top19

これから流行の予感!? 和菓子メイクを体験しよう。 〈SHISEIDO〉×〈とらや〉がコラボしたポップアップショップ&カフェが表参道に3日間限定オープン! Learn 2018.03.09

ミニサイズの限定メイクアップ〈SHISEIDO ピコ〉と、和菓子屋〈とらや〉のコラボイベント『SHISEIDO POP-UP SHOP & CAFÉ PICO HANAMI』が3月9日(金)〜11日(日)の3日間限定、入場無料で開催されます。表参道の会場では〈SHISEIDO ピコ〉のお試しや購入のほか、プロによる“おすすめピコメイク”の体験、春がテーマのとらやの和菓子が食べられるお花見茶屋もオープンです!

さくら満開! 表参道でお花見しよう。

49ef72b19c9b2addea8db508ca9b00b71

ピンクの“のれん”が目をひく表参道montoak(モントーク)。〈SHISEIDO ピコ〉3月発売品のテーマ「さくら」をモチーフにした会場内では、イベント『PICO HANAMI』のネーミングどおり、ひと足お先にお花見を楽しむことができそうです!

なぜ、和菓子とコスメのコラボ?

20cfce153c6dcbd30dc35695758066ae1

四季の美しさを繊細に表現した和菓子にインスパイアされて生まれた〈SHISEIDO ピコ〉。そう言われれば、春は桜、冬は雪……と、旬を形にする和菓子と同じく、メイクアップもまた季節ごとに色を大切にしていますよね!

041c8e89b678b46731ac2144bc87c2e71

「飴細工」をテーマにした2〜5月定番発売品は、紅姫・珊瑚礁・だいだいなどの「ルージュルージュ ピコ」、むらさきいも・ぶるーべりー・黒ごまなどの「ネイルエナメル ピコ」と、ユニークなネーミングにもくすぐられます。
手の中に隠れるほどの小さなサイズは、ギフトにもぴったり。お出かけ先でも活躍してくれそうです。

3d286c066077720590e492e614c9bbcc1

そんな〈SHISEIDOピコ〉が今回コラボしたのは、ご存知、老舗和菓子屋の〈とらや〉。
季節を楽しむように和菓子やメイクを楽しんでもらいたいという思いがあちこちに散りばめられたポップアップショップには、とらやの桜餅が置かれた? こんなフォトブースも準備されています。

季節ごとのメイクが楽しみに。3月、5月の限定色はコレ!

588f5dc5c85286438783f2302a488dbe1

3月の限定品は、花明かり・桜貝の「ルージュルージュ ピコ」と、さくら・さくらふぶきの「ネイルエナメル ピコ」です。夜桜を思わせるようなネーミングの「花明かり」は、濃い桜色が印象的。ほかの口紅と合わせてニュアンスをチェンジできるチェンジャータイプの口紅「桜貝」は塗った瞬間キラキラで華やかさをプラスしてくれます。

8ec6a9c9f17f674d2b5aa83ddff080e11

こちらはギフトボックス。和菓子が入っている箱は質感や色など季節を取り入れたり高級感があるものが多く、贈る方もいただく方もワクワクしますが、〈SHISEIDO ピコ〉のギフトボックスも素敵! 3月の限定色であるさくら色がとっても春らしいですね。

9bdf40befda56aded47d3d00bffed8311

5月のテーマは「初夏」。フレッシュな初夏を思わせる元気が出そうな色や、ゆらゆらときらめく水面、涼しくゆったりとした夏を想像させる色などこの夏を鮮やかに彩ってくれそうです。

この春、流行る!? 和菓子メイクに挑戦。

5b398eeaa9d4e5cbd78497cfa5d68afd1

気になる新色を含めてお試しできるのが、今回のポップアップショップ。こんなにカワイイ笑顔で迎えてくれる、資生堂のトップメーキャップクリエーターやビューティーコンサルタントによるメイクアップを体験することができます!

da08479581968d2308da7b3df64abe221

そして、和菓子の色使いをヒントにした“和菓子メイク”には注目です! とらやの桜羊羹「桜の里」をモチーフに、目尻にふんわりカーキを入れてもらうだけでまさに春!
3月限定色の「花明かり」と「桜貝」を乗せれば「桜の里」の出来上がりです! この春は和菓子メイクにはまる人が続出するかも!?

とらやのお花見茶屋〈PICO CHAYA〉オープン!

eba117ff5d58c6bf1f96e4940afb87de1

お花見と言えば……やっぱりだんご! ですが、今回はだんごではなく〈とらや〉の和菓子をいただけるお花見茶屋〈PICO CHAYA〉がオープンします。

80a5a94fad8b64c4f0af5fd919d272fc1

桜プレートでは2種類の和菓子が選べ、もなか・オリジナル桜椿干菓子とドリンクで桜を見ながらまさにお花見。また各テーブルにはピコ商品が置かれていて、和菓子のトレイに乗せ写真を撮るコラボも。思わずシェアしたくなりますね〜。

57b8ad171c27ba4a3f9ece1dc83d40341

SHOPコーナーでは、〈SHISEIDO ピコ〉の商品を4品買うと、オリジナル花椿干菓子のプレゼントあり!
(数量限定)〈PICO CHAYA〉のメニューにもある、資生堂マークが特別感ありの春色干菓子です。

3f024b15786525d50fc2154c450f14aa1

ピコ商品が気になっていた人はもちろん、プロの技を体験したい人や和菓子好きも気軽に入れる『SHISEIDO POP-UP SHOP & CAFÉ PICO HANAMI』。会場のあちこちに咲く桜を眺めながら「SHISEIDO ピコ × とらや」の特別コラボを楽しんでください!

〈資生堂 商品詳細〉
●「資生堂 ルージュルージュ ピコ」1,800円(税別)3月限定品「花明かり」「桜貝」、5月限定品「初夏」「れもん」
●「資生堂 ネイルエナメル ピコ」1,000円(税別)3月限定品「さくら」「さくらふぶき」、5月限定品「みなも」「水ようかん」

〈とらや カフェメニュー〉
●桜プレート 880円(税抜)
●和菓子単品

『SHISEIDO POP-UP SHOP&CAFÉ PICO HANAMI』
開催日時:2018年3月9日(金)〜3月11日(日)、11:00〜19:00
入場無料、カフェメニューは有料
会場:montoakモントーク(東京都渋谷区神宮前6-1-9)
※当日は整理券が配布されます。混雑時は安全確保のため、入場制限となることがあります。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR