中目黒 スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京

イタリアの食文化、アペリティーボを目黒川沿いで。 〈スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京〉のテラスで楽しむ「ロースタリー ピアッティーニ フライト」。 Learn 2022.08.03

遠出せずに都内で避暑地のような雰囲気を味わえるテラスが〈スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京〉にオープンしました。その「サマーテラス」では、イタリアの食文化、アペリティーボにぴったりな「ロースタリー ピアッティーニ フライト」がいただけます。8月31日まで限定の「ロースタリー ピアッティーニ フライト」とさっぱりしたカクテルでアペリティーボを体験しましたので、その魅力をご紹介します。

目黒川を眼下に望む「サマーテラス」で都会の避暑地気分。

中目黒 スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京

〈スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京〉は目黒川を望む4階建の建物です。3階と4階部分にはテラスがあり、この夏「サマーテラス」としてオープンしました。

アガベやオリーブなどいくつもの植物やパラソルが並び、眼下には目黒川。代官山方面に空がひらけていて開放感もたっぷりです。夕暮れのリラックスタイムに立ち寄りたいテラスです。

中目黒 スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京

この「サマーテラス」で提要されるのが「ロースタリー ピアッティーニ フライト」です。イタリアンベーカリー〈プリンチ®〉とバーの〈アリビアーモ™ 〉が、イタリアの食文化、アペリティーボの体験をこの場所で提供しようと企画されました。

シェフのアイデア満載。お酒に合うセイボリー6種類とドルチェ2種類。

中目黒 スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京

アペリティーボはイタリア語で食前酒と言われ、食事の前に軽くお酒と小皿料理を楽しむスタイルのことです。ピアッティーニはイタリア語で‛’小皿料理‛’を意味します。

「ロースタリー ピアッティーニ フライト」では、カクテルとの相性のいい6種類のセイボリーと2種類のドルチェが2段のスタンドにのせられて提供されます。

セイボリーもドルチェも同じ建物の1階にもあるイタリアンベーカリー〈プリンチ®〉のシェフによるもの。イタリアの定番小皿料理に加えて、そのアイデアと技術を盛り込んだひと口サイズの料理やドルチェが盛り込まれています。

中目黒 スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京

上段はスペイン産「18か月熟成 プロシュート クルード」とレッドオニオンとケッパーが爽やかな「スモーク サーモン」という定番の2品。そして貝殻の形をしたパスタ、プチトマトらしきメニューが並びます。

貝殻をしたパスタはコンキリエと呼ばれています。ムール貝をイメージしてイカ墨を練り込んでいますが、中には本物のムール貝がリコッタチーズと一緒に入っています。それを香草パン粉焼きにした、小さいけれど手の込んだ一品です。

そして右端の、サイズも見た目もプチトマトに見える一品は「ポモドーロ フィント」。フィントとは偽物という意味。つまりこれ、トマトではありません。

中目黒 スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京

「ポモドーロ フィント」はチーズとベシャメルソースを合わせたボール状にしたものをトマトソースのジュレで包んでトマトに見せかけたもの。ヘタは本物が添えられているので、説明されるまで本物かと思ってしまいました。中のチーズはコクがあり、色もトマトとは別物ですが、外側のトマトソースのジュレは、口に入れると、どこか皮のような食感もあって不思議!

中目黒 スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京

下段には、「フォカッチャ サンドイッチ プロシュート コット」という〈プリンチ®〉を代表するフォカッチャにレタス、トマト、そして繊細で風味豊かなフランス産プロシュートコットを挟んでいます。

「スフィラティーニ オリーブ」は〈プリンチ®〉の人気商品。ほどよい塩気のある細長いパンにグリーンオリーブがゴロゴロ入っていて、お酒との相性が抜群です。

そしてドルチェは「マンゴーのマシュマロ」と「トルタランポーネチョコラート」の2品。

「マンゴーのマシュマロ」は、トロピカルなマンゴーの味と香りが口に広がるとともに、ふわりと溶けるようなやさしい柔らかさが印象的です。

チョコレートケーキの「トルタランポーネチョコラート」。ビターなチョコとしっとりしたスポンジ部分、そして最上部のラズベリーの甘酸っぱさが華やか。甘いものもお酒も好きな人が納得する味ではないでしょうか。

中目黒 スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京

定番のおいしさから、予想外のアイデアが詰まった小さな料理、ひと口サイズがほどよい甘いものまで。小腹プラスαな満足感がうれしいラインナップです。メニューの詳細は、スタンドを象ったリーフレットに書かれています。ひとつひとつを確認しながら食べるといっそう楽しめそうです。

レモンチェッロにカンパリと緑茶も合わせたサワーを合わせて!

カンパリの赤とレモンの黄色のコンビネーションもかわいい「東京 レモンチェッロ サワー」1,900円(店内利用のみ)。
カンパリの赤とレモンの黄色のコンビネーションもかわいい「東京 レモンチェッロ サワー」1,900円(店内利用のみ)。

アポリティーボは食前酒の意味ですから、もちろんビバレッジも合わせて楽しみましょう。〈アリビアーモ™ 〉が、テラスで飲んで欲しいと開発したオリジナルカクテルが「東京 レモンチェッロ サワー」です。

入っているのはイタリアでは家庭でも作られるリキュール、レモンチェッロとジン。赤いカンパリを入れ、お茶割りサワーもイメージして、玉露も加えています。夕暮れどきにぴったりな爽やなビバレッジです。

もちろん〈アリビアーモ™ 〉にはコーヒーを使ったカクテルやモクテル、プロセッコ、ワインも用意されています。

中目黒 スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京

夏の空を眺めながら、小さな驚きも味わえるアペリティーボは、この夏、大人の夕涼みにぴったりです。

「ロースタリー ピアッティーニ フライト」は16時、18時、20時からの入れ替え制。オンラインで予約できますが、当日分がなくなり次第終了なので、早めにチェックを。

〈スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京〉
■東京都目黒区青葉台2-19-23
■03-6417-0202
■7:00~22:00、3F アリビアーモ バーは平日のみ9:00~
■不定休
公式サイト

「ロースタリー ピアッティーニ フライト」
■3,520円(店内利用のみ)
■~8月31日(水)
■販売時間 16:00~、18:00~、20:00~(入れ替え制・なくなり次第終了)

事前予約サイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR