LAVA_『私に寄り添うフェムケアヨガ』

女性のライフステージに合わせたヨガで、心と身体をセルフケア♪ 〈ホットヨガスタジオ LAVA〉が、女性のための新レッスン『私に寄り添うフェムケアヨガ』を提供スタート! Learn 2022.10.11

10月11日(火)より、〈ホットヨガスタジオ LAVA〉がオンラインヨガサービス「UCHIYOGA+」にて、新プログラム『私に寄り添うフェムケアヨガ』の提供をスタートします。女性のライフステージごとの心と身体の変化を知り、ポジティブに向き合うためのセルフケアをするという新しい試みのこのプログラム。今回、提供開始に先立ち、事前体験会に体験参加した様子をレポートします!

女性ならではの不調に向き合い、ポジティブに過ごしてほしいとの想いから開発。

LAVA_『私に寄り添うフェムケアヨガ』

生理痛やPMS(月経前症候群)、更年期障害など、女性は月のバイオリズムや性の成熟過程に応じてホルモンバランスが大きく変動するため、心も身体もその影響を受けやすくなっています。しかし、その影響により何か不調を抱えても、周囲に言えず我慢をしたり、体調をコントロールできず悩みを抱えていたりする人も多いのではないでしょうか。

そんな悩みを解決したいと、〈ホットヨガスタジオ LAVA〉は、女性特有の不調をケアして毎日をより快適に過ごせるようなヨガプログラム『私に寄り添うフェムケアヨガ』を開発しました。

LAVA_『私に寄り添うフェムケアヨガ』

オンラインで受講できる『私に寄り添うフェムケアヨガ』は、女性のライフステージに応じた心と身体の変化を知り、ポジティブに向き合えるようにしていくプログラムです。

「思春期」→「性成熟期」→「更年期」→「円熟期」という女性のライフステージにおいて、それぞれ心身の変化や抱えやすい悩みはさまざま。『私に寄り添うフェムケアヨガ』では、その4つのステージに応じた悩みを予防・緩和するためのポースや呼吸法が取り入れられています。

産婦人科医とLAVAのトップインストラクターが、「女性の心と身体」についてトークセッション。

LAVA_『私に寄り添うフェムケアヨガ』

今回の体験会では、〈医療法人社団りつのクリニック〉の立之 侑子医師とLAVAトップインストラクター・村上里菜さんが、「ライフステージに応じた女性の心と身体の向き合い方」をテーマにトークセッション。

昔と比べ現代女性は出産回数の減少により生涯における生理の回数が増え、そのことにより子宮内膜症などの子宮の病気や、ホルモン依存性の病気が起こるリスクが高まっているのだとか。また、ストレス社会も合わさって、 PMSや更年期障害などの症状で悩む女子も多くなっているそうです。

お二人が自身のケアに取り入れられている方法は、自分の月経周期の記録と確認。生理前後でこのタイミングにはこういう動きをしよう、などと自分の体調の変化をしっかり把握することが大事とのことで、勉強になりました。

実際に、『私に寄り添うフェムケアヨガ』をオンラインで体験!

LAVA_『私に寄り添うフェムケアヨガ』

いよいよ、『私に寄り添うフェムケアヨガ』を体験します!私は自宅でこのようにPCでオンライン受講しましたが、下の画像はオフライン開催時の様子です。このプログラムは、オンライン提供のみとなります。

LAVA_『私に寄り添うフェムケアヨガ』

「このライフステージではこういう悩みを抱えやすいため、このポーズをします」というように、インストラクターが各年代に適した呼吸法やポーズを教えてくれます。

そのため、プログラムを進めていくうちに、実際に人生を思春期から円熟期まで体験したような感覚に。

LAVA_『私に寄り添うフェムケアヨガ』

「思春期」は女性ホルモンの分泌量が不安定なため、生理に伴う症状に悩みやすい時期。月経時の腰周りの重だるさや冷えを緩和させるような、骨盤や股関節周りの血流を促すポーズを行います。

「性成熟期」は仕事だけでなく、家庭や趣味、恋愛、出産など、さまざまなライフイベントを経験しやすく、周囲と自分を比較して悩む人も。そのため、自分の軸を持ち、感情や思考の整理に繋がるようなポーズを行います。

また、仕事上のストレスからPMS(月経前症候群)の症状が出やすく心身の悩みを抱えやすい時期でもあるため、ヨガのポーズと呼吸により自律神経のバランスを整えていきます。

LAVA_『私に寄り添うフェムケアヨガ』

「更年期」には卵巣の機能の低下により女性ホルモンの1つであるエストロゲンが急激に減少することで、ほてりや発汗、手足のしびれ、めまい、イライラや焦燥、不安など、身体的にも精神的にもさまざまな症状が。

股関節や肩甲骨をしっかりと動かして全身の血行を促進し、気持ちを開放的にする立位のシークエンスや、自律神経のバランスを整えるポーズなどを行います。

「円熟期」は女性ホルモン・エストロゲンの分泌がなくなり、体力の低下を一気に感じやすくなる時期。脚の筋力を維持するポーズや手足の先まで丁寧にコントロールする動きを取り入れることにより、身体の細部まで感覚をしっかり保てるようにサポートします。

LAVA_『私に寄り添うフェムケアヨガ』

全体で1時間ほどのプログラムなのですが、オンラインといえど最後には汗をかくほどかなりよい運動になりました。全身のいろいろな部位をしっかり動かしていくような、さまざまな呼吸法やポーズが取り入れられています。オンライン受講なので、メイクや服装などを気にせず、おうちの中で手軽に行えるのはうれしいですよね。

普段あまり運動をしていない私は筋肉が足りず、なかにはバランスがと取りづらい体勢のポーズも。しかし、インストラクターが「この体勢が辛かったら、こうしてもOK」などと丁寧に指導してくれたので、無理せずに最後まで楽しめました。

終わったあとは体内の血流がよくなって、普段冷え性の私も身体の中からポカポカに!また、女性としての自分の身体のケアを考える良い機会にもなりました。ぜひ、セルフケア方法の1つとして、『私に寄り添うフェムケアヨガ』を取り入れてみてはいかがですか?

『私に寄り添うフェムケアヨガ』
特設サイト
■LAVA オンラインヨガサービス「UCHIYOGA+」にて受講可能

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR