無題 (1)

罪悪感ゼロの絶品チョコが食べたい! 罪悪感ゼロの絶品チョコ!〈京都グラノーラ工房〉の「カカオの想い」〜眞鍋かをりの『即決!2,000円で美味しいお取り寄せ』~ Learn 2022.07.24

予算は即決価格の2,000円以内!眞鍋かをりさんがネットで見つけた美味しいお取り寄せ商品を紹介する本連載。今回は〈京都グラノーラ工房〉の「カカオの想い」です。

疲れたときに、ちょっとつまみたくなるのが甘いチョコレート。でも、つい食べ過ぎて罪悪感を感じることも。そんな罪悪感を感じることなく、むしろ体に良いチョコレートが食べたい…もちろん、味も妥協はしたくない。そんなひと品を探していて見つけたのが、今回のおとりよせです。

IMG_7665
image0
IMG_7666

〈京都グラノーラ工房〉の「カカオの想い」110g 1,080円です。グラノーラ工房というだけあって、いろいろな味のグラノーラがメインの商品。ですが、チョコレートやフレーバーナッツなど、魅力的なおやつもたくさんあるんです。

image2
IMG_7667

パッケージには「砂糖・乳製品不使用」の文字が。なんと10gあたり糖質2.2g!しかもヴィーガン仕様なんです。お砂糖の代わりに使われているのはメープルシュガー。ナッツやドライフルーツもオーガニックのものが使われていて、原材料は身体に良いものばかり。

それではいただきます。

IMG_7671
IMG_7676

ダークなチョコレートの中には、ナッツやパンプキンシードがごろごろ。ナッツは健康や美容のために摂りたい食材ですよね。食感は思ったより軽めで、口の中でココアバターがすっと溶けます。カカオはしっかりと感じられますが、メープルシュガーのすっきりとした甘さのおかげで、ビター過ぎないのが絶妙!コーヒーのおともに最高です。

image3

こちらは、メープルナッツのグラノーラ。こちらも砂糖不使用で、小麦粉も使われていないので、グルテンフリーです。原材料もすべて、胡麻油や有機蜂蜜など、身体が喜びそうなものばかり。小麦粉の代わりに使われているのは玄米粉です。

いつもはグラノーラはヨーグルトに入れて食べるのですが、クランチ状に固まっているのでおやつがわりにザクザク食べられます。メープルがしっかり甘くて、満足感があります。おやつタイムがヘルシーだと、体だけでなく気持ちも軽くなりますね。栄養も味も妥協ゼロの絶品スイーツでした。

過去の連載はこちら

Videos

Pick Up

記事4_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅④ | カヌーで巡るマングローブ原生林、海が青すぎる展望台…世界自然遺産を体感!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーである藤井茉莉花さん。今回は美しい海岸と展望台、マングローブの森でのカヌーツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 ※奄美群島のアクティビティの情報は、「あまみシマ博覧会」のサイトでも探せます。 https://www.amami-shimahaku.com/ 公式サイトはこちらTravel 2023.03.22 PR
お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選いま最も注目を集めるスポット・町田。活気あふれる商店街を始め、地元の人に愛される洋食店、100年以上続く名店など、気になるお店が盛りだくさんなんです。そこで、今回は“レトロ”をキーワードに、いま行くべきグルメスポットを厳選。次の休日、きっと町田に行きたくなる!(PR/町田市)Food 2023.03.22 PR
SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR