季節限定のカヌレも味わえる。

“プチハレ”をテーマに生まれ変わった小田急百貨店へ! リニューアルした〈小田急百貨店新宿店〉の初出店グルメをレポート。 Learn 2022.10.21

〈小田急百貨店新宿店〉は、新宿駅西口地区開発計画により本館の営業を終了。それに伴い、新宿西口ハルクの売り場を再編工事し、2022年10月4日にリニューアルオープンしました。今回は、気になる人気店&初出店グルメをご紹介します。

人気スイーツ店がずらりと揃う「和洋菓子売り場」。

〈Made in ピエール・エルメ〉。
〈Made in ピエール・エルメ〉。

同百貨店地下1階は、女性の関心を引く店舗を展開し、「化粧品売り場」と「和洋菓子売り場」を集積。ポップアップショップなど、定期的に内容を入れ替えながら販売する店舗もあり、いつ訪れても新しいスイーツと出合えるようになっています。

小田急百貨店新宿店
カラフルな「メレンゲ」や「マフィン」。
カラフルな「メレンゲ」や「マフィン」。

今回〈小田急百貨店〉の初出店となる〈Made in ピエール・エルメ〉は、世界的に有名なフランス人パティシェ、ピエール エルメ氏が選りすぐりの日本の素晴らしいものを世界に発信するコンセプトショップです。和素材を使用したマカロンやチョコレートをはじめ、焼き菓子やロールケーキなどもラインナップ。自宅用はもちろん、ギフトシーズンなどにピッタリな商品を取り揃えています。

小田急百貨店初出店となる〈銀座 甘楽〉。

小田急百貨店新宿店

〈銀座 甘楽〉は「おいしい和菓子を作りたい」その一心で銀座6丁目のコリドー通りにお店を開きました。新宿店でも銀座店と変わらず、素材の味を最大限に生かしたお菓子の数々を並べています。

「豆大福」。
「豆大福」。
「銀六餅」。
「銀六餅」。

看板商品の「豆大福」は、契約農園の小豆で炊いた粒あんの風味とつきたての柔らかいお餅の味が味わえます。「銀六餅」は、銀座6丁目にちなんだ商品。餅粉入りの生地であんをはさんだ可愛いサイズが人気。和菓子好きへの手土産にどちらもお勧め。

都内はここだけ!カヌレ好き注目の〈ラ・スール〉。

小田急百貨店新宿店

福岡県発の〈ラ・スール〉は、「カヌレ」の専門店。もっちりとしたカヌレに、福岡ならではの「あまおう」や鹿児島の「知覧茶」などのチョコレートがかけられたオリジナルのフレーバーが味わえます。

季節限定のカヌレも味わえる。
季節限定のカヌレも味わえる。
手土産にも喜ばれること間違いなし。
手土産にも喜ばれること間違いなし。
生食感にこだわった「生カヌレ」は4個セットのみの販売。
生食感にこだわった「生カヌレ」は4個セットのみの販売。
生カヌレでくり抜いた部分のカヌレを使って作ったティラミスは18日まで限定(状況により延長)。
生カヌレでくり抜いた部分のカヌレを使って作ったティラミスは18日まで限定(状況により延長)。
小田急百貨店新宿店

同店では鹿児島市の自家焙煎珈琲店〈NEST COFEE〉の取り扱いもアリ。瓶に入った「カフェオレベース」は、牛乳を混ぜるだけでコクと香り豊かなカフェオレが味わえます。温かいカフェオレと、カヌレの相性は抜群。ぜひ、一緒に味わってみて。

ブランドを入れ替えながら旬のお菓子を発信!〈おかし日和〉。

小田急百貨店新宿店

〈おかし日和〉は、小田急のバイヤーが選んだ旬のスイーツが並ぶお店です。コロナ後に注目が高まっている「おやつ以上=食事未満」なアイテムを積極的に紹介していくそう。

〈東京べーぐるべーぐり〉。
〈東京べーぐるべーぐり〉。
〈ミニチュアガーデンカフェ〉。
〈ミニチュアガーデンカフェ〉。

スイーツマニア垂涎のおいしいお菓子が、期間限定で並びます。気になる商品情報は、小田急百貨店の公式サイトをチェック!
■今後の予定
・10月19日(水)〜10月25日(火)「東京べーぐるベーぐりー」
・10月26日(水)〜11月1日(火)「ミニチュアガーデン」

銀座で愛されたホテルより受け継がれた洋食がおうちで味わえる〈西洋 銀座〉。

小田急百貨店新宿店

〈西洋 銀座〉は、2013年5月に惜しまれながら幕を下ろした〈ホテル西洋 銀座〉より受け継がれたレシピや技術をベースにしたデリカテッセンの数々を提供。ホテル伝統の洋食を気軽におうちで味わえます。

パスタやドリア、オムライスなどのなじみ深い洋食のほか、「牛フィレ肉と黒毛和牛のステーキ重」などの高級デリカテッセンもあり、特別な日を祝う料理を温めるだけで味わえるので、忙しいときに最適。

小田急百貨店新宿店
小田急百貨店新宿店

中でも同店のイチオシである「牛フィレ肉のカツサンド」は、厚切りにされた牛肉を熟練の職人が絶妙な火加減で焼き上げた贅沢なサンドイッチです。赤ワインなどのお酒を片手に味わいたい一品です。

フランス・ブルターニュで愛された〈ル ビアン〉。

小田急百貨店新宿店

フランスのブルターニュ地方に誕生したブーランジュリー〈ル ビアン〉は、親子3代に渡り本物のフランスパンの味わいを受け継いできました。素材にこだわった伝統的なパンをはじめ、日本人の味覚に合う新しいスタイルのパンがズラリ。

小田急百貨店新宿店

フランスの伝統菓子や旬の食材を使った限定パンなど、パンのバリエーションも豊富。パン界のトレンドもしっかりと押さえた商品が揃っており、食べたかったパンが絶対に見つかるといっても過言でないほどです。

毎日食べたくなる高級食パンを!〈嵜本ベーカリー〉。

小田急百貨店新宿店

関西で高級食パンランキング1位にも選ばれた〈嵜本ベーカリー〉は、「毎日食べたい、どんな食べ方とも相性のいいパン」を追求。麦の優しい風味とほのかな甘味が感じられる「極美“ナチュラル”食パン」や、北海道産の牛乳や生クリーム、国産バター、蜂蜜の芳醇なコクを閉じ込めた「極生“北海道ミルクバター”食パン」などを販売しています。

小田急百貨店新宿店
小田急百貨店新宿店
小田急百貨店新宿店
小田急百貨店新宿店

連日400個を売り上げる「嵜本の塩トリュフパン」や「大人のクロワッサンダマンド」など、こだわりの食材を使ったプレミアム感溢れるリッチなパンにも注目です。

焼きたてのクロワッサンのテイクアウト専門店〈ゴントラン シェリエ〉。

ゴントラン・シェリエ氏。
ゴントラン・シェリエ氏。

「パリで最もおいしいクロワッサン」といわれている〈ゴントラン・シェリエ〉は、同百貨店の外周路面店に国内2号店となるテイクアウト専門店をオープン。パリで絶賛された「クロワッサン」は、オリジナル配合の小麦粉をはじめ、ノルマンディー産のバターなど厳選された最高品質の食材のみを使用。フランスはもちろん、アジア、中東でも60店舗を展開し、各国の人々に親しまれています。

小田急百貨店新宿店

看板商品である「クロワッサン」や「クイニーアマン」、「パン オ ショコラ」などとともに、テイクアウトのドリンクも販売。パリの風を感じさせるパンの数々に魅せられ、思わず足を止めてしまうこと間違いなし。

また、2022年12月にリニューアル第二弾として、小田急エース北館内に新しい食品売り場がオープン。オフィスワーカーをターゲットにした和洋菓子、お弁当、惣菜などの店舗が仲間入りします。
生まれ変わった〈小田急百貨店 新宿店〉で、お気に入りのグルメ探しを楽しんでみてはいかが?

〈小田急百貨店 新宿店〉
■ 新宿区西新宿1-5-1
■ 0570-025-888(ナビダイヤル)
公式サイト
※営業時間は公式サイトを確認してください。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR