DSC_0905_main

長寿県・長野の健康食材がいっぱい! 信州の郷土料理が味わえる期間限定フェア!3月15日(木)から〈ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ〉にて開催! Learn 2018.03.15

〈ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ〉3階の〈シェフズ ライブ キッチン〉にて、信州の豊かな自然に育まれたサーモンやイワナ、信州食文化の要である味噌、全国でも生産量の多いきのこなどの信州産健康食材を使ったメニューフェアを3月15日(木)から開催。今回は、先週行われたメディア向け試食会に参加した様子をレポートします!

〈シェフズ ライブ キッチン〉にて開催。

1_DSC_0892

〈シェフズ ライブ キッチン〉は、“ヘルシー”“ビューティー”“フレッシュ”をコンセプトにした、ライブ感溢れるブッフェスタイルの料理を提供するレストランです。

2_DSC_0895

ソファーも置かれ、ゆったりとしたラグジュアリー感のある造りになっています。

3_DSC_0927

今回このメニューを企画するにあたり、実際に信州まで食材を吟味しに行ったという、副総料理長佃さんが挨拶をされました。長野県のゆるキャラ「アルクマ」も駆けつけてくれたようです(笑)。

実際に試食させていただきました!

4_DSC_0929

副料理長 佃さんの掛け声で、シャンパンで乾杯します。

5_DSC_0935

このブッフェで特徴的なのは、この“ファーストディッシュ”。最初にこちらのメニューがテーブルで提供されます。こちらは「コラーゲンたっぷり、あんこうと甘シャキ味えのきスープ」。旬のあんこうをクリームベースのスープに奏龍味噌を加えて仕上げた一品。カップを覆うパイ皮に穴を開けて、中のあつあつのスープをいただきました。

6_DSC_0905_2

続いてブッフェテーブルへ。こちらは、信州の豊かな野菜を使ったサラダが並んでいます。

7_DSC_0917

雪下人参と信州牛蒡のサラダ

天然の雪を使う食品冷蔵庫“雪室”で貯蔵した、にんじんとごぼうをゴマ油で香り良く炒めた一品。

8_DSC_0918

野沢菜と彩り野菜のヤタラサラダ

「信州の名物と言えば」な野沢菜と、各種彩り豊かな野菜を甘酢ドレッシングで和えたサラダ。野沢菜の味わいがしっかり効いているので、お酒のおつまみにも◎

9_DSC_0908

こちらは前菜。郷土料理の芋ナマスや信州サーモンを使ったカクテルが並びます。デコレーションがおしゃれ。

10_DSC_0914

温菜の「山賊焼きソルガムきび添え、シェフ ライブ キッチンスタイル」。信州の郷土料理である“山賊焼き”をオリジナル料理にアレンジしたものです。

ライブキッチンの真骨頂!
実際にシェフがライブで調理。

11_DSC_0936
12_DSC_0943

お寿司はちゃんと職人の方がいらして、注文後に握ってくれます。信州産のサーモンとイワナも寿司ネタになっていましたが、臭みが全くなく美味しかったです。

13_DSC_0939
14_DSC_0942

このお店の定番料理「骨つきプレミアムローストビーフ」。なんと骨付きの国産牛の肉の塊から、シェフが切り分けてくれます。とっても柔らかいお肉で、お皿一枚というサイズにもかかわらずペロリと食べられちゃいました。

日本酒やスイーツなど、まだまだ盛りだくさん!

15_DSC_0940

信州食材を使ったブッフェに合わせて、長野県産日本酒もいただけます。銘柄は左から、「真澄」「七笑」の純米と辛口。

16_DSC_0944

どれもすっきりした味わいで、野菜が多い信州ブッフェメニューとの相性も抜群です。

17_DSC_0901
18_DSC_0945

女性たちが歓声を上げていたのがこちらのスイーツ。長野県産のいちごや季節の桜の花を使ったケーキやブラマンシェ、プリンなどがズラリ。別腹とばかりにいただくと、すっかり春気分になれるスイーツばかりでした。

19_DSC_0946

竹芝にあるので、窓からはレインボーブリッジや行き交う船を眺めながらいただけます。信州の郷土料理や健康食材を使ったヘルシーなメニューブッフェを、こんな洗練された空間の中でゆったりと味わってみてはいかがでしょうか。

【 〈シェフズライブ キッチン〉店舗情報】
◼︎住所:東京都港区海岸1-16-2 〈ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ〉3F
◼交通アクセス:JR・モノレール「浜松町」駅から徒歩8分
◼︎電話:03-5404-2246
◼︎営業時間:ランチ11:00〜14:30(L.O.14:15)
ディナー17:30〜22:00(L.O.21:45)
◼︎HP:http://www.interconti-tokyo.com/restaurant/chefs-live-kitchen/news/clk-shinshu.html

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR