DMA-_2_Max_012-B
DMA-_2_Max_012-B

ちょっと気になる最新の防災グッズ3選をハナコラボメンバーがお試し。ハナコラボ防災部結成! Learn 2023.01.24

ソーラーで動くL E Dランタンをはじめ、
手洗い洗濯袋や、火や水を使わずに温められる災害食。
ちょっと気になる最新の防災グッズをメンバーがお試し。

1.ルミンエイド

2010年の ハイチ地震を きっかけに 開発された商品。
2010年の ハイチ地震を きっかけに 開発された商品。

太陽光で繰り返し充電できるランタン。

直射日光のもと、14時間でフル充電できる。防水加工も施されているので、雨天時や水場での使用もOK。
USBポートが付属されており、天気が悪い時には電源やモバイルバッテリー、パソコン、テレビなどからの充電もできる。また、出力もでき、スマホなどへの給電も可能。

LuminAID Packlite Max 6,820円(プレジー 103-5207-2452)

第一印象はどうでしたか?

名称未設定-6

パッケージの状態ですでに充電完了していました。
ルミエンドは、注入口から空気を入れられ、膨らませて使用するソーラーランタン。折た頭れた状態で届きます。

「パッケージを開封したらすでにフル充電状態でびっくり。ソーラーだから置いておけば勝手に充電されている、というのは簡単だし、充電し忘れていたという時す買えない…ということがなくていいなと思いました」

実際に、使ってみてどうでしたか?

実際に部屋を真っ暗にして 明るさをチェック。 
実際に部屋を真っ暗にして 明るさをチェック。 

空気を入れて膨らませ、ライトをオン。

「シンプルなデザインなので間接照明として日常使いもできそう。4段階の明るさと点滅モードがあって、一番明るいモードだと真っ暗でも雑誌の文字が余裕で読めるくらい。私の5畳の部屋は部屋全体が明るくなりました。柔らかい光なのでずっと点けていてもイヤじゃないです」

災害時に役に立ちそう?

名称未設定-4

「膨らませて灯すだけ、という操作がとにかく簡単なのがいいです。家族や年配の親戚などにもプレゼントしたいと思いました。あとは、とにかく軽い! 折りたためるのでカバンにもさっと入れられるのは実用的でいい。また、バンドがついているので、持ち歩きもできます。災害時だけでなくキャンプなどでも使えそうです」

2.スクラバウォッシュバッグ

昔ながらの洗濯板を現代風にアレンジ。
昔ながらの洗濯板を現代風にアレンジ。

バッグの内側に洗濯板状の突起があり、バッグに衣類を入れて30秒ほどもみ洗いするだけで洗濯機のような汚れ落ちを実現。袋を外側からもみ洗いするので、水を無駄に使うことも、水で手荒れする心配もなし。重さは142gと軽量。旅行やキャンプにも重宝できるミニサイズもあり。6,578円(ノマディクス 10492-65-5182)

第一印象はどうでしたか?

説明もシンプルでわかりやすい。早く試したくなる!

昔ながらの洗濯板と同じ原理を利用したスクラバウォッシュバック。パッケージ裏に使い方が。「英語表記ですが、イラスト付きなのですぐわかりました。バックはレインジャケットのような生地で、広げると高さ50cmくらいのバケツ型。畳むとサイズもコンパクトだし、持った感じがかなり軽いのが好印象!」

実際に、使ってみてどうでしたか?

お風呂の残り湯で 簡単に洗濯できました!

使い方は簡単。袋に洗剤、水、衣類をインするだけ。「洗面器などで手洗いするよりずっと楽。3分ほどのもみ洗いで汚れが落ちていたのでびっくりしました。水の使用量は、洗い、すすぎで洗面器6杯ほど。慣れたらもう少し節水できるかも? 今回はお風呂の残り湯で対応したので、そこまで多くは感じませんでした」

名称未設定-1

災害時に役に立ちそう?

名称未設定-5

「薄手のビニールバッグなので破れないか心配だったけれど、とてもしっかりしています。液体を入れると自立するバッグなので、災害時、水を運んだり、入れておく容器にするなど洗濯以外でも使えそうだなと感じました。さっと下着などを洗えるから、長期旅行にも持っていきたいですね。海やプールにも重宝しそう!」

3.レスキューフーズ

名称未設定-2

火や水がなくても温かいごはんが食べられる!

名称未設定-7

発熱剤を使い、火も水も使わず温かい食事が食べられるように開発された災害食セット。白米も付いていて、ご飯と副菜が一緒に温められる。賞味期間は製造日より3年6カ月(カレーライスのみ5年6カ月)。牛丼・シチュー&ライス・カレーがひとつずつ入った一食ボックス詰め合わせ 3,459円(ホリカフーズ 1025-794-5333)

第一印象はどうでしたか?

パッケージを開けると、中には200gの白いご飯、牛丼・ビーフシチュー・カレーのレトルトパック、発熱剤、発熱容液、レンゲ、加熱袋、紙ナプキンが入っています。

「東日本大震災では季節的に寒い思いをした中で、なかなか温かいものを食べることができず苦労しました。だから、温かい災害食には興味津々です!」

実際に、使ってみてどうでしたか?

1食分がワンセットに。災害食のイメージが変わる?
1食分がワンセットに。災害食のイメージが変わる?

発熱剤を入れて、 20〜30分ほうっておくだけ。

さっそく試食。加熱袋に発熱剤を入れ、その上にご飯やカレーなどをパックごと入れます。加熱袋を箱に戻して発熱溶液を注ぎます。

「20〜30分ほどで温まります。袋は持つのが大変なほどアツアツに! 中身は食べやすい温かさ。こんなに簡単に温まるんだってびっくりしました。お肉入りのビーフシチューがとくにおいしい」

災害時に役に立ちそう?

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR