渋谷 SOYJOY 2foods

プラントベースフードの〈2foods〉と大豆バー〈SOYJOY〉がコラボ。 石田ニコルさん監修!プラントベースのヨーグルトパフェ2種類が限定発売中! Learn 2022.04.12

“ヘルシージャンクフード” をコンセプトとしたプラントベースフードブランド〈2foods(トゥーフーズ)〉と、〈大塚製薬〉の大豆バー〈SOYJOY〉がコラボしたキャンペーン『ダイズーシティ・ウィーク』が2022年4月28日(木)まで、〈2foods〉と〈FOOD TECH PARK〉の各店で開催されています。メニューを監修したタレントの石田ニコルさんが登場した発表イベントにお邪魔してきました。

2ブランドが大豆の魅力を伝える『ダイズーシティ・ウィーク』。

種類豊富な〈SOYJOY〉に「SOYJOY プラントベース ホワイトチョコ&レモン・バナナ」の2種類が増えました。
種類豊富な〈SOYJOY〉に「SOYJOY プラントベース ホワイトチョコ&レモン・バナナ」の2種類が増えました。

〈2foods〉は2021年4月に誕生したヘルシージャンクフードをコンセプトとしたプラントベースフードブランドです。〈大塚製薬〉が2006年に誕生させた大豆バー〈SOYJOY〉からは、新シリーズとして100%植物由来の原材料にこだわった「SOYJOY プラントベース ホワイトチョコ&レモン・バナナ」が誕生したばかり。

これを機に〈2foods〉と〈SOYJOY〉の2つのブランドがコラボレーションしたキャンペーンが『ダイズーシティ・ウィーク』です。

このキャンペーンでは、身近にありすぎて気づかない、実はすごい大豆の魅力を栄養(良質な植物性タンパク質)、エシカル(環境負荷)、フードテック(さまざまな汎用性)の要素で伝えたいとのこと。

石田ニコルさんが見た目にもこだわったヨーグルトパフェ2種類!

トレンドのグリーンのストライプが印象的なワンピースで登場した石田ニコルさん。
トレンドのグリーンのストライプが印象的なワンピースで登場した石田ニコルさん。

キャンペーンの目玉として登場したのが〈SOYJOY〉と〈2foods〉コラボメニューで、石田ニコルさんが監修した2種類の「SOYJOY×2foodsヨーグルトパフェ」です。

渋谷 SOYJOY 2foods

ダイエットインストラクターの資格も持つ石田ニコルさん。2つのヨーグルトパフェを考えるにあたって「SOYJOY プラントベース」を食べて、「ソイジョイプラントベース ホワイトチョコ&レモン」はデザートのよう、「ソイジョイプラントベース バナナ」はバナナパウンドケーキのようだと感じたそうです。

その2つの特徴をどう生かすか、何度も試食を繰り返して考えたのだとか。

渋谷 SOYJOY 2foods

そして出来上がったのが、2種類のヨーグルトパフェ。石田さんは色合いには特にこだわったとのこと。「SOYJOY×2foodsヨーグルトパフェ ハワイアンパイン」はパイナップル、「SOYJOY×2foodsヨーグルトパフェ ウィキッドストロベリー」にはいちごがグラスに飾られていて、とってもキュートです。

「ウィキッドストロベリー」(左)「ハワイアンパイン」(右)どちらもテイクアウト702円、イートイン715円。
「ウィキッドストロベリー」(左)「ハワイアンパイン」(右)どちらもテイクアウト702円、イートイン715円。

「SOYJOY×2foodsヨーグルトパフェ ハワイアンパイン」は甘酸っぱいラズベリーと爽やかなキウイのピューレ入り豆乳ヨーグルトにココナッツ風味が香る、ハワイアンテイストのヨーグルトパフェ。

三代目ハワイ州観光局親善大使も務める石田さんが大好きなハワイをイメージして作りました。「バナナチップスやココナッツでハワイの気分を楽しめると思います」とのこと。

「SOYJOY×2foodsヨーグルトパフェ ウィキッドストロベリー」はいちごの断面が印象的。マンゴーパッションとブルーベリーのピューレ入り豆乳ヨーグルトで魔女のようなビビットカラーにキュンときちゃうヨーグルトパフェに仕上がっています。「レモンの爽やかさに、くこの実やデーツものせたので美魔女になれちゃいそう」と石田さん。

どちらも「SOYJOY プラントベース」のサクサクした大豆パフがトッピングされています。「1杯で結構お腹いっぱいになりますよ」と石田さん。

ブルーベリーとマンゴー、2色の豆乳ヨーグルトが魅惑的な組み合わせで美魔女感、感じます!
ブルーベリーとマンゴー、2色の豆乳ヨーグルトが魅惑的な組み合わせで美魔女感、感じます!

2種類のうち「SOYJOY×2foodsヨーグルトパフェ ウィキッドストロベリー」を試食しました。豆乳ヨーグルトにマンゴーパッションとブルーベリーのピューレ入りで、甘酸っぱくて風味も豊か。大豆パフの食感も楽しく、確かにお腹も満足です。

2種類の「SOYJOY×2foodsヨーグルトパフェ」は〈2foods〉の渋谷ロフト店、銀座ロフト店で限定販売されています。

大豆ミート入りのカレーなどソイメニュいろいろ。

渋谷 SOYJOY 2foods

〈2foods〉ではほかにも大豆を使ったメニューを展開しています。 煮込んだソイミートがまるでチキンのような食感に仕上がっている「まるでバターチキンカレー」(テイクアウト 972円、イートイン 990円)や1食でタンパク質が約15gも摂れる「ソイミートバンバンジーサラダ」(テイクアウト 972円、イートイン 990円)などバラエティ豊か。

新しい「SOYJOY プラントベース ホワイトチョコ&レモン・バナナ」は気軽に良質なタンパク質が摂れて、しかもプラントベース。
新しい「SOYJOY プラントベース ホワイトチョコ&レモン・バナナ」は気軽に良質なタンパク質が摂れて、しかもプラントベース。

良質なタンパク質や食物繊維、女性ホルモンに似た役割をする大豆イソフラボンを含むなど、ヘルシーな食品としてはもちろん、肉に比べて環境負荷の少ない食品としても注目されている大豆製品。積極的に取り入れる方法を探していた人、プラントベースフードを試したいと思っていた人にとって、『ダイズーシティ・ウィーク』がおいしく試す機会になってくれそうです。

SOYJOY×2foods『ダイズーシティ・ウィーク』
■期間 ~2022年4月28日(木)
■実施店 2foods渋谷ロフト店、銀座ロフト店を中心とした全6店舗(渋谷ロフト店、銀座ロフト店、アークヒルズ店、八重洲地下街店、麻布十番店、ラボキッチン)、FOOD TECH PARK全店舗(渋谷ロフト店、銀座ロフト店)一部店舗限定企画あり
※「SOYJOY×2foodsヨーグルトパフェ」は〈2foods〉渋谷ロフト店、銀座ロフト店のみ。
キャンペーン情報サイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR