〈SPRING VALLEY〉からまろやかな口当たりの白ビール、「SPRING VALLEY シルクエール」が登場

今夜は贅沢な白ビールで乾杯。 家飲みを格上げ。〈SPRING VALLEY〉からふわとろの泡と華やかな香りが楽しめるクラフトビール「SPRING VALLEY シルクエール」が登場。 Learn 2022.09.05

キリンビールが手掛けるクラフトビールブランド、〈SPRING VALLEY〉からまろやかな口当たりの白ビール、「SPRING VALLEY シルクエール」が発売! 構想に10年の歳月を費やし、手間暇惜しまず仕上げた渾身のビールの魅力に迫ります。

シルキーな泡が魅惑的。上質な白ビールが誕生。

〈SPRING VALLEY〉から発売する「SPRING VALLEY シルクエール」

近年盛り上がりを見せるクラフトビール。コロナ禍で高まっている「自宅でちょっとよい時間を過ごしたい」というニーズから、2021年のクラフトビール市場は前年比約1.6倍にも伸長しているそう。

そんななか2022年9月13日(火)、キリンビールから自宅で気軽に贅沢な味わいを楽しめる白ビール、「SPRING VALLEY シルクエール」の販売がスタート。このビールの特徴は何といっても小麦麦芽を使用することで実現したきめ細かなふわとろの泡と、シルクのようなまろやかな口当たり。ニュージーランド産の希少ホップ、「ネルソンソーヴィンホップ」の華やかで心地よい香りも大きな魅力です。

「SPRING VALLEY シルクエール」と「SPRING VALLEY 豊潤<496>」

こちらは「おいしさにこだわった造り手の感性と創造性が楽しめるビール」として2021年にスタートしたクラフトビールブランド、〈SPRING VALLEY〉の第2弾となる商品。

昨年発売した「SPRING VALLEY 豊潤<496>」は国内外ともに評価が高く、世界5大ビールコンペティションである『Australian International Beer Awards』では、銅賞を受賞。さらに日本のクラフトビール市場増分の約8割を占めたのがこのビールだったそう。

〈SPRING VALLEY BREWERY TOKYO〉

そんなブランドの次の商品発売に先駆け、キリンでは代官山のオールデイダイニング、〈SPRING VALLEY BREWERY TOKYO〉にて2種のクラフトビールとフードのペアリングイベントを開催。今回はそれぞれのビールの特徴とおすすめの料理の食べ合わせをレポートします。

「SPRING VALLEY シルクエール」をおいしく楽しみたいなら、グラス選びが肝心。

「SPRING VALLEY シルクエール」をおいしく楽しみたいなら、まずはグラス選びが肝心。ステム(脚)付きのものなら、手のぬくもりが伝わらず、最後まで最適なおいしい温度でビールを楽しめます。さらに飲む前に脚を指で挟み、ゆっくり回す(スワリングする)と香りが立ち、シルキーな泡も復活するそうなので、ぜひお試しあれ。

ペアリング開始!2種のビールと相思相愛なのはどのメニュー?

「SPRING VALLEY シルクエール」と「SPRING VALLEY 豊潤<496>」

2種のビールとのペアリングメニューとして最初に登場した料理は、「サーモンムニエル」と「ハラミステーキ」。上手にフードペアリングするコツは「似た色同士」、「似た風味同士」を合わせることだそう。

イチオシは、独特の風味が引き立つ香ばしいサーモンと柑橘系の味わいが見事にマッチした「SPRING VALLEY シルクエール」の組み合わせ。麦のうまみを感じる「SPRING VALLEY 豊潤<496>」にはミディアムレアに焼き上げ、ビネガーやハーブが効いたソースを添えたハラミがさっぱりとしていてよく合います。

「SPRING VALLEY シルクエール」と「SPRING VALLEY 豊潤<496>」

次に登場したのは2種のカレー。コアなファンの間ではのビールとスパイスの相乗効果で、カレーがよりおいしくなると話題の組み合わせです。同じ色同士を合わせると成功するというロジック通り、オレンジ色の「プラウンマサラカレー」は、ココナッツのまろやかな風味がシルキーな「SPRING VALLEY シルクエール」と相性抜群!「バターチキンカレー」の色みとリンクする「SPRING VALLEY 豊潤<496>」は、奥深い味わいがバターチキンのコクをさらに引き上げてくれます。

「SPRING VALLEY シルクエール」と「SPRING VALLEY 豊潤<496>」

ラストは意外性のあるスイーツとのペアリング。実は、シュワシュワとしたビールには、サクサク・ふわふわ・ぷちぷち食感のデザートがマッチするのだとか。

甘酸っぱさの相乗効果で、それぞれのよさが際立つのは「レモンケーキ」と「SPRING VALLEY シルクエール」。あまじょっぱい「みたらし団子」は、「SPRING VALLEY 豊潤<496>」と合わせると麦の旨みや醤油のコクが口の中に広がり、至福のひとときが味わえます。

「SPRING VALLEY シルクエール」と「SPRING VALLEY 豊潤<496>」でペアリング

どの料理とどのビールがマッチするのか、実際にいろいろとトライしてみることでビールの香りや味だけでなく、誰かと語る楽しみも広がるフードペアリング。この秋は香り豊かな新登場の白ビールを片手に、好みの料理を味わうちょっぴり贅沢なおうち飲みを楽しんでみませんか?

〈SPRING VALLEY シルクエール〉
■発売日
(1)2022年9月13日(火)/350ml缶・500ml缶/全国発売
(2)2022年9月15日(木)/1Lペットボトル(キリン ホームタップ)、330mlびん(キリンオンラインショップDRINX)発売
(3)2022年8月8日(月)/3Lペットボトル/全国(Tap Marché)発売
(4)2022年8月8日(月)/15L樽/スプリングバレーブルワリー直営店発売
■価格: 350ml缶:248円、500ml缶:330円
公式サイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR