IMG_5468

今年も種類豊富で充実したラインナップ。 〈帝国ホテル 東京〉のケーキで華やかなホリディシーズンを! Learn 2022.10.15

今年も種類豊富で充実したラインナップが出揃った、〈帝国ホテル 東京〉ホテルショップ〈ガルガンチュワ〉のクリスマスケーキ。まだまだおうちで過ごすことが多そうなフェスティバルシーズンだからこそ、とびきり美味しいケーキで食卓を彩りましょう。

Bouquet(ブーケ)3万8000円(約12名用)
下段直径18cm、上段直径12cm
Bouquet(ブーケ)3万8000円(約12名用)
下段直径18cm、上段直径12cm

帝国ホテル東京伝統の苺のショートケーキを2段重ねにした、贅沢で華やかなケーキ。2022年の新作です。苺やフランボワーズが敷きつめられ、チョコレートで作ったバラが載せられています。ブーケのラッピングはホワイトチョコレート。大きなサイズなので、パーティーにもぴったり。大輪のバラを集めたブーケのような豪華さは、まさにクリスマスの主役に相応しいケーキです。

Noël Rouge(ノエル ルージュ) 左・3000円(直径12cm、2〜3名用)、右・1300円(直径6cm、1名用)。12月1日より販売開始。
Noël Rouge(ノエル ルージュ) 左・3000円(直径12cm、2〜3名用)、右・1300円(直径6cm、1名用)。12月1日より販売開始。

クリスマスシーズンになると〈帝国ホテル 東京〉のメインロビーを飾る、ドーム型の真紅のバラの装花をイメージしたケーキ。こちらも新作です。バニラムースとイタリア産ピスタチオを使った生地を、イチゴとフランボワーズのベリームースで包んでいます。ふわっとしてなめらか、かつ濃厚な食感の中に、10年かけて熟成させた希少なマダガスカル産のバニラエッセンスが香る芳醇なケーキです。

IMG_5468
Truffe 「S」2022 (トリュフ エス) 23000円(長さ約18cm、高さ約7cm、約4名用)。150台限定。
Truffe 「S」2022 (トリュフ エス) 23000円(長さ約18cm、高さ約7cm、約4名用)。150台限定。

4年前からスタートした、東京料理長杉本雄氏による〈Truffe 「S」〉(トリュフ・エス)シリーズは、この時期ならではの贅沢なクリスマスケーキ。ヨーロッパ産黒トリュフをふんだんに使ったケーキが、毎年趣向を変えて登場します。今年は、フランスの伝統料理〈パテ・アンクルート〉から着想を得たそうです。
ケーキの中心部はなめらかな黒トリュフのクリーム。その周りにはバナナケーキ、テリーヌショコラ、チョコレートクランチ、ドライいちじくやナッツ類が。表面はパリパリとしたカカオパイ生地で覆われています。黒トリュフ、チョコレート、バナナ、コニャックの相性は抜群で、口の中で見事なハーモニーを奏でます。さまざまな食感も楽しく、最後にすべてをトリュフの香りがまとめていく、素晴らしい味わいのケーキです。

ブッシュ ド ノエル 5800円(長さ26cm、8〜10名用)
ブッシュ ド ノエル 5800円(長さ26cm、8〜10名用)

ふんわりとしたスポンジ生地を巻いたロールケーキを、コーヒー風味のバタークリームに程よく煮詰めたキャラメルを加えたものでデコレーションしたブッシュ ド ノエル。切り株の形をしたフランス伝統のクリスマスケーキには、砂糖菓子のサンタクロースやキノコをかたどったメレンゲなどを添えて、可愛い仕上がりになっています。

クリスマスショートケーキ 2〜3名用(直径12cm)5000円、4〜6名用(直径15cm)6200円、6~8名用(直径18㎝)7,800円。
クリスマスショートケーキ 2〜3名用(直径12cm)5000円、4〜6名用(直径15cm)6200円、6~8名用(直径18㎝)7,800円。

不動の人気を誇る、〈帝国ホテル 東京〉のショートケーキ。しっとりとしたスポンジ生地、生クリーム、たっぷりと使われたいちご。最高級の素材で作られるショートケーキは、いくらでも食べられる美味しさです。3サイズ揃っているので、シチュエーションに合わせて選べます。

パネトーネ3500円(配送可)。12月1日より販売開始。
パネトーネ3500円(配送可)。12月1日より販売開始。
IMG_5517

昨年の〈ガルガンチュワ〉のリニューアルを機に、店舗では季節の素材を使ったパネトーネを通年展開するようになりました。クリスマスシーズンは、サルタナレーズン、オレンジピール、レモンピールを混ぜ込んだクラシックタイプを、限定パッケージに入れて販売。
自家製のパネトーネ種で発酵させた生地は、しっとりとしているのに軽やかで、口どけの良さが驚くほど抜群! それぞれ相性の良いリキュールに漬け込まれたフルーツも奥深い味わいがあります。ベーカリーシェフが、最高のパネトーネを作るべく試行錯誤を繰り返しただけあり、素晴らしい味わいと食感に感動します。

シュトレン 大5940円、小1944円(配送可)。11月18日より販売開始。
シュトレン 大5940円、小1944円(配送可)。11月18日より販売開始。

ドイツ生まれの伝統的なクリスマス菓子〈シュトレン〉。レーズン、サルタナレーズン、オレンジピール、シトロンピール、ドライイチジクとナッツ2種をバター風味の生地に練り込み、じっくりと焼き上げます。使用するフルーツは、なんと8月から2ヶ月ほどラム酒やブランデーに漬け込むそうです。
クリスマス前の4週間、シュトレンを薄くスライスして少しずつ食べるのが、本場ドイツの風習。時間が経つにつれ、ドライフルーツと生地が馴染んでいく、その味の変化を楽しみましょう。

ヌス シュトレン 4800円。配送可。12月1日より販売開始。
ヌス シュトレン 4800円。配送可。12月1日より販売開始。

ドイツ語でナッツを意味する〈ヌス〉。ローストしたヘーゼルナッツの入ったフィリングをロール状に巻き込んで焼き、シナモン風味のアイシングでコーティングしています。ちょっと目先が変わったシュトレンなので、ギフトとしてもおすすめです。

黒毛和牛のローストビーフ(真空パック500g、マデラソース付き)2万2000円。130台限定
黒毛和牛のローストビーフ(真空パック500g、マデラソース付き)2万2000円。130台限定
IMG_5512

バイキングの発祥の地として有名な、日本初のブフェレストラン〈インペリアルバイキング サール〉。1958年の開店時から今にいたるまで看板メニューとして人気のローストビーフを、東京料理長の杉本雄氏が家庭で誰でも楽しめるように、素材の選定から手掛けた「黒毛和牛のローストビーフ」に仕立て、クリスマス商品のラインナップに加わりました。レストランや宴席のローストビーフはサーロインですが、こちらはランプ肉。家庭では、脂の入り方が均一でばらつきがないランプ肉の方が食べやすいとの配慮からです。柔らかくしっとりと焼き上げられたローストビーフはさすがの美味しさ。赤身ながらもほどよく脂がのっていて、肉の旨味を堪能できます。添えてある絶品マデラソースがまた肉の旨味を引き立てます。

クリスマスオードブル 2万2000円(2〜4名用)。180台限定。
クリスマスオードブル 2万2000円(2〜4名用)。180台限定。

帝国ホテル伝統のオードブルを詰め合わせた、なんとも豪華なセット。1段目(右下)には、キャビアが丸ごと1瓶! 3種のテリーヌやコールドミート、フォワグラやズワイガニのタルトなど、シャンパンやワインにぴったりな料理が詰め合わされています。
2段目(左上)には、チキンとビーンズのサラダ、有頭海老を添えたシーフードマリネ、帝国ホテル伝統のポテトサラダやサーモンマリネなど、こちらもワインが進むお料理ばかり。帝国ホテルで長年愛され続けている味も、家で楽しめます。

ノエルピスターシュ・ルージュ 6480円(4〜5名用。直径14.5cm) 冷凍
ノエルピスターシュ・ルージュ 6480円(4〜5名用。直径14.5cm) 冷凍

こちらはオンラインショップ・通信販売で購入できる、冷凍のケーキ。ピスタチオのムースの中に、フランボワーズのムースとジュレ、ココアスポンジ、グロゼイユが。ピスタチオと金粉、フランボワーズ、グロゼイユ、チョコレートがトッピングされています。冷凍なので、食べる分だけ切り分けて残りはまた冷凍に、と長く楽しめるケーキです。

クリスマスマロン 6048円(4〜5名用。直径14.5cm) 冷凍
クリスマスマロン 6048円(4〜5名用。直径14.5cm) 冷凍

こちらもオンラインショップ・通信販売で購入できる、冷凍のマロンケーキ。渋皮栗のダイスカットをスポンジで挟み、トップには濃厚な和栗クリームをたっぷり。冷凍とはまったく思えない、ふわふわでしっとりとしたスポンジ生地は驚きの美味しさ、マロン好きにはたまらないケーキです。

〈ガルガンチュワ〉

「帝国ホテルの味をご家庭で」をコンセプトに、半世紀以上にわたり愛されてきたホテルショップ〈ガルガンチュワ〉。昨年12月、これまでの本館1階から帝国ホテルプラザ 1階に移転し、リニューアルオープンした。新しい〈ガルガンチュワ〉は、惣菜やスイーツ、パン、ギフト商品などテーマごとに3つのエリアに分かれている。また、環境にも配慮した包材などを使うだけでなく、フードロスの観点から食材を余すことなく使用したサステナブルな商品やヴィーガンメニューも並ぶ。
今回ご紹介したパネトーネは〈エピスリー ガルガンチュワ〉、ローストビーフやオードブルは〈カドー ガルガンチュワ〉にて販売。ケーキやオードブルは要予約。

エピスリー ガルガンチュワ 外観

住所:東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルプラザ 東京 1F ホテルショップ 〈ガルガンチュワ〉
TEL:03-3539-8086、クリスマス予約専用 03-3539-8026
予約受付時間10:00〜18:00
定休日:無休(ホテルに準ずる)
予約期間:2022年11月1日〜受取日5日前18:00まで
商品受け取り期間:2022年12月17日〜12月25日(「Bouquet」は13:30以降のお渡し)

〈シュトレン〉は11月18日より、〈ノエル ルージュ〉、〈ヌス シュトレン〉と〈パネトーネ〉は12月1日より販売。
インターネット予約、オンラインショップあり。

※価格はすべて税込。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR