アロハサラダ

ハワイの雰囲気たっぷりのフォトジェニックなサラダは要チェック! ハワイの人気サラダ専門店〈アロハサラダ〉日本1号店が、原宿にニューオープン! Learn 2017.12.15

ハワイに住む50万人の投票による「Hawaii's Best-BEST OF THE BEST」サラダ部門で8年間連続1位を受賞するなど、現地で大人気のサラダ専門店が12月7日(金)に〈アロハサラダ原宿店〉としてオープン!国産素材にこだわった新鮮な野菜やフルーツ、肉やシーフードなど、具材がたっぷり入ったおしゃれなサラダが10種揃います。

原宿の真ん中にありながら、ハワイのようなゆったりした雰囲気の店内。

アロハサラダ

店舗の立地は東急プラザの裏と、明治神宮駅からすぐの場所。お店の外には木製のベンチも置かれ、席が空くのを待つ人やテイクアウトの商品の出来上がりを待ち人たちが座っていました。

アロハサラダ

白をベースにウッドをアクセントで使われている店内は、開口部も大きく明るくて開放感溢れる造り。ゆったりしたウクレレの音色が流れていて、ついのんびりしたくなる居心地の良さがあります。

アロハサラダ

アボカドやクルミから、アサイーやマカなどハワイ特有の素材まで、サラダに16種ものトッピングから好きな素材を選んで入れてもらえるのが楽しい!

10種以上の色とりどりの具材が入る、フォトジェニックなサラダが10種類!

アロハサラダ

サラダといっても、ベースをグルテンフリーパスタ、雑穀ごはん、クスクス、ブレッドの中から選び、その上に好きなサラダを盛って一緒に食べる、女子ならランチにこれ1つで十分なボリューム満点のお食事サラダなんです。

アロハサラダ

持ち運びしやすいよう、お店が独自に開発したカップ入り。もちろんテイクアウトも可能です。食べるときはカップの帯を外すと、食べやすいよう容器が広がる仕組み。

アロハサラダ

カニのほぐし身とラズベリー・ブルーベリーなど10種の具材が入った「マハロクラブサラダ」。食べられる花も飾りで入っていて、南国っぽい雰囲気で可愛い♩自家製ドレッシングはそのサラダごとに違うこだわりよう。ジンジャードレッシングでさっぱりと食べられます。

アロハサラダ

グリルしたキノコとケール、ドライクランベリーなど16種の具材入りの「マウナサラダ」。バルサミコソースが後を引く味わい。野菜はどれも新鮮でみずみずしくて、素材にこだわっているのが分かります。

アロハサラダ

フレッシュな自家製「スムージー(マンゴー・マキ&アサイー ・ケール&バナナ)」。はちみつとココナッツミルクを使った自然な甘みで、素材そのものの味が引き出されています。

アロハサラダ

香り高い「コナコーヒー」。コナの豆を取り寄せて、お店で挽いている自家製ブレンドだそう。

アロハサラダ

持ち運び可能なミニサイズの「コロピカルパンケーキ」。コロコロとした丸い一口サイズのパンケーキとマンゴーやブルーベリーなどのフルーツの上に、ホイップクリームとマンゴーソースがトッピング。グルテンフリーな上甘さも控えめだから、安心して食べられるおやつです。

アロハサラダ

店内には、大分産の水耕栽培で作られたヤングリーフをその場で絞ってフレッシュな青汁を作ってくれる屋台の姿も。日本ではお店ではまだ販売できないそうですが、アメリカなどではこうしたフレッシュな青汁の屋台が大人気とのこと。

アロハサラダ

どのメニューも、とってもフレッシュな素材にこだわって作られているアロハサラダ。体に良いのはもちろん、たっぷり入った具材は色とりどりで見た目の可愛いという優秀さ。ぜひ、ハワイのロコ達から愛される「体が喜ぶサラダ」を味わってみてください。

【 店舗情報】
◼︎住所:東京都渋谷区神宮前4-31-5
◼交通アクセス:明治神宮前駅より徒歩2分
◼︎電話:03-6721-1213
◼︎営業時間:11:00〜21:00
◼︎URL:https://www.alohasalads.jp/

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR