「虚像反転無分別 / Reversible Rotation - Non-Objective Space」。

アート空間でラーメンを味わう新感覚の体験を。 東京・豊洲〈チームラボプラネッツ TOKYO DMM〉に京都発のヴィーガンラーメン〈Vegan Ramen UZU Tokyo〉が登場! Learn 2021.10.08

10月8日(金)、東京・豊洲〈チームラボプラネッツ TOKYO DMM〉の屋外フードスタンドに京都発のヴィーガンラーメン〈Vegan Ramen UZU Tokyo〉がオープン。さらに“アート空間の中でラーメンを食べる”という新感覚の体験ができます。ますます目が離せなくなった東京・豊洲〈チームラボプラネッツ TOKYO DMM〉に、さっそく足を運んでみました!

京都発のヴィーガンラーメン〈Vegan Ramen UZU Tokyo〉とは?

豊洲 チームラボプラネッツ TOKYO DMM

東京・豊洲〈チームラボプラネッツ TOKYO DMM〉の敷地内にある屋外フードスタンドが大規模リニューアルし、10月8日(金)から京都発のヴィーガンラーメン〈Vegan Ramen UZU Tokyo〉の提供がスタートしました。フードスタンドは、館内を利用しない人でも気軽に立ち寄ることができます。

旨味・甘味・酸味をバランスよく配合した冷たいスープと、しなやかなコシの自家製の中太麺が絡み合う「ヴィーガンラーメン花(冷)」1,980円。
旨味・甘味・酸味をバランスよく配合した冷たいスープと、しなやかなコシの自家製の中太麺が絡み合う「ヴィーガンラーメン花(冷)」1,980円。
羅臼昆布と国産椎茸、茶の旨味が芳醇なコクを作り出す「ヴィーガンラーメン茶」1,650円。
羅臼昆布と国産椎茸、茶の旨味が芳醇なコクを作り出す「ヴィーガンラーメン茶」1,650円。

京都御所のほど近くに1号店を構える〈Vegan Ramen UZU〉は、〈チームラボ〉のアート空間の中で、肉や魚などの動物性食品を一切使用せず野菜の旨味を凝縮したヴィーガンラーメンを味わえる専門店。

2号店となる〈Vegan Ramen UZU Tokyo〉には、今年7月に誕生した新作品「Floating Flower Garden」をイメージし、〈梶谷農園〉のエディブルフラワーを贅沢にあしらった「ヴィーガンラーメン花(冷)」と、佐賀・嬉野〈EN TEA〉の日本茶を使用した「ヴィーガンラーメン茶」という、ここでしか味わえない2種類の限定ヴィーガンラーメンが登場しました。ほかにも、京都五条〈PicaRo Eis〉のヴィーガンアイスクリームも提供するなど、京都の味をたっぷりと満喫できます!

ラーメンをアート空間で味わう新体験。

ロングテーブルがミラーになった「空と火のためのロングテーブル」。
ロングテーブルがミラーになった「空と火のためのロングテーブル」。

なんといっても〈Vegan Ramen UZU Tokyo〉で注目したいのは、テイクアウトしたヴィーガンラーメンを“アート空間で味わえる”こと!その一つ目のアート作品が、屋外フードスタンドの目の前に新しく誕生した「空と火のためのロングテーブル」です。

豊洲 チームラボプラネッツ TOKYO DMM
「空と火のためのロングテーブル / Table of Sky and Fire」。
「空と火のためのロングテーブル / Table of Sky and Fire」。

テーブルの表面がミラーになったこの作品には、その日の空やパブリックアート「空から噴き落ちる、地上に憑依する炎」が映し出されます。空や作品が溶け込んだテーブルで食事をすることで、“世界とのつながり”を感じながら食を体験してほしいという思いが込められています。また、ロングテーブルでほかの人と食事を共にすることで、さまざまな人とのつながりも感じることができます。

スタッフさんいわく「真っ赤に燃え盛る炎がきれいに映し出される夜の時間帯は、いっそう美しさが増すのでおすすめです」とのこと!

〈井上商店〉の古式醤油と香味油を加えた「ヴィーガンラーメン醤油」1,320円。
〈井上商店〉の古式醤油と香味油を加えた「ヴィーガンラーメン醤油」1,320円。
北海道産小麦をベースに、宮崎県綾町の無農薬全粒粉を加えた自家製の中太麺は豊かな風味。
北海道産小麦をベースに、宮崎県綾町の無農薬全粒粉を加えた自家製の中太麺は豊かな風味。

私も実際に「空と火のためのロングテーブル」でラーメンを味わってみました。青空が映し出されたテーブルは、空に浮かんで食事をしているようで、ちょっぴり神秘的な気分に。ラーメンはヴィーガン料理のイメージを覆すほど味わいが濃く、醤油と香味油のしっかりとしたコクを感じられました!

豊洲 チームラボプラネッツ TOKYO DMM

そして二つ目の作品が、2018年に誕生したパブリックアート「ひとつなぎのベンチ」です。一筆書きのようにつながった1本のベンチでは、思い思いの場所に腰をかけ、ベンチが重なった部分をテーブル代わりにするなど自由なスタイルでラーメンを味わうことができます。青空の下、座りながらゆったりとラーメンを味わいたい人はこの場所もおすすめですよ。

また、このベンチは館内や屋外スタンドを利用しない人でも自由に利用することができるので、一度実際に作品に触れに行ってみては?

「虚像反転無分別 / Reversible Rotation - Non-Objective Space」。
「虚像反転無分別 / Reversible Rotation - Non-Objective Space」。

そして三つ目の作品が、新しく誕生したアート空間「虚像反転無分別」。「物理的な存在の境界を自由にする」という考えのもと、空間の中にある椅子やテーブル・壁面をすべてミラーにする手法を用いた作品です。そうすることで物質同士の境界が溶け合い、天井のみにプロジェクションされた作品がミラーに映ることで虚像の作品が生まれ、まるで空間全体に作品が存在しているように感じさせます。

そんな摩訶不思議な空間の中で食事をするという、新感覚の体験を味わうことができるんです。こちらも館内を利用しない人でも見られる作品なので、気軽に体験してみてくださいね!

国内初となる〈チームラボ〉のフラワーショップも同時オープン。

豊洲 チームラボプラネッツ TOKYO DMM

さらに、今年7月に登場した作品「Floating Flower Garden」で使用したランの花を持ち帰ることができるフラワーショップ〈teamLab Flower Shop & Art〉も同時オープンしました。〈チームラボ〉のショップがオープンするのは、国内でここが初めてです!

「Floating Flower Garden:花と我と同根、庭と我と一体」。
「Floating Flower Garden:花と我と同根、庭と我と一体」。

「Floating Flower Garden」では、13,000株を超える生きたランの花々に囲まれ、花と一体化する体験ができる庭園。作品で用いられているランは“地球上に現れた最後の植物”と言われ、空中でも生きられるように進化した特殊な植物なんです!

トートバッグには4本のランが入っています。
トートバッグには4本のランが入っています。

〈teamLab Flower Shop & Art〉では、花が散ってしまい作品に使えなくなったランを、廃棄せずに次につなげる試みとして専用のトートバッグに入れて販売しています(3,960円、ラン単体は1,540円)。さらに、次回空のトートバッグを持参すると無償でランを受け取ることもできます。ランは花が散っても生きているので、水を上げるなどしてお世話をすると再び花が咲くそうですよ!

作品の一部を持ち帰るという体験ができるほか、ランを誰かにプレゼントすることで自分の体験をシェアすることもできるので、思い出と一緒におうちでランを育ててみるのも面白そう。ショップ内にはランのほかにも、アート作品に関するグッズが販売されているので、立ち寄った際はお土産も購入してみてくださいね。

〈Vegan Ramen UZU Tokyo〉
■東京都江東区豊洲6-1-16 teamLab Planets TOKYO 敷地内
■11:00~19:00、土10:30~20:00、日10:30~19:00
■チームラボ プラネッツ休館日に準ずる
公式サイト

〈teamLab Flower Shop & Art〉
■11:00~19:00、土10:00~20:00、日10:00~19:00

※営業時間はどちらも10月以降変更の可能性あり。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR