。
とはいえ初めての富岡市、せっかく来たんだから……と、どうしても観光メインにはなりがちなんだけど、だからこそ、集中力アップで効率よく仕事に向き合おうと思えるのが旅先テレワークのメリットなのかも。

さて、美味しいものもたらふくご馳走になりました。
その昔、養蚕農家で作業に手一杯だった女性たちから手早く大量に作れるということで広まった”おっきりこみ”といううどんや、富岡の名物というこんにゃく料理の数々(なんと、富岡にはこんにゃくパークというテーマパークもあるらしい!)。
やっぱり糖質ゼロ、低カロリーで罪悪感なくモリモリ食べられるのって嬉しいですよね。
個人的にはこんにゃくの天ぷらと、酢味噌でいただくさしみこんにゃくがとっても気に入りました。うちでもマネしてみよ~っと!

大正元年創業の老舗割烹「よろづや」にてお昼ごはん。お料理はもちろんのこと、趣きある空間がステキだった!
大正元年創業の老舗割烹「よろづや」にてお昼ごはん。お料理はもちろんのこと、趣きある空間がステキだった!

それから、初日の夜はホテルに隣接するゴルフ場でみんなでワイワイ星空鑑賞したり、2日目は朝からかおりちゃんとお散歩。
近くにとってもすてきなグランピング施設があって、思わず宿泊客を装って外のデッキでまったり過ごしたり、日中は漢方のワークショップ、テレワークも少しして、夕食は地元の食材をふんだんに使ったフレンチ! 富岡のキーパーソンたちをお迎えして意見交換会も開かれました。
宿にたどり着く前にシルクを使ったフェイシャルエステも体験して(ね、本当に盛りだくさんでしょ!?)この日も余すことなく富岡を満喫したのでした。

妙義グリーンホテル&テラスのグランピング施設。ふだんテントを張るキャンプが多いけど、こんな空間で過ごすのも楽しそう〜
妙義グリーンホテル&テラスのグランピング施設。ふだんテントを張るキャンプが多いけど、こんな空間で過ごすのも楽しそう〜

迎えた最終日。もう十分ツアーを堪能したと油断していたら、ここからまたディープな出会いが待ち構えておりました(笑)。私たちが2日目に宿泊した「蔟屋(まぶしや)」はふるい古民家をリノベーションしたとってもすてきなお部屋で、置いてある家電も、檜のお風呂も、シャンプーやリンスまでもがセンスあるセレクト。
かおりちゃんと二人でしきりに感動していたんです。そしたら、そのオーナーさんが富岡の町を盛り上げる第一人者と判明。
洋品店いりやま”の入山寛之さんです。チェックアウトのためにお店に行くと、誰よりも笑顔が眩しい男性がいらっしゃって、彼が入山さんだとすぐに分かりました。となれば、移動時間まで入山さんと立ち話。
蔟屋を立ち上げた経緯をお聞きしたり、短い時間だったけれど温かい人柄に魅了されて一気に大ファンになりました! 東京に戻ってからも、気になって入山さんの活動の数々を追ってしまう日々です。

富岡のまちなかにある古い二軒長屋をリノベーションして出来たまちやど、蔟屋。またぜひ訪れたい!
富岡のまちなかにある古い二軒長屋をリノベーションして出来たまちやど、蔟屋。またぜひ訪れたい!

たまたま富岡に向かう行きの新幹線の中で「あさこちゃんって普段どんなふうに旅の行き先決めてる?」ふと、かおりちゃんに聞かれる場面がありました。
んーー、そうだなぁってあらためて考えてみると、故郷の浜松をはじめ、気仙沼、長野、金沢、京都、福岡、宮古島などなど、行こうと決める場所には必ず『会いたい』と思う人がいることに気づきました。
”その土地に根付く人と一緒に町を巡っておいしいお酒を呑む”  それこそがわたしの旅の醍醐味だなぁなんて思っていたら、今回のツアーでも”また会いたい人”にたくさん出会えてしまった……なんて幸せなんだろう。

洋品店いりやまの入山さんをはじめ、このツアーを企画された近畿日本ツーリストの牛込さん、奥貫漢薬局の中田さん、よしおか農園の藤間さん、まゆといと編集のほしなさん、社会教育館の小菅さん、観光協会の方々、富岡の魅力をめいっぱい伝えてくださり本当にありがとうございました。
きっとまたすぐに、今度はお留守番だった夫と子どもたちも連れて遊びに行きます。

129

ちなみに、最後に余談。この3日間、わたしの中に「怒る」という感情が一瞬たりとも生まれることがなかったのが衝撃でした。
来る日も来る日も子どもたちに雷を落としまくっているので、3日間怒らないなんて果たしていつぶりだったんだろう……。
自分が本来はおだやかな人間だったんだと気づけてよかったです(笑)。ま、帰宅して3分後くらいにはそっこー怒っていたけどね……。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR