表参道ヒルズ 春グルメ

激辛つけ麺から、桜風味のデザートまで! 〈表参道ヒルズ〉で、春ならではの食材を取り入れた「彩り春グルメ」を楽しもう!5月8日 (日) までの期間限定。 Learn 2022.04.15

2022年2月11日(金・祝)に開業16周年を迎えた〈表参道ヒルズ〉。16周年のリニューアルにあわせて、2022年5月8日(日)まで、館内の人気カフェ・レストラン13店舗が参加し、春限定の「彩り春グルメ」を展開します。今回は、4店舗のメニューを試食させていただきましたのでレポートいたします!

〈蔭山樓〉の「桜えび とびっこチャーハン」。

「桜えび とびっこチャーハン」1,738円(1日限定10食)。
「桜えび とびっこチャーハン」1,738円(1日限定10食)。
「桜えび とびっこチャーハン」1,738円(1日限定10食)。
「桜えび とびっこチャーハン」1,738円(1日限定10食)。

創作中華の味わえる〈蔭山樓〉からは、たっぷりのせられた “とびっこ” がうれしいチャーハンがお目見え。

こだわりは、桜えびをオーブンで15分×8回ほど乾燥させてから、ご飯と炒めること。口に入れた瞬間から、桜えびの風味がふわっと広がって、幸福感に包まれます。しっかり乾燥させた桜えびの食感も抜群!

とびっこがたっぷり〜!
とびっこがたっぷり〜!
ボリューミーなチャーハンは、シェアして食べても。
ボリューミーなチャーハンは、シェアして食べても。

かなりボリューミーなチャーハンは、シェアして食べるのもおすすめ。実際に、〈蔭山樓〉名物の「鶏白湯塩そば」など、麺類と一緒に食べる人も多くいるんだそうです。

普段は「黄金カニレタス チャーハン」のみの提供だという〈蔭山樓〉。この機会に、期間限定の贅沢チャーハンを味わってみてくださいね!

※「黄金カニレタス チャーハン」はディナータイムのみの提供。

〈ワインショップ・エノテカ&バー〉の「ベリーを纏ったチーズとシャンパーニュのペアリングセット」。

「ベリーを纏ったチーズとシャンパーニュのペアリングセット」2,420円(1日限定10食)。
「ベリーを纏ったチーズとシャンパーニュのペアリングセット」2,420円(1日限定10食)。

チーズとシャンパーニュのセットなんて、大人‥!
なんて、気が引けてしまった人にこそ試してほしいのが、このメニュー。

リンゴやグレープフルーツの爽やかで上品な味わいが楽しめる「ルイ・ロデレール・コレクション」に合わせるのは、「デリス・クランベリー」というフレッシュチーズ。

「ルイ・ロデレール・コレクション」。
「ルイ・ロデレール・コレクション」。
「デリス・クランベリー」。
「デリス・クランベリー」。

クランベリーをまとわせた甘酸っぱいフレッシュチーズは、チーズが苦手な人でもデザート感覚で食べられそうなおいしさ。世の中には、こんなにおいしいチーズがあったんだ、と感動しました。

日頃から定番人気だという「ルイ・ロデレール」のシュワっとした泡が、チーズのおいしさをより引き立ててくれます。
いいものをちょっとずつ楽しむというコンセプトの、〈エノテカ&バー〉。仕事帰りに、待ち合わせまでのちょっとしたすきま時間に、大人気分を味わってくださいね。

〈バール ア ヴァン パルタージェ〉の「桜とフロマージュブランのムース 〜ローズヒップの泡〜」。

「桜とフロマージュブランのムース 〜ローズヒップの泡〜」1,200円(1日10食限定)。
「桜とフロマージュブランのムース 〜ローズヒップの泡〜」1,200円(1日10食限定)。

正統派フレンチをベースにしたビストロ〈バール ア ヴァン パルタージェ〉からは、見た目にも鮮やかなひと皿が登場。

桜ジャムで風味づけしたフロマージュブランのムースに、桜の塩漬けと桜パウダー、泡状のローズヒップソースを加えることで、甘味・塩味・酸味が絶妙にマッチしたデザート。

「ピンク色のひと皿をつくりたい」と、色から発想をえたというメニューは、出てきた瞬間に歓声が上がりそう!

ワンプレートで、さまざまな食感を楽しめます。
ワンプレートで、さまざまな食感を楽しめます。
ひとくちサイズにしても美しいデザート。
ひとくちサイズにしても美しいデザート。

メレンゲのクッキーや、エディブルフラワー、ザクザクとした食感が楽しいクランブルクッキーなど、最後のひと口まで飽きない、舌触りの工夫も感じられました。

食後にも食べられそうな軽やかさも魅力で、シャンパンやロゼワインとのペアリングもオススメです。

〈シビレヌードルズ 蝋燭屋〉の「春野菜を添えた🍅幸せの麻婆つけ麺」。

「春野菜を添えた🍅幸せの麻婆つけ麺」1,200円(1日限定10食)。
「春野菜を添えた🍅幸せの麻婆つけ麺」1,200円(1日限定10食)。

山椒のピリリとした “シビレ” に目がない激辛女子に、朗報です!
昼夜問わず行列のできる〈蝋燭屋〉から、春たけのこ、新じゃがいもやミニトマトなど、彩りと食感豊かな春野菜をあしらった麻婆つけ麺がラインナップ。

いや〜、、これは、、
とってもシビれました、、!
あまりの辛さに、途中で水を飲むと、水が甘く感じるほど。

ひとくち目から、しっかりと山椒の風味を感じる麻婆つけだれ。
ひとくち目から、しっかりと山椒の風味を感じる麻婆つけだれ。
山椒好きにはたまりません。
山椒好きにはたまりません。
つけあわせの春野菜は、口の中をまろやかにしてくれる存在。
つけあわせの春野菜は、口の中をまろやかにしてくれる存在。

もちもち食感の中太麺は、麺業界では名の知れた〈三河屋製麺〉製。辛い麻婆のつけだれに、麺のやさしい味わいがベストマッチ。

11:00〜15:00までは、無料でご飯がついてきます。まずはつけだれの麻婆をご飯にトッピングして、麻婆丼として楽しむのがツウの食べ方。
お好みで、卓上にある調味料をブレンドしても◎。さらに、辛さのレベルも選べるので、もっとシビレを味わいたい人は、注文の際にアレンジしてみてくださいね!

そのほかにも、 桜鯛や初カツオなど春ならではの野菜や魚介をふんだんに使用したメニューや、スイーツ類も豊富にご用意。

春からの新生活で、疲れが出やすいこの時期。おいしいものを食べて、エネルギーチャージしましょう!

〈表参道ヒルズ〉
■東京都渋谷区神宮前4-12-10
■03-3497-0310
■ショップ・カフェ 11:00~21:00、日~20:00
 レストラン 11:00~23:00(22:00LO)、日~22:00(21:00LO)
■駐車場 10:00~24:30、日~24:00(最終入庫は1時間前まで)
■不定休
公式サイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR